母の愛犬 モモチャン

テーマ:
京都発
とにかく明るい性教育『パンツの教室』
インストラクターのやまなさちこです。

昨日、母から久々に連絡がきたのです。
その内容をみて私は心配がつのりました。


↓母のLINE一部▼▼

ももが、慣れないのと呼吸器がおかしくなり、13日みるく動物病院で診察受けたら、呼吸器がべっちゃんこになってるから二、三日中に突然死すると言われました、それから、息が
可哀想な位しんどそうで、私も疲れています。まだ、頑張っているけど、人がくると、おかしくなり呼吸が激しく辛いわ。言わないでおこうと思ったけど、今も息が、止まりそうで
狭い家にいると、発狂しそうでたまりません。



ここまで▲▲


モモチャンは母と10年以上一緒に暮らしている
わんちゃんです。
ピンポンがなったり人がきたら喜んで尻尾をふりまくりキャン×キャン吠えまくり。


子供達が怖がってしまうと足をあまがみしちゃうという小柄なのに元気なこでした。



ずっと母と弟と二人&モモチャンは
一緒に暮らしていました。


先月、弟の結婚により
母はモモチャンと一緒に
私の自宅近くに引っ越ししてきました。


モモチャン

人間の年で言うと66歳位らしいです。

うちの母は67歳。


ずっと息が苦しそうで
可哀想で
見てるのも辛いと

でも
13日に余命2,3日といわれたけど
まだ
生きてくれていると。


会いにいこうかと思いましたが、
人が来たりピンポンなるだけで
吠えてしまい
呼吸が苦しくなるからと

母に電話して様子を
きくだけにしました。


最初は毎晩心配で
寝れなかったらしいのですが


一週間がたち
少し母も気持ちが落ち着き
現状を受け入れられるようになってきたようです。


毎日の様子を動画にとり
動物に詳しい弟のお嫁ちゃんに色々聞いて
準備をしているようです。


母は働いているので
『帰ってくるまで生きててな、待っててな。』


そう声をかけて毎日仕事にいくそうです。



この話を子供達にしたら
『会いに行く?』

といいましたが
会いに行くことで
モモチャンがしんどくならはるから
やめとこうかと。


娘が

『もしもモモチャンが死んじゃったら
おばあちゃんはどうなるの?
一人にならはるやん。』


そう言いました。




弟の結婚により
先月、引っ越ししたばかりの母。


娘がそんなおばあちゃんのことも
きにかけてくれる
優しい子に成長していることに
嬉しくなりました。



命のはなし
愛のはなし

伝えてきているからかな。



なんだか色々な感情が入り乱れてしまい
母との電話で泣いてしまった私ですが


一番辛いのはモモチャンと母


私が出来ることは少ないけど
支えられたらなと思います。