クリスマススペシャルレッスン「スイーツスタイリング&フォトレッスン」無事終了! | プランツ・モジュール カルチャースクール

プランツ・モジュール カルチャースクール

東京・下北沢のプランツ・モジュールは、写真を中心にしたカルチャースクール。

こだわりのテーブルフォト講座「花と雑貨のカメラ教室」は
質問しやすく、リピーターが多いのが、ちょっぴり自慢の少人数制の写真教室です。
まったくの初心者OK!



こんにちは。「花と雑貨のカメラ教室」飯田英里です。

年末最後のレッスンは、 Kosaka先生のスタイリングによる、

「クリスマススイーツスタイリング&フォトレッスン」でした。

12月22日(土)に無事に終了することができました。ありがとうございます。

やっと、一息ついた感じです。


お忙しい年末に、お集まり下さった生徒さんは、

顔なじみの生徒さん、初参加の生徒さん、

そして「花と雑貨のカメラ教室」に、私が生徒として通っていた12年前の同期である友人!

(渋谷の東急セミナーBEで、山口先生が月一回開講していました)

いずれも実力者ぞろいのスタイリング編レッスンとなりました。


プランツ・モジュール カルチャースクール-Eri Iida



今回もカワイイスタイリングがお出迎えです!テンション上がります。

Kosaka先生のスタイリングを4セット、ご用意いたしました。

生徒さんは、おひとりずつ1スタイリングを15分ずつ撮影していきます。


一応、課題として「雑誌などで、人に紹介するための記事としての構図。

1カット目は、自分世界にそまって??みたいな芸術作品にしないでください。

その後はご自由に」と提案しました。


今回は、1day Lessonなので、次回に作品を全員で披露する場面がないこと、

いつもは、レッスン後に、私は撮影しているのですが、

教室の使用スケジュールが、レッスン後もあったので、時間的に難しい。


ということで、ちゃっかり甘えて、

写真教室の講師、カメラマン、プロとしてご活躍で、

同期でした Nagako Ishii さんに、写真かして欲しいの!!とおねだりしたところ、

快く引き受けてくださいました。


私も一応、撮影したので、

同じ被写体を見ても、撮影者が違うと作品が違う、というのを

ネット上で比較してみたいと思います。


Nagako Ishiiさんは新品ほやほやのNikon D600、私は馴染みのCanon 5D MarkⅡ、

いずれも、フルサイズ機です。

プランツ・モジュール カルチャースクール-Nagako Ishii

Nagako Ishii撮影 俯瞰ときましたか~、チェックは歪みが気になりますもんね。

アンダーで、ステキ!
プランツ・モジュール カルチャースクール-Eri Iida


飯田英里撮影 チェックの線がまっすぐ入らないようにしました。


プランツ・モジュール カルチャースクール-Nagako Ishii

Nakako Ishii撮影 小さいブールドネージュには、ぐっと寄り、お菓子の質感を活かして。



プランツ・モジュール カルチャースクール-Eri Iida

飯田英里撮影 Kosaka先生のスタイリングが、まるまる…と丸にこだわっていたので、

リボンのくるくるも含めた全体図を押さえました。



プランツ・モジュール カルチャースクール-Nagako Ishii

Nagako Ishii撮影 斜陽をダイナミックに入れて。


プランツ・モジュール カルチャースクール-Eri Iida

飯田英里撮影 ずいぶんとレッスン後は並びが変わってましたね。横線を平行に配置した構図で。



プランツ・モジュール カルチャースクール-Nagako Ishii

Nagako Ishii撮影 クグロフの立体感が活きてますね。

新しいカメラD600の感動することは、諧調の滑らかさがきめ細かくなったことだと思います。



プランツ・モジュール カルチャースクール-Eri Iida

飯田英里撮影 冬のお菓子みたいな雰囲気になってしまいましたね~

私はこのスタイリングが、一番、今回のKosaka先生のスタイリングのなかで、好きだったのに、

このモリモリのクリームっぽいところが萌え☆とか、

赤と緑のツブツブが立っててカワイイとか考えているうちに夜になってしまい、

気が定まってなかったですね。申し訳ない。



如何でしょう?カメラマンが変わると作品も変わりますよね。

その被写体を、どのように捉えて、

自分のなかで映像として出していこうとしているのか、

という感覚の違いが面白いと思います。


それが個性。


個性が出せるようになるまで、いろいろと挑戦し続けて欲しいと思います。


とはいえ、Nagako Ishiiさんも私も、

ある意味、自分の意志だけでは動いてはならない面も知っているので、

ちょっと商業目線な写真だったりします。


12年前に、Nagako Ishiiさんが「オタクなカメラ技術の話」をするのを、面白い!と思い、

ついていけないのはつまらないので、

一生懸命、ひとりで本を読んだり、カメラマンから教えて貰いました。


同じく同期の店舗ディスプレイ分野でもご活躍の前原裕子先生は、

いつも3人でレッスン後のお茶の時間に、

私たちの会話が、ちんぷんかんぷんで、機械の話、やめてー!!

と思っていたそうです。スミマセン。


なので、山口先生の小難しい話はしないレッスンだったからこそ、

写真を続けられたんだと思う、と、

前原先生はおっしゃってました。


その後、Nagako Ishiiさんは更なる研鑽をつむべく、他の教室へ。

私は残って、アシスタントから、講師へ。

今の私があるのは、Nagako Ishiiさんのおかげでもあります。


いい意味で、勝手にライバルだと思っている仲間と、

前原先生や、フラワーデザイナーの寄谷先生、ベーグル屋の安嶋先生のような

一緒に活動させて頂いている仲間に巡り合えたことが、

こんなにも写真で表現することにのめりこみ、

色々なことに、つながっているのだと思います。


そして、新たにKosaka先生、masa*さんのような美的な知識をくださる面々にも出会えました。


生徒さんからも、いろいろな衝撃的なアイデアを教えられます。

毎回、びっくりしますね。


今回も写真をメールしてくださった生徒さんがいらして、

Kosaka先生のお土産「ジンジャーマンクッキー」を、

ご自宅でスタイリングして撮影したものが、なんとも味がありました。


今年最後に、昔のことを振り返ることができたことも、いい思い出になりました。

そして…Nagako Ishiiさんは昔から撮影が「超はやかった!!」ことを思い出しました

(^.^)はやーい。15分いらないや~


また来年も、楽しいレッスンを催したいと思います。

辛い時や、忙しすぎる時も、元気な顔になっていただければ、幸いです。


どうぞ、素適な一年をお迎えください。


スタイリスト Katsura Kosaka

写真スペシャル協力 Nagako Ishii

写真、テキスト 飯田英里



このブログに掲載されている写真画像を無断で使用することを禁じます。

すべての写真の無断使用はお断りしております。