こんにちは!

高知のアートアクセサリー作家

ぴよんてです。

 





 今回の話は

ハンドメイドをしている人には

絶対に読んで頂きたい内容となっています。




前回のブログの続きから始まります。

 





 

趣味で始めたハンドメイドが

 

 

出品してすぐ売れる

 

 

それどころか、買いたいです!

というお客様が沢山いて

「予約待ち」という状況になったのに

 

 

全然嬉しくない

 

 

こうなった理由についてお話します。

 

 





 

元々モノづくりは大好きだった私

ハンドメイドアクセサリーを作るようになると

 


 

販売してみたい

 

 

と思うようになります

 




 

特になんの計画もないまま

作った作品をサイトに出品。

 

 

この時

売れるか売れないか

しか考えていませんでした。

 

 



自分の作品が、サイトに並んでいくのは

ワクワクして心が躍りました。

 

 

初めて購入してもらった時は

「やったあ!!」

とめちゃくちゃ喜びました

 

 

そしてすでに話しているように

「予約待ち」という状況になります

 



 

が、楽しかったはずのハンドメイドが

楽しくないと感じるようになります

 

 

 

その原因は





 

『無計画に

販売していたこと』

 

 

そしてなにより

 

 

『安すぎた』

 

 




 

出品し始めたころ

とにかく買ってほしい

という思いもあって

 

 

あまりに安すぎる値段で販売していました。


 

材料費

人件費(作業時間)

梱包代

 

 

この三つのうち

人件費について

ほとんど無視した値段で販売していたのです。

 

 



作品が売れることが

嬉しかったのも最初のうち

売れれば売れるほど忙しくなります。

 



 

そうこうしているうちに

「ここをこうしてくれませんか?」

というお客様の声を頂くようになります。

 


求められていることが嬉しく

何とかお応えしてあげようと


「分かりました」


と引き受けました。

 

 



 

どうなったか

分かりますよね

 

 

 


買って下さるお客様が次々と

 


「もう少し小さく作ってくれませんか」

「もう少し大きく作ってくれませんか」

「ブローチじゃなくて

ピアスで作っていただけませんか」

「こんなものはつくれますか」

 

 

などなど沢山、

要望を寄せてくるようになりました。



この時、少しでも要望に応えてあげたいと

できるだけ応えていました

 

 

 

そんなことをしていると

そういう要望のあるお客様しか来なくなりました。


 




 

予期せず

半オーダー制になりました

 



 

自分の作りたい作品を

作る時間は殆どなくなり

ひたすらその要望に沿った作品を作る日々

 

 




そして値段は安いまま

 

 

 

 

これは決してお客様が悪いとか

要望を言ったり引き受けたりしたらダメ

とかいう話ではありません




値段や労働量、作品の価値と向き合わず

無計画に作っていた私の問題です。

 

 



作る作品も

自分の好きなものを作る

というより


売れそうな作品

求められそうな作品


となっていきました。

 




そして極めつけに






 

 

(ちょっとしたクレームを受けました・・・。)

 

 





 

私、なんでハンドメイドしてるんだろう

楽しかったはずなのに、全然楽しくない。

 




 


作ることが楽しくなくなった私は

ハンドメイドを辞めてしまいました。

 

 

 


原因は明らか

『無計画』『安すぎ』

なのですが、この時はそれに気が付かず


 

私ハンドメイド

そんなに好きじゃなかったのかも

と勘違いしていました。

 

 

それは退職後も同じでした

あるキッカケでこれが勘違いと気がつき


今もう一度、

ハンドメイドにチャレンジしています。

 

 




今まで

人気が出てきた作家さんが

突然活動を辞める

という状況を沢山見てきました。





それが何の理由かは定かではないのですが

その作家さんに共通していたのは

『安い』

という事です。





ハンドメイドをやっていきたい!

と思っているのなら




この先、人気が出ても

続けて行けそうなのか




安い!

という理由で買って欲しいのか



あなたの作品が好き!

という理由で買って欲しいのか







どうか過去の私みたいに

嫌になって辞めてしまう事に

ならないで欲しいです。





長くなりましたが、今回はそんな話でした。

最後まで読んで下さりありがとうございます。





 

 

 

 

 

 

minne/SNS

minne▷こちらオカメインコ

新作✨夏の記憶とグミの実

販売中です


 

Twitter▷こちらセキセイインコ青

Instagram▷こちらセキセイインコ黄