どんぶり余話 | 演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクストは、文学座が開設した「プラチナクラス」の卒業生が立ち上げた演劇集団です。

お疲れ様でした。

終わっちゃいました。どんぶりの底。

最後のblogになります。


ネタばれしてしまうから、載っけられなかった稽古場での写真を備忘録にいれときます。

本番で変わった色々もありますが、まあまあまあ。


博士&幹事長。幹事長って、どこの幹事長なんだろう…。今もなぞ。


坊主と浴衣、地獄絵図を前に地獄の話。皆で書いた地獄絵図。黄色の鬼はあとで金色に塗り替えました。

泥棒&大家。三角かんけーの端と端。

女1,2,3 いつもチンチロリン。

大家&職人。後ろに壁男うつりこみ。壁男、なにげに体力一番使ってました。

長屋。
ながいことお世話になった長屋だけど、崩壊したら住めないわね。いや、ここのひとたちはそのまま住むのかしら。


劇場の最後の舞台そうじ。

皆でがんばりました。
うちあげもないので、座組はこれで、さよならでした。

心にかけてくださった皆々様、本当にありがとうございました。
日曜日の公演は笑いがたくさんでて、客席もほぼ満員になりまして、コロナ禍前になったかのようにうれしかったです。
プラチナネクストの次の公演は決まっていませんが、これからもこの時代で、プラチナネクストでしかできない芝居をお届けしてゆきますのでご期待下さい。
よろしくお願いいたします。


(文責 高橋ルナフ)