Plusui(プラスイ)〜伊藤紀美子のビューティフル・エイジング〜

Plusui(プラスイ)〜伊藤紀美子のビューティフル・エイジング〜

プラスイが考えるビューティフルエイジングとは何事も前向きに、しかもみずみずしくしなやかに歳を重ねる事。プラスイ開発者の伊藤紀美子が美容、食、毎日を輝かせる心身健やかな情報,折に触れて感じたこと、日々の体験等を自由に記してます。 

みずみずしく活きる、肌も。心も。プラスイ


テーマ:

昨夜は知人が主催のセミナー、”Kobe Arcobaleno Progetto"という会の第一回目のセミナーに参加してきました。会場はハーバーランド、モザイクにある”フランツカフェ”です。神戸港の夜景が見渡せる絶好のロケーションにあるこのカフェは神戸フランツのブランドカラー、鮮やかな赤が基調のインテリアが特徴です。

 
夜のハーバーランドはイルミネーションがきれいでとても雰囲気があります。あまり夜に訪れることがないモザイクですが、ウイークディとは言え人が少ないのが気になります。こんなに夜景がきれいなのに・・・・残念。

 

 

この会のタイトル、"Acrobaleno"ってなんだろう?見慣れない言葉なので早速調べてみると”虹”というイタリア語でした。ついでに”Progetto"とは企画、計画という意味です。 何となくこのネーミングの意図するところが分かってきました。
 
この"Kobe Arcobaleno Progetto"とは福祉や介護など社会が直面する問題についてスピーカーを招いて講演を聴きながら問題を考えるという会なのです。第一回目は緩和アロマセラピストの佐々木恵子さんです。 長年がんの緩和病棟で患者さんやご家族の方々にアロママッサージを提供するボランティア活動をされてます。佐々木さんと知り合ったのは3年以上前になりますが、かねがねその素晴らしい活動には敬服しています。
 
 
 
 
患者さんやご家族に寄り添いながらの癒しのマッサージ。とくにハンドマッサージが気持ちを和らぎ心を安定させるのに効果的なのだそうです。これこそ究極のスキンシップですね。
 
日本の病院のアロマ緩和ケアーは海外に比較しかなりの遅れを取っているようです。そのような中でアロママッサージによる緩和ケアーを普及しようという佐々木さんの活動、これからも期待してます。
 
 
 
講話が終わってからはお食事タイム。美味しいイタリアンのコースの最後はフランツの名物、素焼きの壺いり”魔法の壺プリン”が出てきましたよ。実はこの壺入りプリンも初めてだったんです。とても美味しいでした。
 
佐々木さんのアロマの緩和ケアーのお話詳しく聴けて良かったです。ボランティアだけでなく収益性も考えながら事業として発展して行けば一番よいのではと思いました。

テーマ:

10月も半ばになると秋の気配も色濃くなってまいりました。今日もさわやかな秋晴れです。いつもバタバタと過ごしているのに今日は久しぶりに一日オフィスでデスクワーク、貴重な時間です。

 

芸術の秋ともなれば色々なイベントが目白押しです。ジャズからクラシックまで様々な音楽イベントのご案内も沢山いただきます。スケジュールを確認しながら最近は出来るだけ色々なジャンルの音楽にも触れるようにしています。「自分の好きな音楽」、「自分が興味のある音楽」を聴くことは脳を活性化にすごく効果があるようです。

 

ところで、この間の日曜日も脳のアンチエイジング、しっかりして来ました。夙川で花と共に40年、フラワーアーティストとしてご活躍の松本智子先生の花展&フラワーショーにお招きいただいたのです。長女が独身時代にお世話になった先生に今は偶然にも次女のお義母さまが習っていらっしゃいます。

 
フラワーショーのテーマは「宇宙」。

 

 

 

フルートの音色も素晴らしい・・・・

 

 

 

どのブーケもとても華やか・・・

 

 

 

演出がすばらしい・・・

 

 

 

美しい音楽をバックに沢山の花を使ったアレンジに見とれました。美しいものを5感で触れセロトニンがたっぷり・・・美しいものを見ると多くの刺激と情報を脳に与えることで心のバランスを整える神経物質、セロトニンが多く分泌されストレスが軽減されるそうです。

 

ワクワクしながら美しいものを沢山見るのは若返りの秘訣。この秋は美しい自然にもたっぷり触れて、美しい音楽を沢山聴いてしっかりアンチエイジングしてみましょう!!


テーマ:

家庭でおいしく水をのむこつは?

 

まず新鮮な水である事が大事です。水本来の味を楽しむなら冷やしすぎない事。炭酸が入っていないもので12℃~15℃ぐらいが適温です。

 

水を飲むときの容器は脚付きのワイングラスがベストです。手の温度が伝わりにくく、口部が広いと水が滞留しません。

 

 

  

 

 

薄めのグラスだと液体と酸素を口に多く取り込む事が出来るので美味しく感じられます。

 

水を飲んだらワインを飲むときのように、空気を鼻に抜くと水の味が良くわかります。

 

のどの奥で飲み心地を楽しむのがお勧めですよ。

 

水を意識的に取り入れることで毎日潤いがプラスされるかも・・・・・

 

何より大切なのは水を積極的に取り入れ毎日続ける事です。


テーマ:

プラスイ主催の秋のイベントはメイクアップアーティスト、高田由美子先生によるナチュラルメイクのワークショップです。三の宮、東公園の南にあるレストラン、”VILLA BLANCHE"”が会場です。

 

講師の高田由美子先生はフジテレビのメイクアップルームに在籍でドラマ、CM,バラエティ、歌番組で数多くのヘアメイクを手掛けていらっしゃるメイクアップアーティストです。プロ中のプロの技が間近でみられるとっておきのワークショップのタイトルは”大人女子のナチュラルメイクレッスン” 

 

実際にモデルにメイクをしてもらいながら参加者の皆様には、高田講師のメイク技術を観ながらご自身でメイクを実践して頂くという内容です。

 

 

 

とにかく参加頂いた皆様、大変ご熱心です。

 

 

 

 

before、 afterの違いを確認して頂くために写真撮影もしました。

 

ナチュラルメイクのコツは一口で言うと塗りすぎない事。ファンデーションも顔一面に塗るのは昭和メイクなんだそうです。私はまさに昭和メイクの代表かしら・・・・

 

先生曰くコツは”抜け感を出す事”だそうです。でも”抜け感”って分かったようで分からない・・・・・

 

要はしっかり作り込んだメイク、頑張って気合が入りすぎたメイクはあか抜けないという事です。ナチュラルな柔らかい印象を与えることが今っぽいのだそうです。

 

なるほどなるほど・・・・少しコツがわかったような気がしました。

 

 

 

2時間というレッスン時間はあっという間に終わってしまいました。皆様、見違えるほどきれいになられましたよ。

 

 

 

 

ワークショップ終了後はティータイムです。美味しいデザートを頂きながら初対面の方々もお話が弾んで、この日のプラスイイベントは無事終了。

 

自分の魅力を引き出すメイクでさらに自信と輝きがアップできるのです。メイクは輝く女性のマストアイテム!!


テーマ:

穏やかなお天気に恵まれた日曜日、今年で37回目になる”Kobe Jazz Street "を観てきました。実は神戸に住んでいるのに恥ずかしながら初めてなんです。今まで参加する機会がなかったのも不思議ですが、今回招待状を頂いたのでやはり一度は見ておきたいと思ったものですから。

 

午前11時に阪急三宮駅の北側から北野坂に向けてオープニングパレードがスタートします。海外からのアーティスト達と共に音楽隊の演奏が始まるとゆっくり北野坂の上に向かって行進します。

 

 

 

 

そもそも神戸はジャズ発祥の地、全国に広がったジャズストリートの先駆的なKobe Jazz Street ですが、最近は参加者も減少し縮小気味のようです。

 

まず参加費が高いという意見があるようです。三の宮、北野界隈にある9会場で屋内演奏が開催されるのですが、まず1日のフリーパスチケットは4,500 円。一方国内他所でのジャズストリートは無料の所が多いようです。

 

 

 

 

神戸のジャズストリートは古き良きオールドジャズをハイクオリティで音響効果の良い屋内で演奏することにこだわりがあるようです。Kobe Jazz  Street とあるのでストリートライブを期待してきた人達はすこしあてが外れるかもしれませんね。

 

やはり街のあちらこちらでストリートライブが楽しめると、ジャズフェスティバルの雰囲気が盛り上がるのではないでしょうか。オープニングのパレードにはじまり全体的に盛り上がりに欠け魅力が全く感じられなかったのは残念です。

 

時間の都合で9会場のうち、神戸外国倶楽部での演奏だけしか聴けなかったのですが、改善すべき点が多々あると思いました。フェステイバルにはワクワクする高揚感が絶対必要ですから。

 

それから気になったのは参加者は年配者が多い事。やはり若い人たちにジャズは支持されないのかもしれません。若い人たちも取り込めるような音楽フェスティバルでないと先行きは細り行くばかり。何事も柔軟な考え方が大切です。