戦後70年によせて、日本人であることの誇りと有り難さ | 伊藤元二オフィシャルブログ「メンタルコーチ&ビジネスコーチもっちーのブログ」
2015-06-18

戦後70年によせて、日本人であることの誇りと有り難さ

テーマ:未来創造交流会
こんにちは、伊藤元二です。

一昨日は、僕が主催している
「未来創造交流会」の開催日でした。




友人の生田サリーさんが

「戦後70年によせて、今語りたいこと、語るべきこと」

というテーマで話をしてくれました。




多くの日本人は、70年前の日本軍が

何のために、

何を想いながら、

どのように散っていったのか

ということをあまり知らないように思います。


真珠湾からミッドウェー

ガダルカナル、ニューギニア、キスカ、

フィリピン、パラオ、サイパン、

そして、硫黄島、・・・。


どうして、自分のためではなく、
人のお役に立とうと散っていったのか。


生田サリーさんは、911同時多発テロが起こった時に、
ニューヨークの現地でフリーアナウンサーとして活動していました。


その時に、戦争へ突き進む国の空気を
肌で感じた体験を話してくれたのですが、

その生々しい話を聞けたのはとっても貴重でした☆


そして、改めて、日本人として生まれたことを
心から感謝したくなったのでした(^-^)♪



参加していただいた皆さん
ありがとうございました(^^)/


伊藤元二@本当にやりたいことを始めたら人生はワクワクに変わるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]