【自作PC】高速のNVMe M.2 SSD は本当に必要か、意味があるのか | 【PCパーツ】パソコン関連の役立つ情報(自作PC)

【PCパーツ】パソコン関連の役立つ情報(自作PC)

自作パソコンやPC関連のことを適当に書いてます


テーマ:

 

SSDを選ぼうと考えた場合、SSDには大まかに二つの選択肢が出てくる

選択肢はSATA接続の2.5インチSSDか、PCIe 接続のNVMe  M.2 SSD

速度は断然PCIe接続のNVMe M.2 SSDが速い

M.2 SSDで形状は同じでもPCIe接続とSATA接続があるので注意が必要。

 

 

 

 

仕様では読み書き速度が

SATAは500MB/sをちょっと超える程度

PCIe NVMe M.2 SSDは 読み込み3000ちょっと、書き込み2000ちょっと

 

 

 

仕様だけを見るとかなりの速さではあるけれど

用途によるけど実際には体感で速くなるかというとそうでもない

PCの起動やソフトの起動などは変化は感じない、変わらない

ゲームだと変わらないものもあれば速くなるゲームもあって、ばらつきがある。

元々そこまで酷く読み込みが遅くなく、SATA SSDでも十分早いゲームは違いが分かりにくい。

自分の使い方ではSATAからNVMe M.2 SSDに変えるメリットはというと疑問。

 

 

 

 

パソコンの起動含め、いろいろな各起動を早くしたいという目的では

NVMe M.2 SSDは効果がないです

調べるとソフトによっては速くなるものもあるようです(重いソフトなど

 

 

 

じゃあどこで速くなるのか

ギガバイト単位の大容量ファイルの転送速度、コピーしてペーストした時の移動の速さ

おそらくセキュリティソフトのスキャンなども早くなると思われる。

 

大量の一連の情報処理を連続で行う場合やデータセンターとかのトランザクションの多い処理。

大量のアクセスがあるサーバー用途など。

あとは動画編集で4K以上の映像を複数画面に表示しプレビュー再生したときカクツキに影響があるらしい。

 

 

 

 

NVMe M.2 SSDはベンチマークではSATAに比べて非常に速いけれど

用途次第では体感で変化を感じないこともある。

ベンチマークはあくまでもベンチマークの数値であって、実際に効果があるかは別。

CPUベンチも同じ、RYZENのようにマルチが強くても用途次第では非力なCPUになる。

 

 

 

 

何より高負荷時の温度上昇が非常に高い

これはヒートシンクを付けることで解決するけれど

ヒートシンクなしで負荷をかけると物によっては80度くらいまでいっていた。

ヒートシンクで冷やせるといっても、熱は放熱されるわけだから

当然ケース内の温度は上がるし、夏場のことを考えるとSATAの方がいいこともある。

 

 

 

 

元々NVMe M.2は仕事で重い作業を行う場合やデータセンター向けで

HDDからNVMeは早くなるがSATAからでは、一般的な用途だと効果が出ないことも多い。

パソコンのパーツで予算を抑えたい場合は、SSDは2.5インチのSATAでいいかもしれない。

 

 

 

 

 

【SSDの空き容量、どれくらい空けておいた方がいいのか】

SSDは目一杯データを入れてしまうと書き換え速度が遅くなる

トリム機能という書き換えの仕組み上、データを一杯に入れると遅くなる

 

 

トリム機能ではデータ書き換える場合、空き容量に書き換え用のブロックを作り高速化を図る
空きがなくなるとトリム機能が使えなくなり
コントロールチップ内のバッファメモリーを使用して書き換えを行うため遅くなる。
なのでSSDは容量一杯までデータは入れずに大体30%くらいは空きを残した方がいい
 
 
 
 
SSDの寿命に関して
今のSSDは出始めた当初に比べて寿命が延びて気にする必要がないレベルになっている。
SLCは非常に高価格で買う人が少ないので割愛。
昔はMLCじゃないと寿命は短いと言われていたけれど、今はTLCでも問題がないレベルになっている。
 
 
 
メーカーサイトのTBW (tera byte written)を見ても、TBWは容量が多いほど長寿になる。
この総書き込み量を使い切るのに24時間365日PCを動かしても長年かかる。
SSDは書き込む際にコントロールチップによってセルに分散して書き込み寿命を延ばしている
(※1箇所のセルに書き込みが集中したりすると、そのセルの寿命が早まってしまう。)
この先出てくるであろうQLCに関してはまだ分からない。
 
 
 
 
SSDのデフラグ(最適化)
SSDではデフラグは必要ない意味がないと言われているけれど
全く意味がないとも言い切れないようで
長年使っている場合はデフラグすることで僅かには速さが戻る場合もあるようだ。
もしやる場合はWindows標準のデフラグツールではなく、フリーソフトを使おう。
 
 
 
注意として追記
デフラグはHDDでもそうだけど頻繁にする必要はない。
デフラグはストレージの寿命を縮める行為なので、極々たまにくらいでいい。
する前に分析して断片化のパーセンテージが特に大きい場合にのみで十分。
長年使っていてもデフラグが必要なほど断片化はしないものだ。
 
 
 
 
PCパーツ、電源の選び方編

pctec351さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス