劇中劇が楽しくもあり、苦しくもあり | 演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクストは、文学座が開設した「プラチナクラス」の卒業生が立ち上げた演劇集団です。

こんにちは。

ブログをお読みいただき有難うございます。

私、犯人役の渡邊春夫と申します。一応八百屋やってます。

あ、すみません、今のは初対面の警察官に挨拶したセリフで、犯人役と言うのは、足利西警察署が週末に主催する「振り込め詐欺撲滅大会」で披露する寸劇での役なのです。

 

そもそも私は役者ではありません。八百屋も一応やっている程度でもう息子夫婦の代に譲っていますから、基本的には毎日好きなことをして暮らしているわけです。

その活動の拠点となっているのが、この場所なんですよね。

私らシニア世代のオアシスなんですよ、ここは。

ここと言いますのは、商店会でかつて営んでいた写真屋さん、こちらが閉店した際にそのスタジオを改装して集会所を開きまして、地元の皆さんに無料で開放していらっしゃるのです。

まあ、これもみんな木綿子さんのお陰なんですよ。

商店会に石浜木綿子さんと言う美人さんがいらっしゃいまして、この方のお父さんがかつて写真屋さんを経営していらして、元がスタジオですから、朗読会とか八木節の練習をするのに持って来いの場所なのですよ。

我々デジタル社会に疎い世代ですからね、パソコンなんかもしっかり使えるようにならないといけません。ですからパソコン教室なんかもやっていますよ。まあ、私はブログを担当するくらいですから八百屋とはいえそこそこパソコンは使えます。ですから仲間がパソコン教室で習っている間はつまらないですよ。オアシスに行けませんので。その時間は一応八百屋やりますけど、息子たちの邪魔にならない程度に店にいます。

 

しかし、「振り込め詐欺」って悪い奴らですよね。警察官の格好してる奴もしっかり犯人だったりして。油断は出来ませんよ、全く。とにかく週末の犯人役は頑張りますね。そのあと果たして何が始まるか、これからこのブログで少しずつ紹介して参ります。お楽しみに。

(文責:春夫)