俊徳と級子・・そして美女 | 演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクストは、文学座が開設した「プラチナクラス」の卒業生が立ち上げた演劇集団です。

本番まであと一週間。

稽古にも熱が入ってきました。

年齢が年齢なので時間がかかることもしばしば・・。

でも爆発力はすごいんです。

 

『弱法師』俊徳と級子の稽古場にお邪魔しました。

まずは読み方です。

弱法師➡よろぼし 俊徳➡としのり 級子➡しなこ

 

俊徳は5歳の時、空襲の戦火の中で両親とはぐれ

火で目を焼かれ失明してしまいます。

19歳になった盲目の青年俊徳の親権裁判が

実の親と育ての親との間で争われることになった

家庭裁判所での一幕です。

美貌の調停委員級子に

「この世の終わりを見たね?」っと同意を求める俊徳。

さて級子の答えは?

 

俊徳役の岩間太郎さん。

俊徳といえば藤原竜也さんが演じた役ですよね。

太郎さんならではの大人の俊徳が楽しみです。

 

 

級子役は船橋真弓さん。

ト書きに(四十歳をこえた美貌の和服の女性)とあります。

なんでもダイエットしてるって噂が・・・。

それぞれが役作りに真剣に取り組んでいます。

晩夏の家庭裁判所の一室で繰り広げられる人間模様。

大人の弱法師に期待しています。

 

さてさて、美貌の和服の女性よりすごい方が・・

役名が美女!


髪に飾る百合の花がお似合いです。

 

美女役はデコウト・光由姫さん。

名前に姫がはいっています、さすが美女。

後ろ姿もお美しい。

(美女は邯鄲チームに登場します)

 

座組一同、

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。