『 あなたの足を守りたい』  -2ページ目
  • 16Dec
    • JAたちかわ 婦人部にて「健康は足元から」

      12月13日 JAたちかわ 婦人部にて「健康は足元から」というテーマでお話してきました。こちらへどうぞと案内された会場にん??新婦控室??昔は、JAのホールで結婚式をやっていたそうでずーっと、この部屋にあるのだそうです。参加者が次々と会場に入ってきました・・あしけねぐなてきたの~・・ひじゃかぶいでぐでの~・・まぐれづめだなや~・・あぐどがさがさどゅう~でました庄内弁!!私も・・けつまずがねよしての~・・たもついであるぐあんぞ~・・いいやべあらてくれの~・・えっぺぬてくれの~転倒予防のお話でした。

      5
      テーマ:
  • 25Nov
    • ハッピーキラッとタイム

      昨日、11月24日午後7時~「湯田川地区キラッとタイム」でお話してきました。テーマ「健康は足元から 自宅でできるフットケア」こちらの会は、湯田川地区女性の健康増進を目的として数年前から活動しているとのことでした。配布資料を事前に送って担当者から用意してもらっていたのですが・・・・その内容が転倒予防重視の内容。会場に入ってビックリ!!みなさん、とてもお元気で転倒とは無縁かと思われるほどシャキシャキとしていました。これは、資料なしで話題を変えてお話しなければ・・・参加してくださった方々に申し訳ない。講師用の椅子が用意されていたのですが急きょ、参加者と円座になりお話することにしました。足のトラブルの話はもちろんですが今夜は、冬場の足体操と正しい歩き方を体験していただきました。寒い夜でしたが、心も体も温まるハッピータイムとなりました。

      10
      テーマ:
  • 16Nov
    • 爪切り難民

      某クリニックからの紹介で行ってきました。84歳の男性足の爪が伸びてしまい靴下にひっかかり痛いので切って欲しいとのこと。色々と医者に行ったが、どこでも切ってもらえなかった。エステにも行ったが、切れませんと言われたそうです。どうして????介護サービスの利用は考えたことがないのか聞いてみたところどこに相談したら良いかわからない。サービスの内容もわからない。爪切りが大変だということは普段の生活でも不都合が多くなってきているのではないのか・・・・今はいいが、これから先、もっと大変になるのでは?と心配になりました。やはり不安が多く、この先どうしたら良いか案ずる日々だったそうです。奥様も足が不自由、息子さんも病気とのこと。家の中も物が散乱しており、人を招き入れることができないとのこと。爪切りも、ガレージの屋根の下でやって欲しいと言われました。外気温7℃。。。。。。ダウンジャケットを着ながらの爪切り・・・バケツにお湯を用意していただき、温めながらの爪切り・・・人に足を見せるのは初めてだということで、緊張されていましたが終わったあとは笑顔のなり、奥様も喜んでくださいました。終わってからのこと今までの不安や不満や悩み・・・炸裂・・・およそ一時間、お話を聞くこととなりました。少し安心したのか先が明るくなったとのこと。でも心配。。。。

      2
      テーマ:
  • 15Nov
    • 高齢者教室「菜の花大学」

      本日は、高齢者教室「菜の花大学」にてお話してきました。三川町では、60歳以上の高齢者を対象に、健康で生きがいのある充実した生活にするために毎月、1回の学習会を開催しているそうです。テーマ「健康は足元から」足は体を支える大切です。体表の1~2%の足裏が、頑張ってくれているのです。いたわってくださいね。足指たいそう、グーチョキパー、 かかとの上げ下げ運動!お金もかからない、どこでもできる運動です。歩く力は生きる力です!!健康で長生きするには、楽しくできることがコツだと思います!

      1
      テーマ:
  • 10Nov
    • 心とからだの健康フェアin南陽

      11/6(日) 「心とからだの健康フェア」in 南陽主催はパワープラントウーマン事務局全盲の歌姫 若渚ちゃんコンサートから始まり日本を代表する羽黒山の宿坊13代目、山伏の星野先達のお話「からだと水と魂」もちろん法螺貝から~魂のまにまに!!ドルフィア(株)代表取締役社長井下田 久幸氏講演「心の伝えかた」日本ヒーリングケア協会から私「自分でできるフットケア」藤田浩美先生「家族にできるボデイケア」公開セッション山伏の星野先達ドルフィア(株)代表取締役社長井下田 久幸氏<天城流ドラゴン調躰法>ドラゴンつよしさん<日本ヒーリングケア協会>副理事 鈴木由利 藤田浩美先生心もからだも元気になる素晴らしいフェアでした。今後も続けていきたいということでした。応援していきたいと思います。ご参加いただきありがとうございました。

      3
      テーマ:
  • 28Sep
    • 高齢者人口 最多更新 総務省推計より

      人口推計を総務省が9月18日に発表しましたね。総人口に占める65歳以上の人口の割合女性・・・30.1%  1962万人男性・・・24.3%  1499万人           合計・・3461万人75歳以上・・・1697万人山形県について65歳以上・・・34万4953人100歳以上・・・640人 男性・・78人 女性・・562人高齢化が急速に進んでいることが示されました。

      1
      テーマ:
    • つるおか福祉塾に参加しました

      昨日は、2か月に一度の「つるおか福祉塾」でした。福祉について制度等を学び、より良い「つるおか」にしていきたいと集まって勉強会を開いてます。今回は「くすりの最近の話題」というテーマで鶴岡市立荘内病院診療部薬局薬剤主査 鎌田敬志氏にお話していただきました。将来像に向けての医療・介護機能強化の方向性については「施設」から「地域」へ・「医療」から「介護」へ地域包括ケアシステムとは高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで可能な限り住み慣れた地域で生活を継続することができるような包括的な支援サービス提供体制の構築を目指す。地域包括ケアシステムの5つの構成要素については「すまいとすまい方」「生活支援・福祉サービス」「介護・医療・予防」「本人・家族の選択と心構え」「自助・互助・共助・公助」が必要平成28年度診療報酬改定について診療報酬(本体) +0.49% 薬価改定 -1.22%かかりつけ医とかかりつけ薬剤師についてもわかりやすく説明していただきました。おくすり手帳が、なぜ話題になっているのかもおくすり手帳の意義及び役割、薬剤服用歴管理指導料の評価の見直しを聞くとなるほど!と思いました。そのほかに、ジェネリック医薬品について在宅医療における残薬管理についてなど普段、あまり聞くことのない内容でしたが医療・介護の連携には欠かせない分野でありまた、住み慣れた家で、地域で暮らすためにも多くの人に知っていただきたい内容でした。

      1
      テーマ:
  • 24Sep
    • 社員研修!

      昨日は、福祉用具販売会社「(株)タマツ」さんの社員研修で「高齢者の足の現状とフットケアの実際」というテーマでお話させていただきました。こちらの社長との出会いがなければ、ここまでフットケアを続けてくることは、できなかったと思います!介護予防にフットケアが重要だということを後押ししていただいたのが2005年7月です。そのお陰で10年、走り続けてこれました!!現在、フットケアを健康増進から介護予防、そして足病予防に、取り組んでます。最期まで自宅で、住み慣れた地域で過ごしたい!その思いを皆で一緒に支援していきましょう。

      3
      テーマ:
  • 19Sep
  • 25Jul
    • 介護保険サービス縮小???

      厚労省は7月20日、訪問介護のうち掃除や調理、買い物など「生活援助」のサービスについて、要介護度が低い軽度者に対する給付を縮小する方向で検討すると発表。また財務省は、車いすや介護ベットなど福祉用具のレンタルとバリアフリー化する住宅改修に関しても、軽度者は原則自己負担とするよう求めている。生活援助縮小の検討対象は要介護1、2具体的には軽度者向けを介護保険対象から外して市町村の事業に移す案や事業者に支払う報酬を引き下げて保険財政の支出を減らす案があります。今後は75歳未満のサービス利用料を2割に引き上げる案や現役世代の保険料負担見直しも議論していくことになるとのことです。何か矛盾を感じるの私だけでしょうか?高齢になって在宅で生活を続けていくためにもう一度、原点に戻って検討したらどうでしょう。財源・・・も大事なことではあると思いますが。我が家のチャーリー先生と空を見上げて考え中。

      20
      テーマ:
  • 02Jun
    • 歩く力は 生きる力

      真室川町「永寿大学講座 開講式」で講話させていただきました。この大学のねらいは、高齢者の方々がこの講座を通して健やかで元気に楽しく、生きがいのある生活を過ごすこと。テーマ:歩く力は生きる力~健康は足元から~寝たきりになりたくない。家族に面倒をかけたくない。老人ホームには入りたくない。など。色々な不安があるようです。人生さいごまで自分の足で歩いていたいとのこと。そうですよね。でも高齢になると色々と不都合なことが多くなってきます。工夫して生活することが大切です。転びやすいのであれば転びにくい環境をつくること。家の中を整理すること。足元を明るくすること。スリッパは危険です。靴も大事です。また足にトラブルがあっても危険です。足腰を鍛えるのも大切なのですが、その前にご自分の足をチェックしてみましょう。グー チョキ パー できますか?かかとの上げ下げ スムーズにできますか?もし歩くことが困難になったとしても色々な工夫で自宅で過ごすことができますよ。排泄さえ自分で何とかなれば大丈夫だと思いますよ。またピンピンコロリを望まれている方が多いですがもし自分の家族が突然、亡くなったら悲しすぎます。私の希望は「せめて1週間は話せる時間が欲しい」最後のお別れの挨拶ができるかなと思っています。「いい人だったね~」は1週間wwwwみなさん爆笑!!笑うあなたに福が来る  失礼しました。

      29
      テーマ:
  • 17May
    • 助けてください!

      「助けてください」爪切り難民の叫びです。80代男性。昨年の春に奥様を亡くされて一人暮らしです。歩行が不安定であり、また片目が失明しています。足の爪が伸びてくると歩くときに不安定になるのだそうです。主治医に相談したが爪切りをしてもらえなかったとのこと。ある時、足の血流の検査のため某クリニックに行き爪切りをしてくれる人がいるよ紹介されたとのこと。訪問して爪切りを終えて帰ろうとしてからが長い・・・・よほど気分が良かったのでしょうね。庭のお花の自慢・・・・話すこと30分。近所のお友達が様子を見に来てくれて「そろそろ返してあげたら」と助けてくれましたwww「また助けてくださいね」と次回、訪問の約束をして帰ってきました。

      13
      テーマ:
  • 17Apr
    • 熊本地震の情報まとめ

      【熊本地震の情報まとめ】 必要な方に届きますように。。。 ================ ◎公衆電話マップ(熊本市内無料 4月16日 9時43分現在) https://www.ntt-west.co.jp/…/m…/guidemap/118079470_470557900 ◎熊本市の給水ポイント 4月16日(第7報)19:30現在 http://www.city.kumamoto.jp/kinkyu/pub/default.aspx?c_id=3  ※熊本市内水道局に直接行けば、ほぼ待たずに一人6Lのお水がもらえるそうです(駐車場有) ◎災害に伴う道路情報 http://cyber.pref.kumamoto.jp/…/Content/asp/topics/topics_l… ◎熊本県避難所マップ http://crisis.yahoo.co.jp/shelter/list/43/ ◎Google災害情報 避難所 ルートマップ https://www.google.org/publicalerts?hl=ja ◎ペット同伴避難受入れ施設~熊本市「竜之介動物病院」 https://www.facebook.com/akihiko.tokuda ◎炊き出し&支援物資集積地点 https://www.google.com/maps/d/viewer…  益城町役場 グランメッセ熊本 熊本県民総合運動公園陸上競技場 弓削小学校 長嶺小学校 月出小学校 西原小学校 龍田小学校 託麻西小学校 託麻北小学校 帯山小学校横◎人工透析をされてる方へ透析可能な医院です(16日7:00現在) http://saigai-touseki.net/result/ ◎熊本市内で緊急時の無料WIFIが利用可能 http://news.mynavi.jp/articles/2014/05/27/00000japan/… 「設定」→「WiFi」開き、SSID→ 00000JAPAN に接続 ◎42ヶ所の施設で無料の充電サービスが提供 http://mobilelaby.com/blog-entry-free-battery-charging-spot… ◎NHKニュース、スマホで同時提供中です http://www3.nhk.or.jp/news/live/index.html ◎ライフライン情報 http://kumanichi.com/saigai/ https://www.facebook.com/KUMANICHIs/ ◎災害対応型給油所一覧 http://www.zensekiren.or.jp/08syohisya/0807/01/01#kumamoto ◎通れた道マップ http://www.toyota.co.jp/jpn/auto/passable_route/map/ ◎災害伝言ダイヤルhttp://www3.nhk.or.jp/ne…/html/20160414/k10010479371000.html ◎画像の入浴施設が無料開放してる下さってるそうです。 ==================== ◎こちらは支援向け情報◎ ・【熊本地震速報】災害・寄付・ボランティア情報まとめhttp://volunteer-platform.org/emg/jishin20160414/ ・益城町役場http://www.town.mashiki.lg.jp/default.aspx?site=1 ・【熊本城】一口城主制度 (熊本城復元整備事業の財源に充てられます)http://www.manyou-kumamoto.jp/event/castle.cfm?id=480 ・ネットで寄付・提供ができるサイトの情報https://peraichi.com/landing_pages/view/prayforkumamoto… ・避難所用間仕切りシステムへの寄付金http://www.shigerubanarchitects.com/…/2016_kumam…/index.html ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・NTT WEST Official Web siteNTT西日本の公衆電話検索ページです。府県・郵便番号といった住所情報や、地名・施設名・駅名などのランドマーク情報から、最寄りの公衆電話の位置を検索し、地図表示が可能です。WWW.NTT-WEST.CO.JP

      15
      テーマ:
  • 02Apr
    • 足が痛い・・・

      歩行訓練をすると足が痛くなり長くできないのです。某デイサービース園長から連絡があり行ってきました。この利用者さんは、歩くと足が痛いというので理学療法士に診てもらったとのこと。爪が変形していて刺さっているのではないか?という指摘があったそうです。看護師も、どう処置したらよいのかわからず整形外科?皮膚科?と悩んでいたとのこと。そこで、緊急SOS!!がきたわけです。これはこれは、爪が食い込んでいますね。足指に力を入れるたびに痛みを感じているようです。看護師、園長に同席していただきどのようにケアをするのか見てもらいました。ケガをさせず、恐怖感を与えず・・・ケアを終えたあとに歩いてもらったのですが「歩いても痛くありません。ありがとう」ご本人、看護師、園長、理学療法士、ともにビックリポンでした。爪の変形が原因で歩けなくなることもあるんですね。今後は、気をつけて観察していきたいと思います。とコメントいただきました。やっぱり足は大切ですね。職員研修会を計画しますということでした。一緒にがんばっていきたいと思います。

      10
      テーマ:
  • 16Mar
    • お茶のお稽古 はじめました。

      最近、お茶の席に招かれることが増えました。作法がわからず、お断りすることも・・・・せめて基本だけでも学びたいと思っていたところ思いがけず、旅館組合の若旦那衆にお声をかけていただき一緒に学んでおります。月2回のお稽古今日で4回目です。「直心是道場」「割稽古」「真」「行」「草」「一客一亭」ひとつひとつに無駄のない所作ふくささばき足さばき今回は柄杓をどうしたらいいんだっけ??手順ばかりが気になり動きが、ぎこちなく情けない・・・流れるような所作ができるようになるのだろうか。。毎日の積み重ねが大事のようです。

      7
      テーマ:
  • 29Feb
    • 「リュックサック」に救われた!

      我が家の息子の実話です。職場の駐車場でのこと。かなり冷えた朝で駐車場が氷でツルツル。思わず足を滑らせてしまい転倒。それも仰向けにストーンてだったとか。もしリュックサックを背負ってなければ頭を打っていただろうと言ってました。リュックサックのおかげで命拾いしました。転倒予防にリュックサック!!#転倒予防

      4
      テーマ:
  • 19Feb
    • 日本の平均寿命 古い記録

      日本の平均寿命の一番古い記録の記事がありました。1891年 明治24年~明治31年のものです。男性 42.8才女性 44.3才織田信長 謡人間五十年 下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり現在は男性 80.21才女性 86.61才明治時代と比較するとなんと倍、寿命が延びました。この時代に不健康寿命は、どれくらいあったんだろう。今と何が違うのだろう・・・・栄養?医療?もっと何かがありそう・・・ですね。

      3
      テーマ:
  • 16Feb
    • 雪道で大活躍!!

      先日の「フットケア外来」の患者さん雪道は滑るので、スパイクをつけてきましたしかし病院などの床では滑りやすいので気をつけてくださいね、と言うと安心してください。取り外しできますからとのことww昔はね、藁をまいていたんだとも教えていただきました考えるものですね~

      2
      テーマ:
  • 01Feb
    • 転びやすい町?

      高齢者の健康度をいろいろな指標で比べると市町村でかなりの差があることが分かってきた。(2月1日 山形新聞より)指標で見ると、転びやすい町と転びにくい町があり毎日30分以上歩く人を増やすと、町レベルで転倒が減らせそうなことが分かってきた。健康な町づくりで介護予防に役立ててもらいたい。日本老年学評価研究(JAGES)が報告しています。ただ、歩くと転倒が減るのか転ばないから歩けるのか・・・確かめる必要があると千葉大、近藤克則教授の言葉です。高齢者の転倒防止に向けた町づくりには歩くことや外出を増やすための会合の設定環境の整備などをしていくことがよさそう・・・・とまとめられている。転倒を防止するのに歩くことだけでいいのでしょうか?歩くための「足」「靴」の問題は?????環境の整備の中に加えて欲しいですね。

      1
      テーマ:

プロフィール

ウエルネスケア

自己紹介:
あなたの足を守りたいと2005年に開業!! 美・介護・医療の統合ケアが必要と奔走中。 フットケアとは...

続きを見る >

読者になる

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス