あなたが愛されているって気づくコツ | 伊藤元二オフィシャルブログ「メンタルコーチ&ビジネスコーチもっちーのブログ」

あなたが愛されているって気づくコツ

こんにちは、伊藤元二です(^^)



昨日の記事で質問をいただいたので

補足する内容をお伝えしようと思います(^-^)♪

昨日の記事はこちらから↓
https://ameblo.jp/plusinbiz/entry-12608187270.html




自分らしさが分からなくなったり

自分のあるままを認められなかったり

自分にダメ出ししたり

など

自分軸でいられなくなる人は


コントロールされて育った人に

多い傾向なんですよね。



そして、

子供の頃に一番コントロールする人って

やっぱり親であることが多いのです。




その親からコントロールされたことを

無意識に「愛情」だと受けとる心のクセがあって、

大人になってからも

コントロールされることが

「愛情」だと思いがちだったりします。




なので、

コントロールされる自分でいないと

愛されない感じがしてしまうし、

コントロールされる自分を手放そうとすると

愛されないかもしれない恐怖に

襲われてしまったりします。




だから、

自分軸を育てようと思ったら

「本当に愛されないのか?」

をチェックしてほしいんですよね(^-^)♪




もっというと、

自分軸を育てようと思っているってことは

自分を大切にしたいと思っているってことで、


自分を大切にしたいと思っているってことは

自分を愛したいって思っているってことなんですよね!





だ か ら、

「自分を愛そうとしている自分って素晴らしいなぁ」

と自分の素晴らしさに

気づいて認めてほしいのです(*^^*)




でっ、

大人になってからは

愛し方や愛され方に

たくさんのバリエーションがあるって

知っていると思うのです。




必ずしも

コントロールすることが

唯一の愛し方でもないし


必ずしも

コントロールされることが

唯一の愛され方でもないと

知っていると思うのです。





そこで、

「私が心地よく感じる愛し方や愛され方ってなんだろう?」

って

自分に問いかけて

心の声を聞いてみてほしいんですよね!



すると、

「こんな愛し方もあるじゃん!」

「こんな愛され方も良いなぁ♪」

っていろんなバリエーションの「愛情」が

頭の中に浮かんでくると思うんですよね☆




ということは、

人からコントロールされなくても

あなたは愛されるし、

いろんな方法で愛してくれる人が

いるって気づくけるようになるはずです(*^^*)





まぁ、

いきなり、

コントロールされる自分を手放そうとすると

恐怖に襲われる気持ちはすごく分かります(^o^;




その場合は、

▽こちらの動画を参考にしてくださいね(^^)/
⇒ https://youtu.be/LoEay1InQmo



やってみたら

感想や結果報告、質問など

LINEやメールで送っていただけたら嬉しいです(*^^*)

 

 

LINE@に登録した方にもれなく
『自分らしく心豊かに幸せに生きる~5つのポイント~』(改訂版)
『心豊かなパートナーシップを築く~5つのポイント~』(改訂版)
などをプレゼントしています(^^)/

登録はこちらから
http://itomotoji.com/cs/line/

 

 

カレーのご飯を型で盛り付けたのだが、、

何の型なのが気づく人は少ない。。(^o^;

 

 

============================

伊藤元二のオフィシャルメールマガジン

あなたの人生が”喜びとワクワク”に変わってしまう人生のヒント

人生に変化を起こす気づきと学びをお届けします!!

無料登録はこちらからどうぞ!

============================

LINEの友だちを募集しています(^^)

▽こちらから登録できます。

============================

◎自分が本当にやりたいことを発見したい方はこちらをどうぞ!

【本当にやりたいことを始めたら人生がワクワクに変わる!】

『やりたいことをやると自分の人生も社会も一緒に豊かになる理由』

============================

◎自分の好きなことビジネスにして幸せになりたい方はこちらをどうぞ!

【心豊かなビジネスをしよう!】

『ファンから応援されるビジネスは「愛」で出来ている理由』

============================

フォローも歓迎します(^^)

フォローしてね!

===================