幸せに生きられる方法【2】解釈編 | 伊藤元二オフィシャルブログ「メンタルコーチ&ビジネスコーチもっちーのブログ」
2011-07-13

幸せに生きられる方法【2】解釈編

テーマ:幸せに生きられる方法
クーラーの冷えは苦手だけど、昨今続く猛暑で、
クーラーの存在は有り難いと思っている
伊藤もとじです(^^)


このブログでは、昨日からシリーズものを
書いていますので、本日もその続きを書いて
いきたいと思います。


そのシリーズのテーマは、

「幸せに生きられる方法」です☆


昨日のブログ記事をまだ読まれていない方は、
こちらからどうぞ♪

幸せに生きられる方法【1】違い編


記事の後半で、

「幸せを感じて生きている人」

「幸せを感じられずに苦しんで生きている人」

この違い間に、どんな違いがあると思いますか?


という質問をさせて頂きました。


そして、本日までにじっくり考えて頂くように
お願いさせて頂きました。


覚えていますか??(^-^)♪


もしかして考えるのを忘れていたとか・・・??(^O^;)


OKです♪


今から読み進める前に、少し考えてみてくださいね☆


考えて頂いている間に、頂いたメールやコメント
で頂いた答えを紹介させて頂きますね!!


答えの中で一番多かったのは、

「自分を好きになる事です」

というものでした(^^)


ありがとうございます♪


日頃から、私のブログを読んで頂いている方でしたら、
即答の答えですよね。


もちろん正解です(笑)


しかし、今回は自分を好きになれない人が、
自分を好きになろうとする以前に、

どうすれば自分の幸せを考えられるようになるのか?

というステージの答えを用意させて頂いています。


他には、

「前世の行いが違うから」

とか

「氣の流れが違うから」

などの答えもありました。


もちろん全て正解です(笑)


その方が正解と思っていらっしゃるのでしたら、
それは正解であると、私は思います。


しかし、私は心の専門家ですので、心理学の視点から、
この質問の答えを紹介させて頂きますね!!


さて、考え中の方は、ご自分なりの答えを出された
でしょうか??


「幸せを感じて生きている人」

「幸せを感じられずに苦しんで生きている人」

この違い間に、どんな違いがあると思いますか?


昨日に出させて頂いたこの質問の答えを発表させて
頂きますね。


それは、

「事実に対する意味づけと解釈が違う」

というものです。


「・・・はぁ??何それ??」

と思われてしまうかもしれませんね(^^;)



例を挙げて、もう少しご説明させて頂きますね。


私のクライアントさんにも多い悩みなのですが、

「夜、眠りたいと思っているのに眠れないんです」

という方がいます。


眠れないという事実に対して、

「眠れない事は良くない」

という意味づけをして、

「眠れない自分はダメだ・・・」

と解釈をして、悩んでいるのです。


「眠れないのだから、悩んで当たり前でしょ?」

と思われるかもしれません。


では、眠れない人が全員悩んでいるのでしょうか?


私はそうは思いません。


なぜなら、中には、

「人間なのだから眠れない日もあるさ」

という意味づけをして、

「眠れない時間を別のことをする時間に使える」

と解釈をして、喜んでいる人もいるかもいるかも
知れないからです。


「そんなものは屁理屈だ!!」

と怒られるかもしれません。


その様に感じるお気持ちは分かります!!


本当に凄く良く分かります!!


なぜなら、過去の私も同じ事を感じていたからです。


つまり、事実を変えない限り、
この場合は、「眠れない」という事実を変えない限り、
悩みが解決されて、幸せを感じる事は出来ないと
感じていたのです。


もちろん、事実を軽んじているわけではありませんが、

「幸せを感じて生きている人」

「幸せを感じられずに苦しんで生きている人」

この間にある違いは、事実に対する意味づけと解釈の
違いが多分にあるのです。


なぜなら、人の心は事実に影響を受けいている
のではなく、事実に対する意味づけと解釈に
よって影響を受けているからです。



他の例を挙げてご説明させて頂きますね。


近年、日本は不況が続いていますが、
この不況をどの様に意味づけて解釈しています
でしょうか?


もしかしたら、

「不況は良くないのだから、不況の日本にいる事に
よって不幸になっている」

と思われているかもしれません。


では、日本にいる人は皆不幸なのでしょうか?


中には、

「不況は悪いことばかりではない」

と意味づけて、

「不況は新事業のチャンスだ!!」

と解釈している人もいるかもしれません。


不況によってリストラに遭った方もいらっしゃるかも
しれません。


それでも、

「リストラは悪いことばかりではない」

と意味づけて、

「他の職業にチャレンジするチャンスだ!!」

と解釈している人もいるかもしれません。


失業が原因で、離婚してしまった方もいらっしゃる
かもしれません、


それでも、

「離婚は悪いことばかりではない」

と意味づけて、

「他の異性とお付き合いするチャンスだ!!」

と解釈している人もいるかもしれません。


不況やリストラ、離婚などは、ただの事実であって、
それをどの様に意味づけして解釈するかは、
人それぞれ違うと思います。


同じ事実にも関わらず、その違いによって、

「幸せを感じて生きている人」

「幸せを感じられずに苦しんで生きている人」

この間に違いが出てくる事が少なからずあるのです。



この様なご説明をさせて頂きますと、

「そんな事を考えるより、悪い事実が無い方が
良いに決まっているでしょ!?」

とおっしゃる方がいらっしゃいます。


その様にお考えになるお気持ちは分かります。


ところが、意味づけと解釈を変えるのではなく、
事実を変えようとする人ほど苦しんで生きている
人が多いと、私は感じています。


では何故、事実を変えようとすればするほど、
苦しむ結果になってしまうと思いますか?



これも凄く大切な質問ですので、
じっくり考えてみてくださいね!!


というわけで、この続きは明日に書かせて頂きたいと
思います。


どうぞ、楽しみにしていてくださいね~♪


PS

このシリーズの解説をライブセミナーで
やってみたいと思いますので、

放送日が決まり次第、発表させて頂きます。

どうぞご期待くださいね!!!



伊藤元二@本当にやりたいことを始めたら人生はワクワクに変わるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]