【諏訪姫ロードスター】9/23マツダ耐久レース、9/24パーティーレース交流戦に参戦しました! | プラム・スタッフ ブログ
2018年10月02日(火) 07時30分00秒

【諏訪姫ロードスター】9/23マツダ耐久レース、9/24パーティーレース交流戦に参戦しました!

テーマ:ブログ

諏訪姫ロードスター

9月23日(日)

富士スピードウェイ(静岡県)にて行われた

マツダファン・エンデュラス(マツ耐)、

そして

9月24日(月・祝)

同じく富士スピードウェイ(静岡県)にて

ロードスターパーティーレースIII 交流戦に参戦してきました!

各選手から詳細レポートを頂きました。ご覧ください!!

 

下矢印 下矢印 下矢印

 

9月23日(日)

マツダ耐久レース東海ラウンド
富士スピードウェイ


・PLUM諏訪姫ロードスター#53(ND)
ドライバー:石川 純二選手、北平 絵奈美選手、脇田 康平選手 


予選クラス3位、総合11位
決勝クラス2位、総合2位

 


・PLUM諏訪姫ロードスター#56(NC)
ドライバー:八田 新一選手、星野 瞭太選手 


予選クラス1位、総合6位
決勝クラス1位、総合6位


9月24日(月)
ロードスターパーティーレース

富士スピードウェイ


・PLUM諏訪姫ロードスター#122(ND)
ドライバー:北平絵奈美選手
予選19位
決勝16位

・PLUM諏訪姫ロードスター#181(ND)


ドライバー:八田新一選手
予選3位
決勝3位

石川選手のコメント
事前の予報ではウエットのはずだった第4戦富士スピードウェイでのマツ耐でしたが、

筑波に続いて終始ドライでのレースとなりました。
予選は2'15.350で全60代中11位、NDロードスタークラス3位。
今回は交流戦の舞台ということもあり、

元F1ドライバーの野田英樹選手や Super GT 300クラス3年連続チャンピオン、

ジムカーナ17度の全日本チャンピオンに輝く山野 哲也選手など

並み居る強豪がライバルにいます。
特に山野選手の駆るチューンドNDは2位に1.5秒の差をつける圧巻のポールポジションでした。


さて決勝の第1ドライバーは、定位置となりつつある紅一点の北平選手。
スプリントレースでならした駆け引きで序盤からハイペースで順位を上げていきます。


今回私は第2ドライバーでした。
北平さんから襷を受け取りドライブしますが、ラップタイマーがうまく働かず、

自分の周回タイムが分かりません。
序盤こそピットからの通信連絡で、ある程度把握できていたものの、

そのうちピットとの交信も途絶えてしまいました。
あとで分かったことですが自分の通信機材のトラブルが原因だったようで、

この後ピットサインに切り替わったことに気づかず、

ピットからの指示を見逃す失態を演じてしまいました。
スティント後半は燃費走行に切り替えましたが、順位を上げられたのが救いでした。
最終ドライバーとなる脇田さんのスティントで、残りの規定ピットインを終え、

燃料計を確認した駒場代表から全開のオーダーが飛びます。
快調なペースで周回を重ねてトップを走るチームに猛追していましたが、

ゴールの2時間半まで残り10分弱というところでセーフティカーが入ります。
不運にもセーフティカーが入ったまま2時間半を迎え、

このまま総合、クラス共に2位でゴールとなりました。


表彰式では、F1の表彰でも使われた富士のポディウムに登らせていただき、

貴重な体験となりました。


結果61周を周回し、セーフティカーが入っていなければ、

昨年のレコード同等の62周が見えていたので、

次回袖ヶ浦でも優勝を狙ってレースに臨みたいと思います。


チームの皆様、ドライバーの皆様、応援の皆様ありがとうございました。』


北平選手のコメント
マツダエンデュランス東海シリーズに参戦致しました。
今回は予選とスタートドライバーを担当させていただしまた。
予選ではクラス3位、総合11番手からスタートしました。
今回は60台のエントリーでスタート直後から混戦が続き、

同クラスが接戦してしていて、相手の燃費を消費させつつ自車の燃費も維持しながら、と

普段よりも少し難しいレースになりました

。石川選手にドライバーチェンジし着々と周回数を重ね最終ドライバーの脇田選手へ。

燃費計算がドンピシャで、周りは燃費走行している中最後は全開走行で2番手まで順位を上げ

優勝目前のところセーフティーが入り、悔しくもそのままチェッカーになりました。


結果はクラス、総合2位になりしたが強豪チームや有名ドライバーがいる中、

しっかり強さを見せれたんではないかと思います。

残り2戦、気を抜かずポイントリーダーを維持できるように頑張ってきます。

今回も応援ありがとうございました。


マツダエンデュランス東海シリーズの次の日、

パーティレース交流戦に181号車と2台体制で参戦致しました。


今回は北〜西シリーズに出ているドライバー達が集まり42台のエントリーになりました。

公式練習ではマシンとのフィーリング確認もでき、8番手のタイム。

予選も自信があり期待できましたが、完全に場所取りのミスをしてしまい、

クリアラップ取れず19番手。

1番混戦する位置からスタート。


決勝は案の定スタート直後から激しい混戦。

接触も多く普段味わうことないバトルの多さに楽しむことが出来ました。

中盤から11番手まで上がりますが、後方からの車両に接触され一気に順位を落としてしまい

そのまま16番手でチェッカーを受けました。

 

前日の練習から調子が良く、自分自身結果を残せると自信があったレースでしたので

今回の結果は物凄く悔しく、またサポート、応援してくださっている方々に

不甲斐ない結果となってしまって本当に申し訳ないです。

 

しかし落ち込む暇なく今度は週末に北日本シリーズは最終戦があります。

悔しさを晴らせるように思いっきり戦ってきます!
応援ありがとうございました! 


脇田選手のコメント
今回はマツ耐富士ラウンドに参戦してきました。


富士は初めて走るコースで緊張しましたが、公開練習の段階で

ある程度コースの感覚を掴むことができてよかったです。
予選は石川選手と北平選手に任せて体力を温存させていただき、

決勝では最終ドライバーを勤めさせていただきました。
ドライバーチェンジしてからはしばらく燃費走行をしていましたが、

1回ピットインした際にガソリン残量が十分残っていたので全開走行に切り替えました。
結果自体は残り数分でセーフティーカーが入ってしまって、

逆転はできませんでしたが、それもレース。


初めての富士スピードウェイを体一杯に感じて楽しく走ることができてよかったです。
次回袖ヶ浦ラウンドはお休みさせて頂きますが、最終戦の岡山国際には参加するので

シリーズチャンピオン目指して頑張っていきたいと思います!
これからも応援宜しくお願いいたします! 


星野選手のコメント

 今回、私のスティントは、前回同様連続走行でした。
燃料セーブにも力を入れたかったため、すぐさま燃費走行に切り替えて走行しました。
他車が直線で離れていくなかどうしたらコーナーで前の車に近づけるか。

そのことばかり考えながらスティントをこなしました。


うまくいくと、その場で正解がわかる。逆にミスをすれば差が開く。

これが楽しくて楽しくて。気がつけば80分のスティントも終わっていました。


また、一番の目的であった燃料も沢山残すことができ、

八田さんへバトンを受け渡すことができました。


結果は、総合6位、クラス優勝させていただきました。

最後の最後にセーフティーカーが入ってしまったことが悔やまれますが、

個人的に、納得のいくレースだったと私は思います。


八田選手のコメント
NCロードスターを星野選手の冷静な燃費走行で、作戦どおりに走れたマツ耐は満足です。
諏訪姫ロードスターの181号車には初めて乗ったパーティーレース交流戦となりました。


公式練習走行後、駒場代表は失敗を覚悟でセッティング変更した事で

車は進むようになり決勝でもトップ集団で戦えて3位入賞です。


次戦は北平選手と神尊選手が北日本シリーズ最終戦。

応援よろしくお願いいたします。

 

ラブラブラブラブラブラブ

 音譜諏訪姫ロードスターをみんなで応援!!

車2018年PLUM BFFの入会はこちらからサーフィン

 

PLUM PLUM SUWAHIME PROJECT ホームページ

波 SURF PLUM ホームページ

PLUM PMOA/PLUM ホームページ

twitter PLUM SUWAHIME PROJECT Twitter

facebook PLUM SUWAHIME PORJECT Facebook

 

ラブラブラブラブラブラブ

 

PLUM PLUM SHOP 諏訪店 ホームページ

twitter PLUM SHOP 諏訪店 Twitter

 

PLUM PLUM SHOP 秋葉原店 ホームページ

twitter PLUM SHOP 秋葉原店 Twitter

 

ラブラブラブラブラブラブ

plum-pmoaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス