津波災害警戒区域

テーマ:

こんにちは プランニングケイの西森です。

最近は7月、8月の猛暑が嘘のように涼しい日

が続いていますね。

 

 

先日、不動産業者向けの勉強会にて、

「防災情報の周知について」という

テーマで広島県建築課の担当者から

お話を聞く機会がありました。

 

来年3月に広島県内の瀬戸内海沿岸を中

とした一部区域が「津波災害警戒区域」に

指定される件について説明がありました。

 

南海トラフ地震など大規模な地震が発生した

場合の津波浸水想定に基づき、県が警戒区域

を指定するとの事です。

 

来年3月の指定区域公表後、対象区域の市町が

新たにハザードマップを作製するそうです。

 

対象区域では住民の早期避難につなげるため、

従来1m単位であった浸水予測を10cm単位

まで詳細に予測するそうです。

 

詳しいエリアが公表されましたら、

ブログでもお知らせしたいと思います。