自主稽古をやって参りました | 演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクストは、文学座が開設した「プラチナクラス」の卒業生が立ち上げた演劇集団です。

渡邊春夫です。八百屋です。

台風19号がやって来ますね。

土曜日はどうやら大変なことになりそうです。

ワールドカップの2試合の中止が決まりました。ニュージーランド対イタリア戦は引き分けの扱いになります。この試合の結果次第では1次リーグ突破の可能性のあったイタリアの敗退が決まりました。う〜む、天候次第で4年間の努力が無となってしまうのですね。

さて昨夜そぼ降る雨の中、港区の稽古場に6人の男女が集まりました。稽古としては参加者はやや少ないですが、自主稽古です。もう少し集まると思ってたのですがね、残念でした。

足利市民文化祭で「春雷」という作品を上演します。実は文化課の橋本さんという人が先日訪ねて来て、今年の市民文化祭では文化部門の参加団体が少ないので、ここのメンバーで参加して欲しいと頼まれたそうなんです。

即興で出来そうなのが八木節だったのですが、八木節は大本命の保存会があるので、ダブっちゃうと言うのですね。

そこで演劇という提案が出たら、あっさりと決まっちゃったのです。いざ会議を開いたら冒頭からあの橋本さんの発言で、皆様に演劇部門の参加をお願いしたいとなっていまして、まあ出来レースみたいなもんですわ。

さて「春雷」という作品、およびこの作品に決まった経緯については後日説明することにします。

それにしても6人でそれぞれ2〜3役を割り振って17役による荒立ちの稽古、大変でしたわ。本役の人がいない箇所は飛ばしても1時間半たっぷりかかりました。

来週15日から再度稽古が始まります。気を引き締めて行きますよ。

(文責:春夫)