介護業界に進出するAIたち | ライティング・プラス代表、三村真佑美のブログ

テーマ:

こんばんは、ライター/ライティングサポーターの三村 真佑美です。

本日は、「セントケア、介護にAI」という記事をご紹介します。

 

介護大手のセントケア・ホールディングは介護現場で人工知能(AI)を導入する。

技術を持つ米ベンチャー企業と組み、要介護者の体調や症状に合った介護サービス計画を自動で作成できるシステムを開発。

質の高い計画をこれまでの半分の時間でできるようにする。

生産性を高め深刻な人手不足を緩和するとともに、要介護者に最適なプランを提案する体制を整える。

 

――2016年10月7日金曜日 日経新聞朝刊より引用

 

 

介護保険制度では、要介護者の状況に合わせケアマネジャーが介護サービス計画(ケアプラン)を作成。

症状や同居家族の状況などを調べ、決められた利用限度額に収まるように訪問介護やデイサービスなどを組み合わせます。

ケアマネジャーは1人で30~40人程度を担当するのが一般的。

ケアプランをつくる時間だけで月40時間と、労働時間の約2割に相当することもあるといいます。

加えて、ケアマネジャーによってプランの質にばらつきが出てしまう課題もありました。

 

セントケアは米シリコンバレーのアクティビティ・レコグニションが持つAIを利用。

過去に介護サービスを受けた1000人以上の体調などを約400項目にまとめるとともに、実際に作成したプランをはじめとするデータをAIに学習させます。

そのうえで要介護者の優先すべきサービスを決めながら、最適なプランをつくり上げます。

 

この記事を読みながら、人材不足の業界にはどんどんAIが進出していくのだろうな、と思いました。

 

厚生労働省の「一般職業紹介状況」によりますと、介護サービス職(パート含む)の有効求人倍率は8月時点で3.14倍。

全体平均(1.22倍)を大きく上回っています。

 

労働集約型でかつ体力が求められる、介護職場は慢性的な人材不足に陥っています。

仕事が大変なうえ、賃金も安く、団塊世代がいなくなったら市場の縮小は免れません。

選択する人が少ないのも仕方がないといえます。

 

そういった分野こそ、AIの活躍が期待されます。

AIならば、市場が縮小しても、その後、職に困るということはありません。

人をリストラするより、AIを売却するほうがきっと簡単だと思います。

 

介護現場で働く人たちは疲弊しています。

今、求められている職業だというのに、低賃金で決して働きやすい環境とはいえません。

環境改善のためにも、AIが人間の負担を減らす役割をしてくれるとうれしいな、と思った本日の日経新聞でした。


===================================================
 

ライティング・プラスは、「文章を書くのが苦手!」「忙しくて書く時間がない!」という
あなたの代わりに「伝わる」文章を作成する文章作成サービスです

 

~文章の相談・アドバイスは無料で実施中です!お気軽にお問い合わせください♪~

http://writingplus-inc.com/

 

===================================================

三村真佑美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス