11月16日 JA庄内たがわ温海支所女性部研修会にて
「健康は足元から」と題してお話してきました


平均寿命が伸びることは喜ばしいことなのですが
健康寿命との差があることが問題ですね
女性はなんと12年もの不健康な期間があるのです
この12年の間には「介護」という期間も含まれますね


「介護」認定の条件とは
歩くのが不安定 立ち上がりが不安定
そして不安定から困難になることで
介護サービスの利用が始まるのです

だから歩くための「足」が大切なんです

介護を必要とする要因について
1位 脳血管疾患 これは生活習慣病の予防が大切
2位 高齢による衰弱 これは誰にでも訪れます
3位 転倒・骨折 そして寝たきりにつながります

転倒予防にフットケアをおすすめします

足をきれいに洗ってケアをすること
正しい爪切りをすること

足指体操 グー・チョキ・パー
かかとの上げ下げ運動

これを毎日行うことで健康な足を維持できます

と真面目なお話をしているはずが・・なぜか爆笑



笑いはどんな薬よりも効く!と言われているので
モルヒネの数倍の・・・この話をすると長くなるので


みなさん、最期までご自身の足で歩いてくださいね
家族の足をチェックしてみてください

足からの健康!今日から実践して下さいね
たくさんの拍手をいただきました


帰りにはお弁当と米油をおみやげにいただきました
ありがとうございました