2016年05月13日(金) 13時30分00秒

『プラアクト「牙王」、商品化への道:エピソード1』

テーマ:ブログ
原型担当のSです。

2月のワンダーフェスティバルで発表致しました、《第回プラアクトコンテスト》応募作品「武装獅子」の商品化企画。
こちらの方も着々と進行しております。

そして、ブログのタイトル名にもなっていますが、商品名は「武装獅子」改め、「牙王(ガオウ)」に決定しました。
これから、「牙王」の商品企画の途中経過をブログで随時ご紹介していこうと思いますので、みなさんよろしくお願いします!



こちらが、原点となったコンテスト作品「武装獅子」です。
 
モデラーネーム「プラアクト大好き」さんが製作されました。

 
惜しくも受賞は逃しましたが、ライオンから人型への完全変形といったアイデアと構成力は群を抜いていました。

そして、それを元に創られた「牙王」がこちらです。
  
   
 まだ、途中段階の原型状態ですが、たてがみはボリュームがさらにアップ!装甲のデザインはプラアクト至上最も複雑な形状へと一新。そして、胸のライオンヘッドは取り外して他のパーツと交換も可能。

「武装獅子」と比較するとこんな感じ
  
  
まだ完成度50といったところですがどうでしょう?商品化に向け、生まれ変わった「武装獅子」、いや「牙王」の姿は。

 さらに「牙王」では『完全変形』の他にも、今までに無い新しいプラアクトを目指し様々なこだわりが詰め込まれています。

その1つが、『装甲の組み替え』です―。

今までのプラアクトよりも、さらに組み替えに特化しており肩アーマー・サイドアーマーがすべて連結式になっています。
 
 
これにより、様々なタイプのアーマーを作る事が可能です。
 


このアーマーのギミックは『POS08:ギミックナイフ』の生みの親である、モデラー:joe joe氏によって考案された「肩鎧」をベースに製作されました。
  
 《こちらがjoe joe氏考案の、肩鎧パーツ案》

原型の製作、ギミックの再現、新しい要素の取り入れ・・・・。

「武装獅子」を一目みたあの時の衝撃とトキメキを胸に取り組んでいた数か月間。
すべてが順調でした。




順調のはずでした・・・。

この後、私のこだわりが先走り、先日大きな問題が発生してしまったのです。
何が起こったのか、それは5月27日更新の次回(エピソード2)で・・・。

©PMOA/PLUM

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

plum-pmoaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。