ダウは233ドル安 米国とイランの関係緊張化で | 山あり谷あり 投資の記録

山あり谷あり 投資の記録

大切なことを忘れないために

 1月3日のダウは233ドル安(-0.81%)と下落しました。米軍がイラン革命防衛隊の司令官を殺害したことで、一気に両国間の緊張が高まりました。原油とゴールドは上昇しました。

 リスクオフとなり、不動産と公益以外のセクターが下落しました。

 ダウ構成銘柄のなかで、上昇したのは、ユナイテッド・テクノロジーだけでした。

 ナスダック100では、17が上昇しました。電気自動車のテスラが+2.96%でベスト。一方、バイオのインサイトは-9.39%と急落しました。また、原油の上昇から燃料費の上昇が懸念されるユナイテッド・コンチネンタルやアメリカン航空の航空会社も下落しました。