地球上のあらゆる命の煌めきを大切にするあなたへ

天使になったモモに捧げる
私がゴールデンレトリバーの女の子 モモと出会ったのは2002年。
私がちょうど30歳の時です。
それから私たちは家族になり、2018年9月9日にモモがお空に帰ってしまうまで、モモはどんな時も忍耐強く私に寄り添ってくれました。
16歳5ヶ月、命いっぱい生きて、私に女性である幸せと無条件の愛を教えくれました。
そして、動植物のどんな小さな命も、私たち人間と同じく、地球にとってとても大切だということ。動植物たちが、私たち人間とのコミュニケーションを今とても必要としていることを教えてくれました。

モモが教えてくれたことは私の一生の宝物。

モモの笑顔、こまった顔、欲張りの顔、静かに怒った顔、寂しそうな顔、いじけている顔、はしゃいでいる顔、幸せそうな顔・・・どんな表情も、ありありと想い出せます。
可愛かったなぁ~。
一日も忘れることなんてない。

モモを想って、目を閉じると、とても美しいエネルギーに満ちたところで、喜びに溢れて笑っている姿が見えます。
そして輝く金色の粉を、私の周りにふりまいてくれている感じがするのです。

全ては完璧な流れで起きています。
辛い出来事、心痛、病気や死でさえ、実は完璧な場所で、完璧な時に、完璧な存在に起きています。

私はモモが亡くなった時に、本当にそう感じました。
 

「生きていることは素晴らしい。命のある限り、今生きていることを大切に、一瞬一瞬の宝物を心に刻み込んで生きてね。」って、
モモが肉体をフルに使って教えてくれたから、私は今も悲しみに暮れることなく明るく元気に生きています。
モモ、大好きだよ。本当に生まれてきてくれて、出会ってくれてありがとう。

モモは私の先生であり、母であり、妹であり、親友であり、同士であり、世界一の娘です。
モモの魂は今でも私に語りかけます。

「私の大切な大切なモモ。
私はモモが私に教えてくれたことを、
沢山の人にも分かち合いたいと思ってこれを書いているよ。
あなたが残してくれたエネルギーを地球に広げて、
一人でもいいから誰かの心に響いて、
その人の心が癒されることを願って書くよ。
モモ心から愛しています。
届いていますか?
私はいつでもモモと繋がっているよね。」


私はモモとの巡り合わせを引き起こしてくれた宇宙に感謝します。
そして、私に大切なメッセージをお伝えする役目を与えて下さったことに感謝します。