親から子に伝える

とにかく明るい性教育【パンツの教室】インストラクターの  

はやかわ ともみ です。

大和・海老名・座間で活動中。

メーカー総合職で働きながら、

6歳と2歳の娘を子育て中のワーママです。

 

 

 

 

 

長期連休。

我が家はいつも家族みんなで実家に長期帰省しています。

 

 

実家の両親・祖父母に会いたい。

孫の成長を見せたい。

 

 

というのもありますが、

 

 

義理の両親と絶賛同居中の為、

義理の両親に

たまには夫婦水入らずの時間、

太陽のような元気な孫たちからのしばしの解放

をプレゼントしております。

 

 

孫はかわいいといっても、

毎日はきっと疲れちゃいますからね(^^;

 

 

さて、毎度毎度の実家への帰省ですが、

実母が荷物の整理(断捨離)をしていて、

タンスの奥のほうに眠っていた写真がでてきました。

 

 

その写真の中にあった、衝撃写真がコレ↓

 

 

実家で見つけた38年前の写真。

【タイトル:産まれたてのおじさん】

 

 

生後一週間の私です。

 

 

6歳長女ガリ子のツボにはまったらしく、

しばらく大笑いしておりました(^^;

 

 

いやぁ、私も見れば見るほど、

ロード・オブ・ザ・リングのゴラムにしか見えない・・・

 

 

 

 

もしくは浪平さんか・・・

 

 

 

 

何かつらい時があったらこ

の写真を見て笑顔になろう!そう思いました。

 

 

 

 

その他にも私の両親の結婚式の時の写真、

実母が妊娠中の写真、産後の写真、

私の妹が生まれた時の写真。

 

 

 

私の小さい時のアルバムを両親と子供たちと見て、

思い出話に花が咲きました(^^)

 

 

 

産まれた時の話って、

みんなが笑顔になりますよね。

幸せを感じたひとときでした。

 

 

赤ちゃんのこと。

命のつながりのこと。

 

 

自分の小さい頃のアルバムを見ながら

子供たちと一緒に話ができました。

 

◆◆◆ 現在お申込み受付中のメニュー ◆◆◆ 
とにかく明るい性教育【パンツの教室】体験会

↓↓↓お申し込みはこちらから↓↓↓

体験会お申し込みフォーム

 

 

9000人以上が読んでいる教科書には載っていない、とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会理事 のじまなみ さんの無料メルマガはこちらです。↓↓↓

http://pantsu-kyoshitsu.com/agent/?hayakawa