位置指定道路

テーマ:

こんにちは プランニングケイの西森です。

以前、ブログで建物を建築するには原則として建築基準法上の道路に2m以上接していなければならないとお話しましたが建築基準法上の道路は必ずしも国や市長村が管理しているわけではありません。1つの例として位置指定道路というものがございます。

道路位置指定とは道路(私道)を建築基準法上の道路とする為の行政処分のことをいいます。

位置指定道路は一見すると公道と変わらないのですがあくまで私道ですので所有者がいます。そのため、誰しもが当然に道路を通行できるというわけにはいかず、また、上下水道の配管などのために道路を掘削したい場合、所有者の許可を得る必要があり、トラブルも多いと聞きます。

位置指定道路の管理は所有者(複数の場合は共同)が行う必要があり、負担も大きいそうです。厳しい基準があり、時間もかかりますが位置指定道路を自治体に寄付して移管する方法もございます。