母が、長年使っている手鏡です。

 

木彫を趣味とする近所のお友達からずいぶん昔にプレゼントされたもので、いつ我が家に居ついてしまったかは不明。

 

いずれにしてもずいぶん昔のことなので、自家製ヴィンテージ、いや自家製アンティークといってもよいかもしれません。

 

年月が良い風合いをかもし出しています。

 

 

私も以前、木製の手鏡を使っていました。

 

近所のスーパーに来ていた移動販売のおじさんから手に入れた、アイヌの若い娘さんが彫ってある手鏡です。

 

娘さんの横顔がとても愛らしいので、すごく気に入って使っていました。

 

でもあるときボキッと持ち手が折れてしまって。

 

同じような品が欲しかったのですが、それからアイヌの民芸品を扱う移動販売に出くわしたこともないし、本場の北海道まで出かけて行く機会もなかったので・・・くれぐれも残念。

 

それから私は木彫りの手鏡を使ったことがありません。いつも適当なもので済ましています。

 

正直、母の手鏡が少しうらやましいです。