消費増税と住宅購入

テーマ:

こんにちは プランニングケイの西森です。

最近、厚生労働省の統計問題の影響で消費税増税時期について再び国会で議論されていますね。ニュースなどによるとこのまま予定通り10月に消費税増税される見通しのようです。

10月に予定されている消費税増税が住宅購入にもたらす影響について疑問を抱く方も多いと思いますのでお話しします。

まずは不動産業者から建売住宅や中古住宅を購入する場合、消費税率8%の適用を受けるためには2019年9月30日までに引き渡しを受ける必要があります。

一方、注文住宅を建てる場合は工事請負契約の締結日が基準となります。その基準日は2019年3月31日となっており、その日までに請負契約を締結すれば、引渡しが2019年10月以降になっても消費税率8%が適用される経過措置があります。

しかし、住宅ローン減税の延長など消費税増税の影響を緩和する政策も打ち出されていますので一概に消費税のためだけに購入を急ぐ必要はないと思われます。

ご自身のライフプランに合わせた冷静な判断が必要になってくるのではないかと思います。