相続不動産の売却

テーマ:

こんにちは プランニングケイの西森です。

弊社では相続された不動産の売却のご依頼も多くいただいております。

詳細を相続人である売主様も把握されていないこともあり、お困りの方も多いです。

不動産の権利関係を法務局で調査していると隣接地私道部分の所有権もあることが判明したこともあります。進学、就職、結婚等を機にお子様と離れて暮らしていらっしゃる方も多く、帰省等で年に数回会う中でお持ちの資産についてお話することは中々難しいかと思います。メディアでも取り上げる機会が増え、世間に終活という言葉が認知されてきていますが実際に行うとなると時間も労力もかかると聞きます。まずはお持ちの不動産について購入当時から現在までの状況がわかるようなメモ書きなどを作成し、家の権利証等と一緒に保管することから始めてみてはいかがでしょうか。