班女チーム見学しました | 演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクストは、文学座が開設した「プラチナクラス」の卒業生が立ち上げた演劇集団です。

公演まであと10日を切りました。

今回の公演は三島由紀夫『近代能楽集』から

「邯鄲」「班女」「弱法師」の三作品です。

「邯鄲」は女性だけで14人。

「班女」は3人、「弱法師」は6人。

稽古はコロナ感染対策もあり

人数の多い邯鄲チームは

前半後半に分けての稽古です。

すれ違いの稽古なので他のチームを

見る機会が少なかったのですが

先日、班女チームを見学。

3人だけの熱気あふれる稽古でした。

 

演出家五戸さんと話し合いながら

何度も場面を止めながら作り上げていきます。

 

狂った花子と吉雄の再会、扇のシーンです。

 

 

実子が花子に会いに来た吉雄を追い返そうとしています。

けっしてバトンリレーしてるわけではありませんよ。

 

稽古が終わるとクタクタです。

利一さんの表情がそれを物語っていますね。

力がぶつかり合う三人芝居。

本番まで走り続けてくださいね。