無事に終演しました | 演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクストは、文学座が開設した「プラチナクラス」の卒業生が立ち上げた演劇集団です。

プラチナネクスト第24回公演

三島由紀夫「近代能楽集」

無事に終演しました。

雨の中、ご来場いただきました皆様

ありがとうございました。

 

三島由紀夫の世界。

美しい言葉にヒリヒリしながら

ちょっとわかんないかもってのが本音です(苦笑)。

台詞の中で、あの、この、つまり・・が場所を変え

同じにならず出てくるのです。

そうする「とてにをは」を覚えきれず、苦戦。

まだ男性が強かった昭和の時代。

変わったもの、得たもの、失ったもの。

プラチナネクストだからこそ共感できる部分もあるのかなぁっと。

 

真剣に取り組んだ分、楽屋は明るかった(笑)。

ちなみに真ん中の医学生は女性です。

 

にぎやかだった楽屋の風景。

美女が抱いてるトラ?は35年前に

ハワイでご主人に買ってもらったそうです。

トラが「ママ大好き!」って言ってるようですね。

首を絞めてごめんね(by 次郎)。

 

班女チームは三人。

稽古で息切れしている姿を見ました。
演出の五戸さんから細かい指導を受け

贅沢な時間でしたね。

 

 

弱法師チーム。

重く難しい内容だけに・・・

でも楽屋は明るかったです。

変なおじさん、おばさんが写ってます(笑)。

 

集合写真。

五戸さんの笑顔がまぶしい!

 

そしてSpecial Thanks💛

お手伝い頂いたネクストメンバー。

ありがとうございました。

 

支えてくださったスタッフの皆様。

そして愛すべき小道具達。

ありがとうございました。

 

終演後は、安堵感と寂しさに包まれます。

毎日、一緒にいた座組メンバーとも今日でお別れ。

舞台のバラシ作業が始まり

宝石のように輝いていた装置や

真っ赤な夕焼けを表現してくれた照明。

不思議な世界に引き込まれる美しい音楽。

まるで何事もなかったように消えていきます。

 

その間にメンバーも清掃作業のお手伝いです。

けっして魔女ではありませんよ。

箒じゃないでしょ?掃除機ですから(笑)。

 

キンケロシアターさんの施設にかけるエネルギーはすごいです。

洗面所、トイレ、楽屋の鏡もピカピカに磨き上げなければなりません。

 

来た時よりももっときれいにがモットーです。

清掃の後はスタッフさんからのOKをもらわなければなりません。

なかなかOKをもらえず洗面所、鏡・・・。

何度も掃除をしなおしました。

 

玄関入り口ドアのガラス拭き。

背の高い利一さんにお願いします。

もうこの頃になるとみんなヘトヘトです。

 

 

きれいに磨かれた座席。

キンケロシアターにさよならの時間です。

 

お越しいただきました皆様ありがとうございました。

三作品を見てくださった五戸さん、スタッフの皆様。

そしてお手伝いをしてくれたネクストメンバー。

心より感謝しています。

今、この時に三島由紀夫の作品に触れあえたことは

一生の思い出になることと思います。

これからもプラチナネクストをよろしくお願いします。

 

金澤のつぶやき

18歳の次郎は邯鄲の夢からから目覚めると

いつもの普通のおばさんにもどりました。

まぁ浦島太郎みたいなもので日にちすらわからなくなり

これはまさかボケ?って思うくらい(笑)。

時間はあれよあれよと過ぎていきます。

一日一日が大事です。

いつも語りかけていた友人のような次郎。

体の中から抜けていくのが寂しいです。

またいつか会う日まで・・。

ありがとう、そしてさよなら。

 

 

                       

                  (文責 金澤早苗)