今年最初の投資行動 | 山あり谷あり 投資の記録

山あり谷あり 投資の記録

大切なことを忘れないために

 セクター別の昨年1年間の騰落率です。11セクターすべてが上昇しました。中でも、情報技術セクターが+48.04%と絶好調でした。一方、エネルギーセクターは+7.64%と10位のヘルスケアと比べても、大きな差が出ました。

 

 次に、昨年12月の騰落率です。1か月だけを見ると、エネルギーがトップに来ました。今年の動きの先取りか?

 このような状況の中、銘柄の入れ替えを行いました。年間で62%上昇したヴァンエック・ベクトル・半導体ETF(SMH)を売り、ヴァンエック・ベクトル・石油サービスETF(OIH)を買いました。つまりは、情報技術からエネルギーへ乗り換えました。

 今年の私の目標は、大きな損失を出さないことです。エネルギーセクターの上昇が一時的なものなら、すぐに損切り撤退します。

 CNNの欲望・恐怖指数は、1月2日は97となり、欲深い人間が群がり、針が振り切れそうな勢いです。