自分を大切に思う心

テーマ:
おはようございます晴れ

2月ももう中旬ですね。少しずつですが、花粉の到来を感じ始めています。

今日はバレンタインデーハート

大切な人や日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを伝える日ニコニコ

もう皆さんは誰かにチョコを渡されたのでしょうか?爆笑

私は、インストラクターになってからというもの関わる方、お世話になっている方がサラリーマンの頃よりもどっと増えたので、自分のお財布事情と相談して、あとタイミング等も考えてどのくらいの方にお渡しすべきかといまだに考え中です汗

誰かに日頃の感謝を伝えるのと同じくらい、自分自身にも感謝したいですねニコニコ

自分の為に毎日一番働いてくれているのが、他でもない自分自身なのですから。

ヨガの先生がよくクラス終了の挨拶などの前に言いますよね?

「自分自身に一礼しましょう」ってニコニコ

本来自分の内側と対話するのがヨガ。だから今日の練習をした自分自身に一番感謝するべきです。

うまくポーズができない。あの人はできるのに何で私はこんなにダメなの!?

先生の言ったとおり練習しているのに、どうしてなかなかうまく出来るようにならないの!?

ヨガレッスンを受けていると、そういう思考が自然と湧いてきたりしませんか?

おそらく、そう思わせてしまうのが、一般的なヨガのグループレッスンのよくないところかも知れませんね。

本当に人それぞれ骨格や筋肉の質が違うので、出来る事、出来ない事も人それぞれ。

もしも、指導してくれる先生が、特定のポーズが綺麗に出来る人、身体が柔らかい人をしきりに褒めたりしているような人ならば、私はもうその先生の元には行かなくていいと思います。

ポーズって、単なる手段であってヨガの目的ではないですからね。
それに、身体機能的にも柔らかい事だけがいいわけではないので…。

ヨガの練習は、心の為に行うもの。ポーズがすごく綺麗に出来ても、日頃イライラを口に出しているようならば本来のヨガの練習は全く出来ていないという事になります。

ヨガの練習を通じて、自分自身も大切にできて、他者も大切にできる人になりたいですねニコニコ

これは自分の実体験からすごく感じた事でもあります。私は、ヨガの練習で何度かケガをした事がありました。それは、ポーズの形を作ることにこだわって、身体が悲鳴を上げるまで、自分には合わない無理な練習をやり続けたからです。

身体が疲れているのに、自分の欲求を満足させる事を優先して無理に働かせたから。
脳からの司令が出れば、身体は逆らえないから動かざるをえないですしね。

これって、なんとなくブラック企業のやり方とどこか似てませんか?
会社からの無理な命令で、本来なら1人では手に負えない程の業務を抱えることになり、毎日終電ギリギリまで仕事し、翌日は早朝から出勤したりして…。
過重労働のその先に待つものは、不幸な事だけですよね…。

全く異なるけれども、ヨガの練習にもすごく共通しているなと私は思ってしまいました。

従業員を大切にしている会社のほうが皆いい仕事ができて業績も伸ばしているように、ヨガの練習でも、自分自身の内側の声を聞きながら慈しんで行えば身体はきちんと応えてくれるので、結果、ヨガの深まりを実感できるのではと思いますピンクハート


今日も一日、あなた自身のヨガが深まりますように