当たり前のことをより当たり前にしていくこと | 飲食店社長から店舗コンサルへ変身BLOG

飲食店社長から店舗コンサルへ変身BLOG

店舗専門コンサルタントとして出店~閉店までサポート。プランナーズ コンサルティング代表の新田が、飲食店等複数の店舗経営経験を  活かし物件情報・店舗経営に関する経験談・ヒント・ブログを発信します。


テーマ:

売上が上がらない要因はいろいろあります。


外的要因と内的要因があります。

例えば外的要因で近隣に競合他社の店がオープンした場合影響があり、売上が下がるケースがありますが、経験上きちんと営業をしていれば3ヵ月くらいすると売上が戻る店もあります。


外食企業で地区長をしていた時は、よく店長が売上が下がった時は外的要因の問題にして、店の内的要因を否定して、売上が上がったら店の成果にしようとする者もいましたが、それだったら誰がやっても一緒ということです。


現状売上が下がっているのは店にも問題があると真摯に受けとめる必要があります。一旦売上が下がると、売上を上げようとしてもすぐに明日から上がるというものではありません。


売りが下がるのは早いですが、上げようとすると一度には上がらず徐々にと時間がかかります。

人間の信用と似ています。


売上を上げるために、値引きのチラシを新聞折込に入れても一時的には数字は上がりますが、チラシの効果が切れたらあきらかに数字は落ちますし、効果があって上がったといっても折り込み料金、値引き料金等の経費が発生し結果として利益はでません。個人的にはチラシは好きな販促ではありません。


ではどうすれば良いのかという話になりますが、店では当たり前のことをより当たり前にしていくしかないのです。


どういうことかというと、お客様の入店から元気の良い挨拶やスムースな案内、料理の提供時間や熱いものは熱いうちになど飲食店でよく言われる、クォリティ、サービス、クリンネスというQSCが重要になります。


簡単に言うと、おいしい料理、良い接客、きれいな店ということです。ひたすらこの内容をよりレベルを高くしていくことは店にとって重要なことです。


今の時代にまずい店というのはなかなかないです。

中には接客は悪いのにお客さんは入っているなと思う店もあるでしょうし、店はそんなにきれいにしてないけど、流行っているなと思うところもあるでしょう。

確かにあります。


しかし接客が悪い不衛生の印象があると、店にいかない理由になります。

改善することにより、もっと来客数を増やせる可能性があります。

当たり前のことをより当たり前にすることは店を運営する上で非常に重要です。


http://planners.pw/

応援ポチッとお願いします!

↓  ↓  ↓


 

 



店舗コンサル 新田義男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス