Plusui(プラスイ)〜伊藤紀美子のビューティフル・エイジング〜

Plusui(プラスイ)〜伊藤紀美子のビューティフル・エイジング〜

プラスイが考えるビューティフルエイジングとは何事も前向きに、しかもみずみずしくしなやかに歳を重ねる事。プラスイ開発者の伊藤紀美子が美容、食、毎日を輝かせる心身健やかな情報,折に触れて感じたこと、日々の体験等を自由に記してます。 

みずみずしく活きる、肌も。心も。プラスイ


テーマ:

毎日あわただしく過ごす中で、ブログへの投稿がすっかりご無沙汰になってしまいました。気が付けば今年ももうすぐゴールデンウイーク。でも今年のゴールデンウイークは、天皇陛下の退位と新天皇即位があり、いつもとは全く違う特別なGW. 史上初の10連休と言う長期休暇です。

 

さて、この10連休をどう過ごしたものかといろいろ考えてます。それにやはり新しい時代を迎えるワクワク感もありますね。

 

ところで、新元号の「令和」、とても美しい響きですね。発表された字を見て一目で気に入ってしましました。

 

 

 

 

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように」

 

従来の中国の古典からではなく、「万葉集」から出典されたこの「令和」。日本人としての誇りと希望を抱くことが出来る二文字です。

 

 昭和、平成、という時代を経て新天皇の基、「令和」はどんな時代になるのでしょう?平和で穏やかな、そして若者たちが「夢」と「希望」を持てる明るい時代となりますように!!

 


テーマ:

 

あるパーティーでフラワーアーティストの丹羽惠子さんが活けられたお花がとても素敵でした。”このフラワーアレンジはオードリーヘップバーンの人生をイメージしてつくったのよ”と言われた言葉が印象的でした。

 

 

 

オードリー・ヘップバーンの人生ってどんな人生?

 

オードリー・ヘップバーンの素敵な生き方は多くの女性を魅了します。そして人生の本質を言葉にした数々の名言も心に残ります。
 
”どんな日であれ、その日をとことん楽しむ事。ありのままの一日、ありなままの人々・・・・・・・・”
 
”私にとって最高の勝利はありのままで生きられるようになったこと・・・・・・自分や他人の欠点を受け入れられるようになったことです”
 
オードりー・ヘップバーンの人生の楽しみ方、とても参考になりますね。ところで彼女がいつまでも輝きながら歳をとる事を愉しんだ秘訣は?
 
水を沢山飲む事。彼女の頭は沢山の水を飲む事と、沢山の野菜を食べる事ばかり。野菜の鮮度にもこだわっていたようで地元で獲れた新鮮な野菜ばかりを食べていたようです。
 
食事の80%はフルーツと野菜。ベジタリアンではありませんがお肉は少量しか食べなかったようです。
 
好奇心を大切に些細な事を愉しむ。小さな事で喜ぶ感覚を忘れないでいる事。
 
参考になりませんか? オードリーのように楽しみながら歳を重ねられたらこれほど幸せなことはありませんね。
 

テーマ:

久しぶりのブログ投稿です。怒涛のような毎日を過ごすうちに今年ももう2月も半ばとなりました。節分を過ぎると立春といいますが、この寒さではまだまだ春は遠そうです。でも春を待ち望むこの時期が私は何となく好きなんです。

 

先週は東京でした。ある会の新年会に夜は出席、翌日は商談、ランチ会…と言ったスケジュールでした。2月に入っても新年会なんですよ。今年に入って何度目でしょう?

 

場所は代官山のポールボキューズ。フランス・リヨン郊外で50年以上も三ツ星に輝き続けるレストラン・ポールボキューズ。2007年にはレストラン、ひらまつとの提携で代官山に日本初の「ポール・ボキューズ」が誕生しました。日本のポールボキューズの総本山ともいえるお店。

 

アール・ヌーヴォーの店内にあるアンティークの調度品がぬくもりを醸し出します。

 

 

 

 

素敵な空間に集まったのは30人程。北海道から名古屋から京都から・・・お顔見知りの方もいれば初めての方も・・・・

 

 

 

 

 

この会はまだ発足1年なのに会員数はもう100名にもなってます。異業種交流が目的という訳でもないし、不思議な会です。 音楽を愉しんだり、アートを愉しんだり・・・・・

 

新しい出会いも又楽しい。不思議に以前から知り合いのように意気投合出来る人もいるんです。男女の別なく、年齢も関係なく交流の輪が広がるのは新たな発見もあって世界が広がる感じがします。

 

今年一年、いろいろな事が起こりそう。いつも前向きの気持ちでいると不思議とイメージ通りに物事が進むのです。本当に不思議なんですよ・・・


テーマ:

このところの厳しい冷え込みと乾燥でインフルエンザが一気に広がっているようです。

 

最近話題になっている「インフルエンザの予防法」、ご存知ですか?

なんと20分おきに水を一口飲むだけだそうです。

ウイルスはのどや鼻の粘膜に付着してから細胞内に侵入するまで20分といわれています。

なので感染するまでにお水を飲んでウイルスを流してしまいましょう。
 

 

 

 


ウイルスは胃に流してしまえば胃酸によって働きが弱まるのだとか。

たまにうがいをするよりもちょくちょくお水を飲む方が効果が高いようです。

それにオフィスや外出で”がらがら”とうがいもなかなかしにくいもの。

持ち運びに便利なペットボトルでお水を飲む方が効果的でスマートですね。

定番サイズの500mlはもちろん、コンパクトなバックにもすっぽりおさまる350mlボトルもお勧めです♪

インフルエンザのピークは1月下旬から2月上旬と言われてます。家では手洗いやうがいはもちろんの事、外出先でもお水をこまめに取ながらインフルエンザの予防を心がけ、元気にこの冬を乗り切りましょう。


テーマ:

最近急にラグビーファンになりました。そもそもはラグビー日本代表が2015年のラグビーワールドカップで、世界ランク3位、しかも過去2回優勝経験のある南アフリカに劇的な逆転勝利した時からです。

 

それに地元神戸には神戸製鋼のコベルコスティーラーズという強豪チームがあります。このチームの試合を過去3回ほど見る機会がありました。やはりスタジアムで見るとあまりルールは分からないなりにもラグビーの魅力を肌で感じます。

 

昨年度、15年ぶりにトップリーグで優勝したコベルコスティーラーズの外国人選手2名をゲストスピーカーに迎えて、神戸商工会議所主催の"International Exchange Meeting "というイベントが神戸外国倶楽部で開催されました。

 

 

 

Captain の Andrew Ellis と  Stand -off Playerの  Ealey Nnichokasのお二人。二人ともとても爽やかなnice guyです。

 

 

"One for All , All for One "という言葉も大好きです。実はこれは”一人は皆の為に、皆は一人の為に”と訳せそうですが本当はそういう意味でなく、”一人は皆の為に、皆は一つの目標の為に”という意味だそうです。

 

ラグビーは多様性のスポーツとも言われています。背が低い人、高い人、走りが速い人、大きな人・・・・一チーム15名、それぞれの個性に応じて見合った役割が与えられる。それぞれがその役割を全うしてチームが総力を発揮して勝利するのです。伝統ある紳士的なスポーツでありながらエキサイティングなところが魅力ですね。

 

今回は優勝に貢献したスーパースターのダンカーターに会えなかったのは残念でしたが、今年の活躍も大いに期待したいです!!