タバコ・アルコールの販売に厳しくなってきたサイパン | サイパン波平の「あいらんどぶろぐ」

サイパン波平の「あいらんどぶろぐ」

サイパンより日々の情報を更新中!これであなたもサイパン通!


テーマ:

サイパンのタバコ・アルコール販売の法律はID所持が購入の条件となりますので、購入の際にはIDが必要になります。明らかに21歳以上の方であっ ても、IDの確認無くタバコ・アルコール販売することは出来ません。小売店に限らずレストランでもアルコール類のオーダーの際はID確認をさせて頂きま す。

旅行者の皆様のIDはパスポートか日本の運転免許証となりますが・・・・・現地旅行会社としてはパスポートは持ち歩くと紛失・盗難の恐れがあるし、無くした時のリスクが高いので、「パスポート本体は持ち歩かないで下さい」というご案内になるわけです。

レストランによってはパスポート写真ページを携帯で撮影したものの提示でも、代用可能なところあります。

bd1

タバコの年齢制限は18歳以上です。

タバコ2

2009年9月より禁煙法により公共の場所、または禁煙サインのある場所での喫煙は法律で禁止されております。

アルコールの年齢制限は、21歳以上です。

drink2

一般小売店でのアルコールの販売時間は、午前7:00~午後22:00までです。バーやレストラン では深夜2:00まで販売していますが、深夜2:00~午前7:00のアルコールの販売は法律で禁止されています。

co8

  
  ★
ブログランキング参加中。今日も応援クリックお願いします!★

  
                


波平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス