息子が泣いた成人式 | あきのブログ 〜 自閉症スペクトラムの息子と転勤家族の徒然日記と…なんでもあり(^^)

あきのブログ 〜 自閉症スペクトラムの息子と転勤家族の徒然日記と…なんでもあり(^^)

発達障害の息子(小5)の成長や壁に対しての悲喜こもごもをダラダラと書いています。まとまりはあまりないです。
あとはスピッツや台湾へのミーハー心を綴ってます。転勤族です。

今日は成人式👘


暴れる人、歌い出す市長、ド派手な人…色々いるけれど、岩手県奥州市の[親から子への手紙の朗読]、毎年ニュースでやっているとついつい手を止めて見てしまう✉️


45歳のお父さんが出ていた。
20歳になった息子さん宛に読むのね、と思いきや、『亡き妻の手紙の代読』とのこと。

途中から見たからお母さんの年齢は定かじゃないけど、おそらくそのお父さんとそう変わらないはず。


癌で亡くなったそうだ。

私は今年44歳になる。

そう歳変わらんやん…。



手紙には、母の息子への気持ちが湿っぽくなることなく淡々と、でもお母さんの気持ちで溢れていた。


この手紙が読まれる時、自分はもうこの世にいない。元気?風邪引いてない?成人式見たかったな。結婚する相手見たかったな。

そんな感じのことが書かれていたが、細かくは覚えていない。

「風邪引いてない?」がいかにもお母さんって感じで、心の中では手紙の最初の方ですでに泣いていたけれど…。

何故細かく覚えてないかというと…キョロキョロ



隣で息子が大号泣していたからぐすん





しょっちゅう、「お母さん、長生きしてね」と言ってくれる息子。

もっと昔は「お母さんはあと300年生きるから」と、わしゃ亀か❗️とクスッとしてしまうことを、真顔で言っていた真顔

死というものを、息子はどう感じているのかは分からない。
少し前は、漠然と死を怖がったりして不安感増し増しだったけど、いつの頃からかそこまでズンと沈むことはなくなった。

まだ身近な人が死ぬ、という経験をしていないから、実感がないのも当たり前。

漠然と、少しずつ「人って死ぬんだなぁ」ということを理解していってる時なのかもしれない。




そんな息子がシクシク…そして「うわーん」と泣いていたので、『また死について不安になったのかなあせる?』とハラハラした。


「この人(息子さん)がかわいそうだぐすん


そうか…。
自分も息子の立場だし、重ね合わせたのかもしれないな。


「それにこのお母さん、もっと長生きしたかったよねぐすんお母さんと歳も変わらないよ。お母さん〜えーん死なないでね」

毎年奥州市でこのイベントが行われていることを伝えると、

「僕も岩手県で成人式する❗️手紙読んでほしいえーん

「岩手じゃなくても、手紙…そうだ❗️、お互い手紙書こうか上差し20歳になった時にお互い読み合いっこしようよ」と話すと、オイオイとまた泣き出したので、背中をさすって落ち着かせた。


その間テレビでは、[息子さんは朗読前に席を離れた]と言っていた。

「えー❗️なんでよ〜あせる」と一瞬思ったけど、息子さんの気持ちになると、まだ亡くなって1年も経ってないお母さんの死を受け入れられないかもしれないし、息子さんは息子さんの気持ちがあるよなぁと思うと、離れてしまう気持ちも理解できた。


親の気持ち、子の気持ち、そりゃそれぞれあるからね。


私はお母さんの無念さの方を思って泣けていた。
それは私が今お母さんだから。


息子はまずは息子さん、そしてお母さんのことも思って泣いていたぐすん

もっと複雑な感情もあるんだろうけれど、それをアウトプットすることって、大人でも難しいからね。



感受性が豊かなんだなぁと、こういう時思う。

不安感が強い、ビビリなところがあるとか、マイナス面もあるけれど、

私はいつも息子のこういう面を見ると、このシーンを思い出す。
のび太と似てるところ、結構多いしあせる


息子は人の幸せを願い、人の悲しみを自分のことのように悲しむことができる人だと思うし、そこは変わってほしくないなと思う。



「お母さん〜えーん癌検診行ってよぉ」と泣きながら懇願してきた息子。

行ってる行ってるあせる

…でも乳がん、子宮がん検診くらいかもあせる

他は症状が出ないと蔑ろにしがちよねあせるあせる

大腸がん検診は、検査よりもあの液体を飲むことが嫌過ぎて…でもそろそろ受けないと滝汗


うちの家系はガン家系。
父はまさに腸のガンだった。

だから2年に一度は大腸がん検診を、と言われてる。今年がたしかその年だ…。

でも、でも…あの液体、マジで嫌やねんーーゲロー

バリウムの方が100倍マシ❗️


…そんなこと言ってられんよなぁショボーン

うぉ〜笑い泣き悩むーーーーあせるあせるあせるあせる



長生きしたい。

息子のために。


だからこそ、そのお母さんの気持ちを思うと胸が痛くなる。




息子はというと…キョロキョロ

昔ならもっと気持ちを引きずって、思い出し泣きとか「長生きして」と何度も言ってきていたけど、ゲームをして切り替えたのか、特に何事もなく落ち着いている。


一歩一歩成長してるんだなぁニコ