子育てひろば

子育てひろば

知っているだけで子育てが180度変わる
お子さまの「できた」笑顔は自信に満ちています


読者登録してね
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:


年々早くなっているランドセル商戦…

実はそうでもないのかもしれませんが、奈良には山本鞄工房さんという、本革素材で一つ一つ職人さんが作られる有名なランドセル工房があります。

近年では銀座にも店舗を構えて販売もされているほど…

老舗、本革、職人、と言ってもほかにもそういう工房も全国にはあるかとおもいますが、こちらの品質はすばらしいです。

なにせ私もかつて祖父に買ってもらいました。6年間もっても変色変形ひとつなく、大きさ基準が現在のA4になってなかったら、そのまま娘にも使えたのではとおもうほどです。

物持ちがいい私は娘が入学するまで買ってもらったときの箱に入れて置いてありました…(°∇°;)
まぁ、直して放置でもありましたが…

話は戻って、娘にはもちろん山本鞄工房さんで求めたのですが、その年は9月いっぱいで販売終了、翌年は6月で販売終了。昨年は販売開始からたった二日ので人の多さに安全を守るために終了しWebでの販売もサーバーが落ちたようです。

今年は、展示時期、カタログ申し込み、販売方法を前もって告知して販売されるようですが、人気なのは変わらないようです。


教室の生徒さんからも、ご質問いただきましたが、ランドセルは6年間使うもの…!よいモノはよいけれど、お子さまのスタイルにあったものを求めてほしいと思います。

例えば
本革とクラリーノならどっち?
ときかれれば、お子さまの通学距離と体力を考えていただいてお決めいただければいいのではないかと思います。
最近は本革と言っても、昔ほど 重くありませんが、クラリーノより軽くはなりません。
しかし、肩ベルトの設計次第で重く感じたり(実際に負担をかける)、軽く感じたりもします。

色や刺繍、そのほかデザインも昔と違って様々です。しかし、一年生は地域的にはわかりませんがたいてい交通安全協会から、警察のご当地キャラクターが描かれたカバーをいただき最低でも一年間はつけます。そうすると、せっかくの刺繍も隠れて二年生になると、購入するときに素敵に思えたのも少し気恥ずかしくなる子もいます。

ただいろいろ好みもありますが、これだけは私個人で思うのが、やはりお安いのは、それ相応の品質で6年間保たない為に4、5年生でもう一度買い直さなくてはならなかったというケースをよく耳にし、結局高価なランドセルを買ったのと同じことになってしまうために、必要以上に高価なモノでなくても相場ほどのものにはしておいた方が…とおもうのです。

進級して年長になったと思えばもうランドセル・・・なんて実感がないかもしれませんが・・・・

それではまた・・・



Ameba人気のブログ