『 あなたの足を守りたい』 

  • 19Sep
    • 70歳以上20%超え

      総務省推計によると65歳以上の高齢者が 3557万人となり過去最多を更新したと発表された。また70歳以上は 2618万人で総人口の 20.7%を占めており国民の5人に1人に相当とのこと。社会保障制度の見直しが早急に必要と何年も前から叫ばれているのだがどうなっているのだろうか。他人事とは思わずひとりひとりが考えていかなければいけない問題だと思う。安心して暮らしていくのには最低限何が必要なのだろうか・・・

      1
      テーマ:
  • 08Apr
  • 11Mar
    • 健康寿命 ますます長く

      3月9日 厚生労働省が2016年の健康寿命」を公表しました。「健康寿命」とは、介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送れる状態のことです。男性 72.14歳女性 74.79歳前回調査の13年に比べて男性 0.95歳女性 0.58歳  延びました。元気に過ごせる期間が、ますます長くなったようです。厚労省担当者によると健康のためには栄養管理や運動習慣が大切との啓発を進めてきており、意識が高まった結果ではないかと分析しているようです。「健康寿命」を延ばすには、まず自分の足で歩けること。あなたの「足」を守りたい!生きるための「足」大切にしていきましょう!

      6
      テーマ:
  • 02Mar
    • 「足の健康相談室」のご案内です!!

      第46回【足の健康相談室】開催のお知らせです。月に一度の足の相談室、開催です。今年の雪には参りました。毎日毎日、除雪除雪。疲れすぎて足の手入れを怠ったら・・・・・かかとがガサガサになってしまいました。トホホみなさんは大丈夫ですか?「春よ早く来て~」足のトラブルでお悩みの皆さん、はぴなすたいる整体院鶴岡で足のケアをうけてみませんか? かかとのカサカサ、外反母趾、ウオノメ、タコ、、巻爪など、足のケアはどこに行けばよいかわからないという方もたくさんいます。月1回開催の「足の相談室」お気軽にご相談ください。【日 時】平成30年3月17日(土)10:00~17:00【場 所】はぴなすたいる整体院鶴岡     鶴岡市伊勢原町2-137       TEL 0235-24-5442【メニュー】フットケア(約30分)2500円~足浴のあと、いずれかを選択していただきます。① 爪のケア② 角質ケア③ フットトリートメント④ リフレクソロジー※Facebook等でも告知していますので、定員になり次第締め切らせて頂きます。#フットケア #足の健康相談室

      6
      テーマ:
  • 09Jan
    • 今年 初めての「足の相談室」のご案内です

      明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。第44回【足の健康相談室】開催のお知らせです。月に一度の足の相談室、開催です。足のトラブルでお悩みの皆さん、はぴなすたいる整体院鶴岡で足のチェック受けてみませんか? 外反母趾、ウオノメ、タコ、かかとのカサカサ、巻爪など、足のケアはどこに行けばよいかわからないという方もたくさんいます。月1回定期的に足のセルフケアの場を設けますのでお気軽にご相談ください。【日 時】平成30年1月27日(土)10:00~17:00【場 所】はぴなすたいる整体院鶴岡     鶴岡市伊勢原町2-137       TEL 0235-24-5442【メニュー】フットケア(約30分)2500円~足浴のあと、いずれかを選択していただきます。① 爪のケア② 角質ケア③ フットトリートメント④ リフレクソロジー☆お申し込みはFacebookの参加ボタンを押して下さい。※Facebook以外でも告知していますので、定員になり次第締め切らせて頂きます。#フットケア #足の健康相談室子供も参加可能 子供も参加可能

      10
      テーマ:
  • 02Jan
    • 明けましておめでとうございます。

      今年は新居でこころ新たに新年を迎えました。家族が揃いお屠蘇をいただき一年の無病息災と健康を祈願して飲みかわしました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。あなたの足を守りたい ウエルネスケア代表 鈴木由利

      4
      テーマ:
  • 14Dec
    • 特養ホームにて「爪切り指導」

      大雪のなか、特養ホームに行ってきました。道路はツルツル、時々視界が悪くなるほどの地吹雪もう、どうなることかと思ったのですが・・・思ったほど時間もかからず到着しました。しかし、ホームの雪がすごい!!ここのホームでは入居者さんの足をチームで観察、記録を続けています。介護職がやること、看護師がやること何を見るのか、何が必要なのか、何が危険なのかなど共有したいとのこと。また、嘱託医との連携もとれているようです。この爪は、どうやって切ったらいいの?厚くなった爪は、やすりで削るの?変形した爪は、どこまで介護職でできるの?など毎回、熱心に聞いてくれます。入居者さんも、職員の熱心さが伝わるのでしょうか。「きれいにしてくれて、ありがとう」と優しく声をかけてくれます。いつもは機嫌が悪い方もニコニコしてくれるのでやりがいがありますと職員も喜んでました。次回は3月に訪問予定です。その頃には、雪も消えていることでしょうね。

      4
      テーマ:
  • 02Dec
    • 息子に教えてもらったコミックマンガがすごい!

      もう12月ですね。久しぶりの投稿です。先日に息子に「ほら!」と渡されたコミックマンガ。マンガをほとんど読まない私には何のことかさっぱりわからず・・・「マンガ?ん?」「読めばわかる」「付箋しておいたから」と手渡されました。フットボールネーション 著者大武ユキほー!!これは、すごい!!足の専門書?と思うほど足について詳しくわかりやすく書いてあります。NO.102浮指足首から下の「足」部分に無頓着すぎる。と指摘グーパーができれば痛い膝と腰は治る。と書いてある。NO.103上履きなんで人間は靴を履くのか?ちゃんとした「靴」は命を守ります。と書いてある。これは、素晴らしい「足の専門書」ですね。膝、腰が痛い方足のトラブルのある方足に係わる職種の方子育て中のお母さん学校の先生スポーツ指導者色々な方に読んで欲しいと思います。息子よ、教えてくれてありがとう!!

      4
      テーマ:
  • 12Sep
    • 第41回【足の健康相談室】開催のお知らせ

      第41回【足の健康相談室】開催のお知らせです。月に一度の足の相談室、来月は9月30日(土)開催です。足のトラブルでお悩みの皆さん、はぴなすたいる整体院鶴岡で足のチェック受けてみませんか? 外反母趾、ウオノメ、タコ、かかとのカサカサ、巻爪など、足のケアはどこに行けばよいかわからないという方もたくさんいます。月1回定期的に足のセルフケアの場を設けますのでお気軽にご相談ください。【日 時】平成29年9月30日(土)10:00~17:00【場 所】はぴなすたいる整体院鶴岡     鶴岡市伊勢原町2-137       TEL 0235-24-5442【内 容】フットケア(約30分)2500円~足浴のあと、いずれかを選択していただきます。① 爪のケア② 角質ケア③ フットトリートメント④ リフレクソロジー定員になり次第締め切らせて頂きます。#フットケア #足の健康相談室子供も参加可能

      19
      テーマ:
  • 23Aug
    • 爪が刺さって痛い!!立ち上がりが困難です。。。

      訪問リハビリのスタッフからこんな依頼です。「立ち上がりが困難で、訪問リハビリに伺っているのですが、なかなか改善しないので何か他に原因があるのでは?と思って足をよくみると、爪が食い込んでいて痛みがあるとのことでした。」とくにリハビリには関係ないと思っていたらしく痛みを我慢して立ち上がりの訓練をしていたそうです。フットケア外来を紹介したそうですが遠いために通院できないとのこと。近隣のクリニックを受診、親指の爪の両脇を抜爪手術をしてもらったとのこと。訪問してわかったことうまく抜爪できてないところがあり爪が刺さったままになっており、それが皮膚を圧迫して痛みとなっていました。痛みの原因となっている爪を取り除きました。その後、訪問してみると痛みもなく快適とのこと。さらに驚いたのは、しっかりご自身の足で立っていることゆっくりだが歩行もできているということ。むくみも改善し、穏やかなお顔で安心しました。こちらも嬉しくなり、訪問後は自分にご褒美!!先輩のお蕎麦屋さんで、粗引きそばを堪能しました。

      4
      テーマ:
  • 12Aug
    • 特養ホームにて「爪切り指導」

      先日、特別養護老人ホーム「桃寿荘」の看護師対象に爪切り指導に行ってきました。先月、全体研修会で「爪切り」研修会を行っており利用者の爪切りに関わる業務を細分化することでそれぞれの職種の業務が安全にかつスムーズに行われることを最優先することを提案しました。まずは、職員が情報を共有すること看護師がやること、介護職がやること等を明確にすることが大事だと伝えたところなんと、利用者おひとりおひとりの足のアセスメントシート爪やすり、言葉やイラストでは、わかりづらいとのことで写真まで用意していました。素晴らしい~。また嘱託医の佐久間先生からの助言もあり爪切りに必要な用具も少しずつ揃えているそうです。モデルになって下さった利用者さんの喜んでいる姿に看護師のみなさんも、喜んでいました。お互い笑顔になれる瞬間て、いいですね~。こちらも嬉しくなります。

      7
      テーマ:
  • 11Jul
    • 特養ホームにて「爪切り」研修会

      7月5日に特別養護老人ホーム「桃寿荘」にて「爪切り研修会」を行いました。仕事を終えてからの時間に職員30名になんと嘱託医佐久間先生も参加くださいました。佐久間先生とは以前、グループホーム回診に同行させていただいた経緯があり、足爪に対して色々な技術をお持ちで、特養嘱託医の研修会も必要だな~とおっしゃってました。研修会の目的は、介護員が安全に利用者さんの爪切りができるようにということ。また介護員ができること、できないことを理解し看護師、医師、家族と連携していくこと。とのことでした。爪の役割とは?なぜ巻き爪になるか?肥厚爪になるか?正しい爪切りとは?安全な爪切りとは?座学のあとは爪切りの実演相モデルでの爪切り、やすりを使っての整形佐久間先生にも指導していただきながら楽しい研修会となりました。今後はチームを作って利用者さんの足爪をケアしていきたいと熱い思いをもった看護師森さんのお話でした。職員の皆さまが、やりがいを持って働ける職場づくりのお手伝いを今後も継続訪問し指導の予定です。

      13
      テーマ:
  • 10Jun
    • 五円硬貨がピカピカに!!

      上棟式に使う、五円硬貨150枚、きれいなものが欲しいと郵便局に行ったら「新しい硬貨はありません」と断られた・・では銀行はどうかなと行ってみたら「新しい硬貨はありませんが・・・・お時間ありますか?きれいなものを選んで両替いたします」との対応!!素晴らしい対応ですね。もちろんお願いいたしました。「できるだけきれいなものを選んだのですがもし汚れがきになるようでしたらソースで磨いてみてください」とのこと。「ソースですか?」「はい、ソースです。とんかつにかけるソースです」「では、やってみます」帰ってさっそくやってみたのですが・・・・ソースでは思ったほどきれいになりませんでした。まして150枚を磨くとなると・・面倒だし・・・そういえば以前、ブログで紹介していた友人がいたな~と思い出し、電話しました。「サンポール」だとピカピカになりますよ。と教えていただきました。N子さん、ありがとう。ほ~!あっと言う間にピカピカになるではありませんか。すばらしい~そして一枚一枚に水引をつけました。間もなく上棟式。餅まきやりますよ~

      10
      テーマ:
  • 31May
    • 巻き爪の原因と予防法について

      これからの季節、素足になる機会が多くなりますね。巻き爪でお悩みの方にぜひ読んでいただきたい。巻き爪の原因を知って、巻き爪を予防しましょう。「巻き爪」とは、足の爪先が内側に湾曲した状態のことです。そのため皮膚にくいこみ痛みや腫れを引き起こします。また、傷口から細菌が感染することもあります。では、原因と予防についてご紹介しましょう。【①正しく足の指を使って歩いていますか?】我々は歩行の最終着地で足趾に約40%の体重がかかっているとされ、その大部分が親指にかかるとされています。その力によって均衡が保たれ爪が巻き込まないのです。【正しい歩き方】【②不適切な爪切りをしていませんか?】短すぎる深爪、丸切り、三角切りなども巻き爪の原因になります。これも①で紹介したとおり歩行時に足趾に力がかかった時の負荷が爪をくいこませてしまうのです。【正しい爪の切り方】【③足に合った靴を履いていますか?】窮屈な靴は、足の指や爪を圧迫してしまいます。また大きめな靴は、足が靴のなかであそんでしまい、靴の先端にぶつかることで、これも指や爪に負担をかけてしまいます。【足に合った靴の選び方】靴は靴ひもで足の甲を固定できるタイプ。幅がきつくなく、爪先に1㎝程度の余裕があること。かかとがぴったり合い、ヒールカウントがしっかりしているものを選びましょう。インソールの使用で予防になります。【④他には、】外反母趾、浮指、機能異常、遺伝もあります。また白癬菌などの疾患も巻き爪を引き起こします。妊娠も巻き爪をひきおこすこともあります。詳しくは フットケア通信Vol.27に掲載しています。http://wellnesscare.jhca.net

      4
      テーマ:
  • 21May
    • 我が家の庭が「春爛漫」

      久しぶりの投稿です。つい3ケ月前は白一色だった我が家の庭が色ろとりどりの花で賑わってます。「牡丹」「トキソウ」「エビネ」「サクラソウ」「シュウカイドウ」??「蛙」ww「すずらん」「クリンソウ」「オダマキ」「藤」

      7
      テーマ:
  • 11Feb
    • 2月10日は「フットケアの日」の出来ごと

      昨日、2月10日は「フットケアの日」でしたね。午前中は「フットケア外来」でお仕事。昨日の最高齢の患者さまはなんと、今月の誕生日で99歳の女性!!「あ~し~が~痛~い~」と息子さんに連れられてやってきました。それもそのはず、くつの中に石ころが入っていたのですからね。爪切り、タコの処置、マッサージを終えたころにはニコニコされ「あ~り~が~とう~」と帰っていかれました。もちろん、次回の予約をされてね。午後は「フットケア基礎講座」で講師。「家族のために足のことを勉強したい」と講座受講のお申込みをいただきました。話を伺ってみると昔、母の足の爪を切ってあげた時に血を出してしまいいまだにトラウマになっているとのことでした。それが原因で、義父母の爪を切ってあげることができずもうしわけなく思っているのだそうです。勉強して義父母に足のケアで恩返しをしたいとのことでした。午前も午後も、足に関わった一日でした。足の爪が伸びたから巻き爪がささって痛いからかかとがひび割れて痛いから外反母趾が痛いから偏平足で疲れるからタコが痛いから・・・・・すぐに命にかかわることがないからと、放置していませんか生活の質を下げていませんか足元から健康を目指しましょう。

      22
      テーマ:
  • 07Jan
    • 1月7日は「七草爪」

      1月7日は人日の節句そして七草粥を食べる日ですね。そして意外と知られていないのが「七草爪ななくさづめ(七種爪)」の日でもあるのです。新年になって初めて爪を切る日です。七種を浸した水に爪をつけ柔らかくしてから切ります。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろこの日に爪を切ると、邪気を払うことができその年は風邪をひかないと言われています。正月松の内の様子を描いた歌川国貞の「春遊娘七草」シリーズから。

      15
      テーマ:
  • 05Jan
    • 明けましておめでとうございます。

      明けましておめでとうございます。今年の仕事始めは、庄内余目病院フットケア外来でした。2008年6月に開設の外来、のべ8000人の足をケアしてきました。フットケア外来に来るのが楽しみ、助けられた、ありがとうという患者さんに、たくさんのこと学ばせていただきました。今年も、チームの一員として患者さんの足を守ります。これくらいなら大丈夫だろう、医者に行くほどではない、と放置せず早めに受診することをおすすめします。今年も宜しくお願いいたします。

      2
      テーマ:
  • 29Dec
    • 今年一年、ありがとうございました!

      今年の仕事納めはフットケア外来でした。この外来は糖尿病の合併症である足病変を予防する外来です。合併症のひとつに、末梢神経障害があります。足の感覚が鈍くなり、ささいな傷から壊疽をおこすことがあり感覚チェックをしてます。「ここは、どこですか?」という質問に珍回答・・・「余目病院」間違いないのですがねww「およよび」う~ん残念「ちちふまず」わからなくないのでスルーww「あぐど」これは庄内弁で、かかと、なので正解。和やかな外来です。とは言え・・・・痛みを感じにくくなっているため「痛くないから・・・」「困ってないから」と通院をやめる患者さんもいるのも事実。だったら「通いたくなる、フットケア外来にしよう」と2008年6月から、述べ8000人のケアしてきました。どうして?なんで?の日々フットケア外来がなかったら、足を切断していたかもという患者さんの声を励みに来年もがんばります。あなたの足を守りたい!!救いたい!!

      3
      テーマ:
  • 21Dec
    • JA鶴岡「あぐりセミナー」

      12月14日は 今年ラスト、講演のお仕事でした。JA鶴岡「あぐりセミナー」 ~健康は足元から~参加者88名とのこと・・・年齢もさまざま・・・そして初めて見る講師に、みなさん緊張している様子これは困ったぞ・・・まずは自己紹介からですね名前は 鈴木由利です。ここで産まれてここで育って、お婿さんをもらって・・・娘は嫁に行き子どもがいます。息子は嫁をもらって同居してます。今日は、姑先輩のみなさんに仲良く暮らすコツを聞いていきたいと思っています。はい、ここで爆笑!!緊張がほぐれたところで、いつもの「健康は足元から」をお話してきました。高齢になると転倒し骨折、そして寝たきりになると知っているとは思うのですが。どこの骨を折るとそうなるのか知らない人がほとんどです。「大腿骨」と名前は知っていてもどこの骨かわかりますか?「だいたい、このあたり」という答えが多いですよ。」ここ笑うところ・・90分 大笑いしながらの講演でした。参加者の皆様からいただいた感想「足の大切さを実感できた」「老後しっかり自分の足で歩ける様に頑張ります」との声が多く寄せられたそうです。ありがとうございました。

      6
      テーマ:

プロフィール

ウエルネスケア

自己紹介:
あなたの足を守りたいと2005年に開業!! 美・介護・医療の統合ケアが必要と奔走中。 フットケアとは...

続きを見る >

フォロー

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス