phot : MikaSasaki

model : Mari

Knitter : Fubuki

 

 

 

2020年の2月に

 

Knit Marimi ファミリーで撮影会したときの写真

 

 

 

 

 

 

あれから1年経って

 

世界は大きな変化を課せられました

 

 

 

だけど

 

変わらないものも

 

ここにはあります

 

 

ベル

 

 

 

 

人間の叡智が問われてる

 

こんな時代の中に居て

 

私ができること

 

 

 

 

なんだろう?

 

 

 

 

 

照れ

 

 

クローバー

 

 

今週は

 

仕事帰りにアート鑑賞に行ってきましたよ~

 

 

おすましペガサス

 

 

 

Tokyo City i museum vol.3

 

超絶技巧アーティストが魅せる美の世界、再び!

 

2021年2月22日(月)~28日(日)

11:00-19:00

最終日は18:00まで

 

東京シティアイ

パフォーマンスゾーン

(KITTE 地下1階)

 

 

 

写真は

 

いつもHEARTS展でお世話になっている

 

金魚切り絵の雅人さんの展示ブースです

 

 

 
 

 

 

 

新作も出ていて

 

ン~

 

めちゃ可愛かったビックリマーク

 

 

一目ぼれした金魚ちゃんがいて!!

 

大好きで

 

連れて帰りたかったけど

 

 

 

雅人さんのいないところで

 

お財布に相談してみたら

 

 

「ちょっと待て」

 

と言われた・・・

 

えーん

 

 

 

目に焼き付けましたわ

 

 

それにしても

 

ほんとに可愛いの。

 

 

爆  笑

 

 

 

 

 

この中にいます( ´艸`)

 

 

 

何度見ても可愛い

 

 

 

会場には

 

 

ボールペン画の点描の、見事な桜龍とか

 

水中の微生物の切り絵とか

 

 

いったいどうやって描き上げるのか??

 

どこから描いてどこで終わるのか?

 

想像を絶するような作品がいっぱいでした

 

 

 

 

こちらの段ボールのドラゴンも

 

多くのお客様の注目の的になってました

 

 

 

 

 

着色なしで

 

陰影で色を感じさせているんです

 

しかも全部、手作業です

 

惚れ惚れしてしまいました

 

 

目

 

 

 

 

 

しかも、この作家さんは

 

段ボールアートの本を出していて

 

中を見ると

 

型紙も載っているし

 

写真付きで

 

細かい指示書も掲載されていて

 

 

作家さんの感想とか

 

アドバイスも全てオープンになっているんです

 

 

 

 

つまり

 

 

それは

 

 

どれだけ真似されようとも

 

 

自分のオリジナリティは揺らがない

 

という強い自信

 

 

 

ああ。

 

 

この作家さんの脳内にある設計図を

 

一度でいいから見てみたい !!

 

 

 

 

人の脳の中を公開するアニメあったよね(笑)

 

 

『インサイドヘッド』

 

 

 

いやぁ、それにしても

 

コチラの展示も

 

ほんとに素晴らしかったです

 

 

 

アップ