癒しと目覚めのセラピストゆうこです。

 

竹内結子さん主演の「ミスシャーロック」にはまっています。

 

ストーリーやキャラクターの面白さももちろんですが、シャーロックの部屋のインテリアやファッションや髪型なんかもかなり好み。

 

竹内さん大ファンですが、役柄によって姿勢や歩き方なんかもぜんぜん違うのにはっと気づいて、なんだか感動してしまいました。

あと1話で終わってしまうのがさみしいドラマです。

 

◇◇◇

 

様々な人に接して、自分も生きていて、ふっと理解したことがあります。

 

生きるということは、どこかさみしさや悲しみとセットなんだと…。

 

「そんなことない!私はいつもポジティブ!」という方もいるかもしれませんが。

 

自分の中のさみしさや悲しみも受け入れてしまったほうが、自然でいられる気がします。

 

 

そんなに、さみしさや悲しみにおびえなくていいんだと思います。

 

そもそも、人はこの世界で生きている時点でどこか、さみしいんだと思います。

 

本来はつながっているはずの魂や宇宙と切り離されて存在しているわけだから。

 

 

人はそのさみしさや悲しみを何かでごまかして、見ないようになんとか生きているのかもしれません。

 

 

でも、目覚めてくるということは、そのさみしさや悲しみさえ、目を見開いて見なくてはならなくなる時が来ます。

それが、目覚めるということだから。

 

見たくないものさえ、本来見なくてもいいものさえ、しっかりと目をこじ開けて見て、それでもそのさみしさや悲しみの痛みを抱えながら生きていくということ。

 

今、そんなステージに差し掛かっている方も多くなっているのかもしれませんね。

 

 

自分の中に在る、さみしさや悲しみというものは自分自身で向き合い抱えて歩いていくしかないのだけれど、ふっとそのさみしさや悲しみをつぶやいて分かちあえる人がいるというのは救われますね。

 

身近にいたらとても幸せなことなのでしょう。

 

でも、そうでない場合もあるのかもしれません。

 

セラピストはそんな方たちの思いを受け止める役割もあるのかもしれませんね。

 

 

◆◆◆

 

サロンホームページはこちら蝶

 

お申込みはこちらから

ご予約フォーム星空

 

セラピーサロン プリュムfairy*

 

女性限定・完全予約制【山口県宇部市】

【営業時間】平日10:30~16:00・土曜10:00~1名様のみ

【定休日】日・祝・お盆・年末年始

 

◇◇◇

 

◆クリックしてくださるとうれしいです◆