介護者のつどいで講演

テーマ:
2月8日 デイサービスたかだて、介護者のつどいにて
「健康長寿は足もとの手入れから」と題しておはなししてきました

介護する側の家族が健康であることが大事です。
身体の健康、心の健康、どちらも大切です。

男性の介護は「懺悔介護」
 申しわけない・・俺が悪かった・・無口・・うつ・・
女性の介護は「仕返し介護」
 だから言ったでしょ・・?今までの仕返し?・・おしゃべり・・
と違うのだそうです。

ところで、みなさんはご自分の足、見てますか?
グーできますか?巻き爪で悩んでいませんか?足首曲がります?
介護する人の足が健康でないと介助が大変ですよ。
腰にも負担がかかってしまいます。
正しい足のケアで、しっかりふんばることのできる足を目指しましょう。

介護をうけている家族の足をみてみましょう。
足の指、動きますか?足首、動きますか?
立つときに足に力があれば介助するとき、お互いに楽になりますよ。

悩みは一人で抱えず、デイサービスの職員に声をかけましょう。
「ありがとう」「ありがとう」お互い笑顔を絶やさずにいきましょう

いいことがあるから笑うのではなく
笑うからいいことがあるのです さあ笑いましょう

あはは・・・・賑やかなつどいとなりました

最後に104歳の姑さんを介護している80代の女性が
涙ぐみながら「今日は来て良かった、いいお話だった・・」と
色々な思いがあったのでしょうね。
地域みんなで支えあっていきましょう おたがいさまですから 

 
 




AD