人生を輝かせる自信を育てる方法【6】自己主張編 | 伊藤元二オフィシャルブログ「メンタルコーチ&ビジネスコーチもっちーのブログ」
2011-09-22

人生を輝かせる自信を育てる方法【6】自己主張編

テーマ:自信を育てる方法
今夜、22時からユーストリームによる
ライブセミナーを放送します☆

こちらのサイトで行います。
http://bit.ly/hoRE70



テーマは、
「人生を輝かせる自信を育てる方法」です♪


どうぞ御覧下さいね!!


本日は放送日の当日なのですが、

このテーマに関して書いていると、
書きたいことがいっぱい出てきてしまったので、

ライブセミナー直前にも関わらず、関連記事を
書いていきたいと思います(^O^)/


昨日までの記事はこちらからどうぞ☆

人生を輝かせる自信を育てる方法【1】自我編

人生を輝かせる自信を育てる方法【2】マイスタンダード編

人生を輝かせる自信を育てる方法【3】直感編

人生を輝かせる自信を育てる方法【4】太極思考編

人生を輝かせる自信を育てる方法【5】人間関係編



昨日のブログ記事の中で、

「自信を育てるには、自信が育つ人間関係を
築く事が一番の近道である」


という内容をお伝えさせて頂きました。


過去の私も痛いほど経験したことなのですが、
いわゆる「コントロールの人間関係」の中にいると

コントロールする側もされる側も、自分の自信を
失っていくスパイラルから抜け出し難くなって
しまうんですよね。


とはいっても、自信を育てるということを考えても
人間関係はとても大切になってきます。


何故なら、人間は他人との相互性によって、
自我が育ち、自分らしさを何なのかを感じて、
自己肯定感や自己信頼感が育っていくからです。



もし、あなたが昨日の記事を読まれて、

「今までとは違う新しい人間関係を築かなければ
自分は自信を育てることは難しい感じがする。

今まで通りの人間関係の中にこのままいる限りは、
自信を持って自分の人生を生きることは出来ない」

と思われたのでしたら、本日の記事を読んで頂いて
是非、行動して頂きたいと思います。


何故なら、本日の記事の内容は、

「自信が育つ人間関係を作る方法」

だからです(^-^)♪


それを行動するには、

「自分を信頼できる人間になるんだ!!」

と決める覚悟が必要になってきます。


と言うのは、現在、自信を失っているという事は、

何か不安を感じていたり、

何か緊張していたり、

何か人の顔色を伺っていたりして、

自分が何をしたいのか、したくないのか、
自分の事を自分で決めると言う、

自分を信頼するために大切な事を他人に委ねて
しまっているケースが多いからです。


自信が無いから自分の決断を他人に委ねてしまい
ますし、他人に委ねてしまうから、いつまで経っても
自信が持てないと言えるかもしれません。


つまり、自分を信頼すると決めることは、自分に関する
事は全て自分で決めると言う覚悟とも言えるのです。



ですから、まずは他人にコントロールされてきた自分を
自分でコントロールする事を少しずつ学んでいく必要が
あるのです。


自分の事は自分で考えて、自分で判断して、自分で
決断して、自分で行動していく事が大切なのです。


そうしていくと、従来の人間関係の中では、
多分ギクシャクしてしまうかと思います。


自分の事は自分で考えて決めて良いはずなのですが、
まるでそれが悪いことの様に感じてしまうかも
知れません。


でも、本来のあなたはあなたが心地良いと感じるままに、
あなたがワクワクや愛を感じるままに決めて良いのです。


それがもしかしたら、ワガママだとか自己中心的とか
感じてしまうかもしれません。


しかし、本来のあなたが、

「これがあるがままの自分なんだ!!この感じ方が
あるがままの自分が感じたいものなんだ!!」


と思えるのでしたら、それをあなたが決断して
周りの人に表現してみてください。


そうするとあなたに目には、そんなあなたを応援して
くれる人と、攻撃してくる人との違いが見えてくると
思います。


そして、あなたを応援してくれる人を大切にして欲しい
と思います。


つまり、あなたの「自己主張」を受け容れてくれる
人間関係が、あなたの自信を育ててくれる人間関係で
あるということです。



何故なら、他人の自己主張を受け容れる器があるという
事は、自分の自己主張を自分で受け容れる器が育って
いるということだからです。



そんな人は、自分のあるがままをあるがままに
受け容れられる器を持っていると言えます。


このブログ流に表現するのであれば、

「自分を好きになっている人」

と言えるかと思います。


もちろん、そんな人間関係では、自分の自己主張も
受け容れてもらえますが、相手も自己主張してきます。


それは、自分が好きな人は、

お互いの主張を認め受け容れあうことが、お互いに
甘えや依存の無い健全な人間関係であると思っている
からです。


そして、本当の自信は、健全な人間関係の中で
育っていくと、私は思っています。



私がこのように説明させて頂きますと、

「自己主張って、自己顕示とか虚勢とか、
よくないことなのでは?」


と疑問を持たれる方がいらっしゃいます。


もちろん、自己顕示欲や虚栄心の為の偽の主張でしたら
良くないと、私も思います。


しかし、本来のあるがままの自分があるがままに表現
したい主張であれば、健全な人間関係は保てると
私は考えています。


何故なら、精神的に健全な人間関係の中には、
人それぞれ考え方や感じ方が違うと言う理解や
人それぞれの多様性を受け容れられる寛容さが
育っていると思うからです。



逆にそれが無いと、どんな自己主張であっても
攻撃されてしまうか、無視されてしまうでしょう。


ですから、自分がしている主張が、健全な主張か
不健全な主張かを判断することがとても大切です。



そして例え、健全な主張であったとしても、
もしかしたら、あなたの考えや判断、決断や行動まで
コントロールしようとする人が現れるかもしれません。


それに対して、「ノー」という事は、
決して罪では無いと、私は思います。


自分の善悪の判断は自分でして良いんです☆


もし、あなたに少しの勇気がありましたら、
このように自己主張してみてください。


「あなたが私の事をどのように思うかはあなたの
自由ですよ。でも、私に関することや私の行動に
ついての善悪の判断は、私自身にさせてくださいね」



なるべく、ふんわり柔らかく、
でもキッパリという事がコツです(^^)


そんな事が言えるまでに勇気が備わってきたら、
あなたの周りの人との関係は、

自分の心に正直に生きることが出来て、
息が詰まることが無い人間関係が出来ている
ことかと思います。


まずは、新しい人間関係を築く覚悟を持つ事から
初めて見てくださいね~♪


その他の方法については、

今夜のライブセミナーで時間の余裕があれば、
お伝えさせて頂こうと思います。


どうぞお楽しみに~♪





伊藤元二@本当にやりたいことを始めたら人生はワクワクに変わるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]