1着  1 ダノンプレミアム 1.34.3
2着 10 ステルヴィオ 3 1/2
3着  3 タワーオブロンドン クビ
4着  5 ケイアイノーテック ハナ
5着 12 ダノンスマッシュ 3/4

単勝 1 230円 1番人気 馬単 1-10 840円 2番人気
複勝 1
10
3
110円
140円
130円
1番人気
3番人気
2番人気
ワイド 1-10
1-3
3-10
230円
210円
330円
2番人気
1番人気
3番人気
枠連 1-5 530円 2番人気 3連複 1-3-10 700円 1番人気
馬連 1-10 550円 2番人気 3連単 1-10-3 2,630円 2番人気

 

先週、今週と「まとめ」を休んでしまった。
今は法政大学教授の座に落ち着いている、アンチ貧困活動家の湯浅誠氏の言葉「溜め」を借りれば、「溜めがなくなってしまった」といった状況だ。体が働かない…


予想も、投げてしまった。
厄年キャプテンとか、来年1月に公開予定の映画が「初主演」となる女優が大迷惑をこうむる芸名♀と入籍したうざーい奴とか、ビミョーな数だがテレビ東京で予想を見ていたが記憶にない。コンビニで買った東京スポーツで、1面にあった虎石晃氏、上田琢巳氏、舘林勲氏、松浪大樹氏の1枠1番の印が◎◎○◎と並んでいたのを見た時点で、「近鉄バファローズの永久欠番1番」よろしく、◎1と決め込んだ後は、予想を投げてしまった。


投げたらアカン、と予想は続けたものの、井森美幸的貞操帯予想をしたところでオシマイ。


結果的に、今日は「投げてよかった」だった。


馬券を買う身にとって、一番精神的に楽なのが「先行指し圧勝」パターンである。買っていた①ダノンプレミアムが道中は先行グループ、外回りコースと内回りコースが合流するあたりで先頭に立った後は、一気に突き放し、最後は流す余裕ぶり。


3着の③タワーオブロンドンは単純に①との力差、ゴール前で③を交わして2着になった⑩ステルヴィオは悪い意味での「前走のリプレイ。4着以下…眼中になし。


今日の1・2着は、実はサウジアラビアロイヤルカップの横滑りだ。
そこで、JRAホームページからたどれるVTRを見てみた。サウジCと朝日杯FSでは出走馬も違えばコースも違うので、画像的には「リプレイ」としようもないのだが、1・2着のテン、ナカ、シマイの性格に限ってしまうとリプレイそのもの。


【テン】
ダノンプレミアムは先行グループ、ステルヴィオは後方グループ

【ナカ】
ダノンプレミアム、ステルヴィオとも位置を変えず
【シマイ】
ダノンプレミアムは突き放した後流し気味、ステルヴィオは後方一気の足を使うもダノンプレミアムの影は踏めない


ひょっとすると、今回の朝日杯FS組では、
ダノンプレミアム→ステルヴィオ→その他大勢
なんて序列がすでに出来上がってしまっているのかもしれない。


★★★★★


しっかし、いかにも井森美幸的ガチガチ馬券が来たときは取れる傾向にあるのに、そうじゃないときは取れない傾向が強いっていうのは…


傾向と対策をよーく考えることを、反省としないと。