中小企業の知的財産マネジメント-特許権?商標権?って

中小企業の知的財産マネジメントを支援する、横浜の特許事務所、弁理士Tomokoのブログ。日々の業務から中小企業さんに役立つ情報を発信します。


テーマ:
みなとみらい特許事務所・横浜の弁理士辻田です。

商標の類似をどのように判断するかは、商標権の侵害になるかどうかを考える時にとても重要です。

商標権の効力は、登録されている商標の類似の商標にも及びます。つまり、商標登録を受けた人・会社(=商標権者)以外の人(会社)は、その商標登録を受けている業務に対して、登録商標と同一の商標だけでなく、類似の商標も」使用できなくなる、というのが商標権の効力です。

同一の商標というのは、誰が見ても分かりますから、問題は類似の商標とはどこまでをいうのか?ということです。

これには、基本的な判断手法があります。

それは、①称呼(読み方)、②外観、③観念(イメージ)のそれぞれが同一又は類似するかどうかを判断することによって、全体として類似かどうかを判断する、というものです。

基本的には、①~③の1つが同一又は類似であれば類似の可能性が高くなります。

例を挙げてみましょう。

商標:「Apple」


①「アップル」・・・称呼が同一
②「Appple」・・・外観が類似
③「りんご」・・・観念が同一

何れも商標:「Apple」と類似の可能性が高いということになります。
※実際どう判断されるかは分かりません。

『社長のための商標登録』 http://www.syohyo-jp.com
AD
いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。