フィリップモデル (PHILIPPE MODEL PARIS) の誕生秘話 | フィリップモデル (PHILIPPE MODEL PARIS) 直輸入通販店舗 ピーエムスニーカーズの店主ブログ

フィリップモデル (PHILIPPE MODEL PARIS) 直輸入通販店舗 ピーエムスニーカーズの店主ブログ

イタリアファッションとスニーカーが大好きな通販店舗のブログです♪
フィリップモデル (PHILIPPE MODEL PARIS) のスニーカー専門ショップを運営しています。

ご訪問ありがとうございます!

ピーエムスニーカーズ店主の新島ですニコニコ



本日はたくさんの方にフィリップモデル (PHILIPPE MODEL)
の魅力を知っていただきたい!...いうことで


ブランド誕生の歴史を紐解いてみたいと思います♪



まず、前回の記事にて、ブランドの正式名称をお伝え致しました。


"フィリップ モデル パリ" (PHILIPPE MODEL PARIS)


そう、イタリアブランドと言いながら、


"パリ"というフランスの国が登場しているのです!!



実は...



ブランドの創設者でもあり、デザイナーでもある


フィリップモデル がフランス生まれだからなんです♪



フィリップモデルってどんな人??



フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)は1956年

フランスのブルゴーニュ地方のサンスに生まれました。


1978年にオートクチュールデザイナーのために帽子を作り始めます。

その後、"Maison Riva Marchesi"にて婦人帽子職人として、
またNYにある世界的に有名なテーラー、"Madame Paulette"で
働き成功を収めるのでした。


1981年、彼はその時代のファッションとは真逆のスタイル
を打ち出すもコレクションは評判を呼び、 まもなくして
フランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい技術
を持つ職人に授与される称号

『Meilleur Ouvrier de France』を受賞しました。

※日本では「人間国宝」に相当するものと言われています。


この頃、本格的にデザイナー活動を始めて3年足らずです。


翌年、1984年、パリに念願のブティックをオープンします。

その後も有名スタイリストであった、"Jean-Paul Gaultier"
"Issey Miyake" "Claude Montan"のコレクションに帽子を製作提供し、"Thierry Mugler"にはアヴァンギャルドな
アクセサリーをデザインしました。

※同時に彼は手袋、バッグ、靴ラインも立ち上げています。


また、ストレッチ素材を初めて靴に取り入れた彼のコレクションは、
瞬く間にフランスで有名となり、今ではフランスの最も重要な
シューズデザイナーとして

"Monsieur Elastique"

の称号を得ています。


年代ごとにフィリップモデルの経歴を記してみましたが、
 一般人では考えられないほどの感性の持ち主であったことは 間違いないでしょう♪

私もこんな方に一度お会いしてみたいなぁと思う次第です^^ 


フィリップモデルパリ(PHILIPPE MODEL PARIS) 誕生


フィリップモデルパリスの誕生は、時は流れ2008年


イタリア人デザイナーのパオロ ガ ンバート(Paolo Gambato)と
フィリップモデルが運命の出会いを果たしたのがきっかけでした。


※パオロ ガ ンバートは元クリスチャンルブタンの  
   デザイナーとして活躍をしていた方です。


ブランド名は2人でスタートさせた場所、パリ(PARIS)と 

フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)の名前からとり、

"フィリップモデルパリ" (PHILIPPE MODEL PARIS)

そう名づけられました。



まさに、 イタリア、フランスの2国を代表する
デザイナーが タッグを組んだ、記念すべきブランド誕生の瞬間です



その後、2012年に世界中のバイヤーが集うミラノに
フィリップモデルのショールームをオープンし、

ヨーロッパを中心に年間35万足が販売されるほどの
ヨーロッパNo.1スニーカーブランドと成長しています



2014年SSからアメリカのバーニーズでも取扱いを開始し、

今まさに大ヒットを記録しています♪


私の愛読しております、雑誌LEONにも掲載され、 
日本にもブームが巻き起こりつつあるブランドなんです





本日は長くなってしまいましたので、この辺に致しますが、 


最強のデザイナーが作り出す商品には、 
他にもびっくりするの程のこだわりが秘められているんです^^ 
 
こうやって皆様に魅力をお伝えできることを嬉しく思いつつ、 
ブログの締めとさせていただきます。 
 

何か気になることがございましたら、
遠慮無くご連絡くださいませ^^