練香作りの会終了しました(追記あり) | 茶道と日本のたしなみ

茶道と日本のたしなみ

茶道のこと、日本文化のこと、和菓子など美味しいもの
美術館めぐりについて書いています。


テーマ:
休日の午前という時間に、お越し下さいまして
ありがとうございました。


おかげさまで、無事終了しました。総勢9名様。
この講座始まって以来の大勢さんです。
ありがとうございました^^



photo:02 

遠くは宇都宮から、そして天然石コーディネーターの
Shinoさんもお越しくださいました。
お忙しい合間を縫ってのご参加で
ありがとうございます。

***参加者の皆様***

一部文香のところで説明不足の箇所が
ございましたので、記事でUPしています→
メールで送信したよりも、画像を増やしています。
************

日本の香りの歴史からお話し、私が作り方を
デモンストレーション。

h2

その後各自お作りいただきました。

最後の蜜を入れるところがポイントになりますので
机を回って、調整やアドバイスを。

わいわいにぎやかに、とても楽しい雰囲気で
おつくりいただきました。

当日作ったキットの中身です。
画像は英語口トレーニングのmaki先生より
お借りしました。いつもありがとうございます

材料

汚れますので、新聞紙の上で。
キットの中にはおおよその配合が書いてあります。
それを参考に、混ぜます。

混ぜる

蜜を入れたところです。まだ足りません。
徐々に足してゆきます。

完成

右は、マヨネーズケース。お部屋で楽しんでいただけるように
手軽な方法を考えてみました。

左が練香。濡れているのは蜜によります。

こづつ

こちらは、簡単にお香がたける道具です。
こちらを持参して、出来立ての練香の香りを
楽しんでいただきました。

まだ、蜜の香りが強いのですが
材料はほぼ一緒なのに、それぞれが
違う香りになるのがまた不思議で面白い
ところです。

約2週間で香りが落ち着き、1ヶ月、またその後は
香りが少しずつ変わっていきます。
それもまた、楽しみです。

どうぞ、数日起きに袋の口を開け
移り変わりを楽しんでくださいね。(*^ー^)ノ
冷暗所にて、保管ください。

ご参加ありがとうございました!



↓クリックで応援お願いします。






にほんブログ村

宗葉(茶道・表千家)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります