承認の木 叡智と潜在意識 ⭐ アラフォーオンナの、これがわたしの生きる道 ⭐ JOY と LOVE

承認の木 叡智と潜在意識 ⭐ アラフォーオンナの、これがわたしの生きる道 ⭐ JOY と LOVE

保護犬盲目チワワ

アカシックレコード
アニマルコミュニケーション
潜在意識

ホロスコープ
オラクルカード
ルーン

大切なものは何か?
模索するアラフォーオンナの日常。

瑞穂*MIZUHOですコスモス

しっぽフリフリ動物や植物や鉱石とのテレパス的コミュニケーション

リンゴ心の声を聴き人と人の間を埋めていく【癒し愛セラピー(潜在意識)】

家東京の真ん中あたり 吉祥寺 代官山

ニコニコ医食同源思想のもとにした食事への配慮

クローバー綿・麻・マコモ

お月様天・天界・星

時計菌活・発酵は最近サボりがち...

日々の瞬間の連続を舞台に立つように過ごし
衣食住を大切にしながら叡智とともに生きています






































テーマ:
4月29日は呼ばれるようにお世話になっていた神社に参拝してきました。

神社境内で営業しているカフェに呼ばれ
それを神社に呼ばれたようにも感じたのです。

引いたおみくじは相変わらずの(?)小吉でした。
内容も相変わらずの、今が踏ん張りどき。

あい、頑張りやすにやり

本殿や氏神さまと関係のある末社さんはもちろんのこと
お稲荷さんも
その奥のお宮さんも優しかった...。

そのあと買い物に行ったら
お店の前でちょうどジャズライブ中でした。

「マンボ」のあと、「シング・シング・シング」が始まりました。

ディズニー映画の『おしゃれキャット』で
最後のシーンでギャングの猫どもが演奏している曲です。

付随する思い出が溢れだしてうるっときてしまいましたえーん

平成最後の4月30日は占いプロダクションの方のお話をうかがったあと
(2016年にも一度お会いしていて今回二度目でした)
皇居に行ってきました。

皇居の周りを歩く予定で行ったのですが、
人の流れを追うとなかに入れたので
初めてなかに入りました!!

大奥という文字を見るとわたしは浅野ゆうこさんを思い出します。

他にも色々な女優さんが春日局を演じていらっしゃいましたが
わたしのなかでは浅野ゆうこさんが一番印象に残っているみたいですね...。

行かれる皇居内はくまなくすべてを回り外に出ました。
二時間くらいなかにいたと思います。
疲れて休憩所のイスに座ったものの少しすると閉館時間になってしまいました。

外に出て平成最後の皇居の周りを歩きながら
南北朝を含む天皇家の歴史
徳川の歴史
江戸城の歴史
明治、大正、昭和、平成という時代の流れ
などなど考えていました。

歴史を継続させていくことや
心の神性やエゴ(我)についても思いを巡らせていました。

雨のなかSPの方や警察官の方は傘もささずに警備されていて
我が儘に生きてきた自分を恥じ入る気持ちになりました。

学校もバイト先も皇居の近くにあったのに
皇居には来ようともしなかったことを思い出したり
職場に徳川さんという方がいたことや
マッカサーの娘さんも別の職場にいたことなど
歴史にゆかりのある人と自分の生きてきた道筋について
思い起こしたりもしました。

皇居近くのバイト先では皇族の方をお見かけする機会もありました。

ちなみに平成最後のこの日、
皇居に入って行かれる絢子さまご夫婦をお見かけし
嬉しい気持ちになりました。

結局計四時間歩き、くたくたで帰途につきました。

犬のお世話のあとすぐに入浴しご飯を食べようと思ったけれど
流れ的に寝るか瞑想かの選択になり、寝ましたzzz

特別な日でしたね...。

5月1日の朝を迎え
身体はダル重でした。

ゴミ収集の朝だったためゴミ捨てに起きて
休み休み掃除をして
お昼食べたり洗濯したりしたあと準備を終えて
今日から六日間秩父です。

子どもの日は中学時代の同窓会。

35年ぶりという人がほとんどだと思います。

友だちが行くということだったので行く気にはなったけど
なんだかこわい...。

みんな、変わっていないと良いな...。

5月2日からはのんびりお寺仕事です。

(とは言ったものの
観光客のみなさまのお陰さまできっとばたばたなお寺仕事でしょうほっこり)



テーマ:
月100時間
クリエイティブな時間にする
と決めたわけですが
常にクリエイティブな意識でいるというふうに変化しました。

朝やること。
夜やること。

最近、生活のマイルールを組み立てています。

まずは掃除。

忙しいを言い訳に
掃除を毎日するということがなかったのですが
毎日モップがけをすることにしました。

特にロングコートチワワの暖(のの)のいるリビングは
神棚もありますし朝夕二回モップがけすることにしました。

最近
半年前に引っ越してすぐのときは片付け本を
最近は運気の本を読みました。

掃除は大切。

どの本にも書いてあること。

部屋は心を表します。

そして部屋の状態が今、これからを決めていく
といっても過言ではないようです。



テーマ:
保護動物の活動のなかで実践して磨いていきたいことがある。

ひとつはマッサージ。
次にヒーリング。
そしてアニマルコミュニケーション。

うちの暖(のの)さんはとある病気でお腹が張りやすい。

ドッグマッサージをしがてらお腹もさすってあげている。

動物はやって欲しいことに対しては協力的。
そっとマッサージしやすい体勢になってくれる。

先日、
祖母の愛猫にも試しにドッグマッサージと同じ手法でマッサージをしてみた。

ゴロゴロいいながらどんどんマッサージしやすいようにしてくれた。

というわけで、わたしが教わったドッグマッサージは猫にも使える。

3月の末に田口ランディさんとロシア人の演出家のレオニード・アニシモフさんの演劇ワークショップを受けた。

そのときに身体のワークもあり(声を出すのに身体の状態を整えることは必須)、
田口ランディさんとお友だちでもあり
合気道の先生で他にもいろいろなユニークな取り組みをされている牧野順子さんが背面のマッサージを伝授してくださった。

そのマッサージを秩父に行くたびに祖母にしてあげるようにしている。

本格的な「占い師になりたい」と祖母にのたまっていると
「マッサージ師になったらいい」とマッサージに関してほめてくれた。

ヒーリング的マッサージ師になるのも良いのかもしれない。

マッサージすることは好き。

心が落ち着く。

受け手も
送り手も。

マッサージを受ける時間も大切にしている。

月一度の身体のメンテナンス。

今まで定期的に通っていたお店は
金額的にちょっと身分不相応になってきてしまったので
しばらくお休みすることにした。

とても落ち着くセラピストさんがいて良かったのだけど
彼女の階級が上がって金額も上がった。

しばらく彼女ともお別れ。

今日はこれからそこでのマッサージ。

回数券の残りはあと一回。
来月行ったらしばらくお休み。

また定期的に通えるようにがんばる。









テーマ:
人を呪わば穴二つ
とはよく言ったものだと思う。

特定の人に対して邪な気持ちを持てば
墓穴は相手だけじゃなく自分の分も掘っていることになる。

悪意の言葉と
真実に基づいた正直な意見は
全く異なる。

悪意は伝わる。

エネルギーだもの。

相手も
そして発している自分自身をも傷つける悪意。

でもね
相手がその悪意を受け取らなかったら
傷つくのは発している自分だけ。

墓穴も自分のものだけになるかもしれない。

あるいは自分が大切にしている人を巻き込むことになったら!?
想像しただけでも悲しいことだよね。

感情にとらわれていると見えなくなるもの。

そして人との距離感をつかみにくいと
悪意や真実、正直といった微妙なニュアンスは伝わらないのかもしれない。

仕方ないよね。

今生で出来ないことは
来世へ持ち越し。

わかるまで繰り返し、繰り返し...。

何度繰り返してもわからなくて
地球が終わってしまったら
また別の星で繰り返すんだろうか???

がんばれ。

しあわせになりたかったら心底感謝することが一番。

見えない空気の隙間には愛が詰まってる。

それを受け取るか受け取らないかは
自分次第。

準備ができていないと
わからない、感じない、受け取れない。

まずは心で感じろ。






テーマ:
そこは東銀座から歌舞伎座をぬけた先のとあるビル。

最初に自己紹介があり
13時から17時までまるまる四時間ほとんどぶっ通しで説明をお聞きしました。

参加者は12-13名の大所帯。

聞いたお話は情報があまりに多くてまとめきれませんが
・飼えないと判断されたワンコは殺処分されてもカウントにすら入らない
・狂犬病は犬だけの病気ではなく(ネズミが媒介になるケースもある)猫や人もかかる→誤解を招く病名である
・猟犬を山に放置し野犬化するケースが増えている
・ブリーダーとは名ばかりの繁殖屋の多頭飼育崩壊
・引き取り屋の存在(ブリーダーから有料で引き取って有料で里親に出したり、生きたまま放置したり、処分したり)
・丸投げボランティア(保健所から引き取ったものの里親にそのまま丸投げし、その後のフォローなし→やっぱり飼えないとなって処分するケース)

聞けば聞くほど人間の身勝手さ、ペットマーケットの市場主義、人間の心の闇、そういったものが浮き彫りになり聞いているのも辛い...。

ここのシェルターは野犬をメインに活動をされているとのことで、全部で40頭もの犬猫が暮らしいているそうです。

ボランティアとしてかかわる個々人の活動に対してはあまり縛りも無いようですし、もっと保護動物の関連情報を知りたいという気持ちもあり、そのうえ多くのワンコ、ニャンコたちと関わるのも楽しいので、活動に参加しようと決めました。

17時までの説明会のあと、実際にシェルターに入ってワンちゃんたちとかかわり(しばらくみんなに吠えられた)、お散歩体験したい人たちは近場まで散歩に行きました。

にぃちゃんが逝ってしまってから久しぶりの散歩に目頭が熱くなりました。

お散歩は楽しく、リードを通してお互いの息(タイミングやペース)が伝わってくる感じがとても好きです。

楽しく幸せなひとときでした。

我が家の暖(のの)ちゃんは目が見えないのでお散歩は嫌いでできないのです、残念ながら。

東銀座と言えば5年以上飲食店のアルバイトで通っていた土地でもあります。

今ではそのお店もなくなり、お店のあったビルは工事中でした。

懐かしいなぁ...。

思い出とともにまたしばらく通うことになりそうです。


テーマ:
今日は保護犬シェルターの説明会に行ってくるので
朝から新しいワンちゃんと触れ合えるとウキウキしていました。

洗面所からリビングに戻ると
う○ちが暖(のの)ちゃんのくつろぎスペースに一部転がってる...。

おトイレにもちゃんとしてあるのに...。

察知して不安になったのかしら?と思い
「暖(のの)は家族だし一番だからねー」とハグ。

しばらくしょんぼりしていましたが...
今はもう高いびきで夢の中です。

こちらは冷え冷えとしたゴールデンウィーク初日を迎えています。
今朝は久しぶりに暖房をつけました。



テーマ:
作家の田口ランディさん主催の読書会が毎月一回開催されていて
毎回楽しみに参加しています(2018年2月よりリスタートされすでに満席です)。

河井隼雄先生の「ユング心理学入門」をベースにランディさんが進行してくださります。

ユング×河合隼雄先生×田口ランディさんというトリプル強力癒しタッグの読書会は自分を見つめ、他者を認めるまさに癒しの場になっていると感じています。

二月のイントロダクション、三月のタイプ論から始まり、四月からコンプレックスの項目に入りました。

二人一組でお互いのコンプレックスを探していきました。

わたしのコンプレックスを見ていく作業で出てきたのは「パン」でした。
「パン」ってなんだろうはてな5!となにか引っ掛かるものがある。
ランディさんが登場し一緒に取っ掛かりを探してくださりました。

そうやって出てきたのは高校生の頃のダイエットの記憶でした。
痩せたい、でも食べたい、食べちゃ駄目だと思うと余計に食べたくなる、
食パンを夜遅い時間に母が呆れるくらい食べてしまったあの罪悪感てへ

もうすっかり忘れていた記憶でした。

それをぺらぺら皆さんの前で発表しているわたし。

もうそれは外に出してあげたから大丈夫なんだな、と思えました。

そしてランディさんに「(パンを)食べて良いんだよー」と笑いながら言われ、そっかー、普通に好きなものを買って食べれば良いのよねー、と思いました。

パンはときどき買いますが、パンより米の方が日本人には良いっていうし...という後ろめたい気持ちもどこかにあったかもしれません。

最近好きなのは米粉パンです。
もちもちで米粉っていうのが日本人にマッチしている感じ薔薇

昨夜も食べた米粉パン。
美味しかったですぺこ


テーマ:
リーディング&チャネリングをしているなかで
相手の方から統合失調症というふうに指摘されました。

統合失調症について詳しくわからないのでネットで調べてみました。

1.身近な病気
2.幻覚・妄想
3.やる気が出ない・感情の起伏がない
4.記憶・注意・判断力の低下

(NHKハートネットより)

ということでした。

リーディングやチャネリングは
ともすると幻覚・幻聴に近いものがあるように受け止められるかもしれませんが
今まで数年をかけ数多くのリーダーさんたちとともに検証しながら
積み重ねてきた実績のもとに自分だけの思い込みではないという
裏打ちされた自信があります。

受け取れない人には受け取れないものがあり
個人的・段階的なものなのでしょう。

統合失調症というふうに指摘され我が身を冷静に振り返ってみましたが
普段は一般企業に勤めているOLをしており
社会生活に目立った問題もなく業務上のミスも起きていないので
自分のなかではまぁ大丈夫でしょうという結論に至りました。

5月にしばらくお寺のお手伝いに行くので
身内からも客観的な意見を聞いてみます好

家に帰るとおとなしい保護犬との静かな生活で
誰に何を言われるでもない気楽な毎日を送っているので
客観性は乏しくなるかもしれません。

そういうわけで改めて客観的に自分を見ていこうと思う機会となりました。

リーダーさんたちのなかには精神的な疾患を患っているお客さまに対しては
慎重な対応でセッションをお断りしていたり注意書をしていることが多いですが
亡くなった父が生前に鬱病と診断されていたことや
わたし自身も臨床心理士を目指して大学に通っていたこともあるなかで
精神疾患の方についてやみくもに断ることに抵抗があります。

父は変わり者には間違いないですが
母や祖母から父の昔の変わった行動の話を聞いても
わたしにとっての父は超個性的かつ曲がったことが嫌いな筋を通す人間で
わたしが父を好きな気持ちに変わりはないのですよね。
(わたしが父と暮らしたのは小学校低学年まででしたが
もう少し成長してから父に会いに行くと
裸足にサンダルにスーツという出で立ちの司法書士で
ご近所さんからは「先生」と呼ばれて大事にされているようでした。)

わたしの毎日もいろいろありますが
学びの積み重ねであり心身を鍛えることとなっております。
(リーディング&チャネリングには体力が必要です。)

こんな流れのあとになんですが
リーディング&チャネリングを無料で体験していただけます。
(メッセージを送らせていただきます。)



テーマ:
保護犬の暖(のの)ちゃんと暮らし始めて一年が経ちました。

寝ているときに触れると以前は緊張してむくっと反応していましたが
最近はすっかり緊張もほぐれ自宅ではゆったりと過ごしています。

子どもの頃から犬との生活に憧れ
実際に今まで暖(のの)を含めて六頭の犬と暮らしてきました。

保健所や金銭価値としての犬や猫たちの命の扱いは
きっと人間の意識にも影響をあたえています。

目をそむけたくなるような現実ときちんと向き合って行こうと思いました。

連日流れてくる保護待ちの老若男女のワンコ、ニャンコたちの画像。

保護されなければ命を奪われてしまう命たち。

いくつもの大きなバケツ型プラスチック容器のなかに
何体もの犬猫の亡骸の画像を見たときには胸が詰まりました。

眺めているだけではどうしようもないので
まずは保護犬シェルターで現状を体感していこうと思い
ゴールデンウィークのうちの一日は説明会に行ってきます。

少しずつでもペットとヒトの現状を打破していけるよう
動いていこうと思います。


アカシックリーディングと潜在意識のチャネリングを
無料で体験していただけます。


テーマ:
アカシックリーディング&潜在意識のチャネリングの募集を始めて
丸三日が経過しました。

順調に進んでいると思っていたところ
課題がポンと提示されるような出来事が起こりました。

故意ではもちろんないですし
むしろなんらかの存在を感じるような出来事。

それは送った側(この場合、わたし)
受け取った側(お相手の方)
双方の学びになっているんだろうなぁ...と思って
フォローは入れつつも観察しています。

昨日のダルさの原因もこれが元だったようですが
うまいこと爆発していただいたお陰でさまで
エネルギーが流れだしているのを感じます。

きっとご本人も潜在的に求められていることが
起こるべくして起こっているのではないのではないかと観ています。

メッセンジャーになるということは
良い顔ばっかりはさせてもらえないようです。

好い人でいるってわたしにとっては楽チンなこと。
笑って流していれば過ぎていくことですからね。

でも本当はそうじゃないよと言われてきたし
(真実を追求するノウイングスクールのある方から指摘されていました)
出来事として実際に受けとりました。

一般的には見えないと言われるエネルギーの世界と
現実の世界の興味深さはますます深まっていくばかりです。

mixiのリーディング&潜在意識のチャネリングもすっかり落ち着いたところで
blog向けでも一般募集をさせていただきます。

リーディング&潜在意識のチャネリングに興味を持っていただいた方は
(無料体験版です)

本格派のあなた様は

Ameba人気のブログ