寒い立春 『立春大吉』

テーマ:

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ようこそ PIYOKICHI の ブログ へ



今日 2月4日は立春

節分の翌日
二十四節気の一つで、初めて春の気配が現れてくる日


冬至と春分の中間に当たり、
九州など暖かい地方では梅の便りも聞かれる頃。。。



しかし、今日は寒かったですね。
関東地方や北陸などは 降雪・積雪で
交通機関の乱れのニュースも届きました。


大阪も、朝よりお昼からの方が
どんどん寒くなってきました。



暦の上では、今日から春ですが、

この日が寒さの頂点となり
翌日からの寒さを 「残寒」 または 「余寒」 といい、
手紙や文書等などでも、時候のご挨拶は こう変わります。


知っておきたい “手紙のマナー” ですね。




もうひとつ、只今趣味と実益を兼ねて勉強中の
算命学や四柱推命では、
カレンダーではなく二十四節気を使って季節を区切ります。


立春とは 暦の上で春に入る日、
そこで、「立春」 当日をその年の「節入り」 と称します。

すなわち、「干支」の変わる「節」であり、
「立春」 からが、新しい年の干支に入ることになるのです。

2014年 甲午の年 2月4日 
節入り時刻  07時03分

新しい年のスタート です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


立春の早朝に、禅寺では 『立春大吉』 と
書した紙を、門に貼るという習慣があるそうです。


 意味は「謹賀新年」に近いらしいのですが、
この文字は縦書きにした場合、左右対称になるために、
この立春からの一年間に災難などに遭わないという
厄払いのようなものとなっています。

 
今も民家で、一年間災難に合わないようにとのおまじないとして、
「立春大吉」の文字を、墨で半紙や和紙に書き、
立春の日に柱などに貼っておくところもあるようで…



  
  
書いてみました。 『立春大吉』
  


円安・株価続落 領土問題・歴史問題

ここしばらく、世界経済も、外交も
少々怪しい展開、先行不透明です。

個人的にも、公私ともに問題がなかなか解決しない
停滞状況・・・で、苦しいところなのですが、


ソチ五輪も間近。

なにわともあれ

『立春 大吉』 !(みどり)   


良い方向に向かうよう祈ります  大吉   大吉   M*新年  


明日は、今日より冷えるとか。
お仕事の皆さま、お気をつけてお出かけ下さい。




長いブログを最後までお読み下さりありがとうございました



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  今日も お立ち寄り ありがとうございました