St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。

ボランティア活動。

アメリカでは
ボランティア活動をして地域に貢献することが重要視されています。

学校にいる間にできます。
自分で探してこなくても、学校でボランティアをする機会が幾度となく提供されます。

放課後や週末に、
難民の子供に英語を教えたり、
老人ホームに行って楽器を演奏したりと
様々な種類の活動があり、
自分に合ったものを選ぶことができます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
「クラブ」という言葉を
日本語で「部活動」の意味で使うことがありますが、
英語では違います。

CLUBSとは同好会とか委員会のようなものです。
真剣なもの、
活動しているのかもわからないもの
など様々です。

真剣なのはたとえばThe Pelicans。
伝統あるClubで定期的に学校内の新聞を発行しています。

またDebateでは
幼いころからディベートの訓練を受けてきたような生徒たちが
しょっちゅうコンテストに参加しています。

他には、
Fundefiedというダンスグループは
有志で集まってバスケの試合のハーフタイムに披露したりします。

The Japanese Society, Korean Societyのように
ある国や文化に携わる人で集まって文化を広める活動をしているClubもあります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
放課後に取り組む部活動のようなものです。
他校との試合が週に1-2回あります。

日本の運動部とは違う点もいくつかあります。

1つ目は学期ごとに参加できるスポーツが違うということ。
たとえば秋学期はサッカーとフィールドホッケー、
冬はスキーとバスケ…などと決まっています。
決められた学期以外の期間は練習や試合はありません。
日本の部活のように、ひとつの部活を毎日、1年中続けることはありません。

2つ目は定員が決まっていること。
日本の部活のように入部希望者全員が入部できるわけではありません。
定員以上の希望者がいる場合は、
1週間ほどのTry Out(オーディション期間のようなもの)が設けられ、
監督に選ばれたものだけが入部できます。

3つ目はひとつのスポーツでもレベルによって3チームに分かれること。
レベルの高い順にVarsity、 Junior Varsity(普通JVと略される)、Clubと呼ばれています。Varsityは最高レベルで、練習頻度も一番多い。
Junior VarsityはVarsityに一歩及ばず。
Clubというのはほかの2つとは少し違った位置づけ。
真剣みはほとんどなく、他校との試合もありません。
楽しむことが目的だったり、
課外活動の参加が義務付けられているという理由だけで参加する人も。
この3つのチームは交わることはほとんどありません。
監督、コーチは別々で練習も一緒には行いません。
Try OutもVarsityとJunior Varsityでは別々です。
JVでパフォーマンスが良いからと言ってVarsityに上がったり、
VarsityからJVに下がったりすることもありません。




ちなみに「部活動」について。
上で日本とアメリカの運動部の違いについて書きましたが、部活動一般にいえる違う点がほかにもあります。
日本では部活動は、運動部と文化部合わせて部活動ですが、アメリカでは、部活動というひとつのくくりはありません。日本では
また日本ではオーケストラと運動部に両方参加している人(「兼部」)は少ないですが、アメリカではたくさんいます。練習時間も重ならないように設定されていて、どちらかを犠牲にする必要はありません。アメリカの学校では、生徒が幅広い分野の活動に参加することを可能で、また推奨されています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
{CDFA9C1A-2C05-45B1-BF6C-BC2BD0A155BC:01}

誕生日間近ということで、
アドバイザー
という人がケーキを焼いてくれました♡
セントポールでは、先生たちは、教室で教えるのみならず、アドバイザーという役割も持っています。
アドバイザーにはそれぞれ、5~6人の生徒が割り当てられていて、
勉強面、生活面の
『アドバイス』
をする。
セントポールでは全寮制で親が周りにいないので、
親の代わりのお世話役みたいなもん、
と私は考えてる。
アドバイザーとは頻繁に会って、友達のように会話をして、仲良くなるのが普通かなー
私は自分のどうでもよい日常を話したり
宿題したくてもすぐFacebook見ちゃうんだけど、とか愚痴ったり。
また、いじめを受けてるとか、目撃した、とか
そういう深刻な事態があっても、
安心して何でも話せる大人が一人はいる
という心強さもあります。
もちろん、そういう事態をアドバイザーに伝えると、
他の先生は生徒との話し合いの仲介など
手を打ってくれます。

とにかく私のアドバイザーはものすごくいい人♡


さて、今日の本題。
前回の投稿で、Student Lifeにぴったりの日本語は何だ?と迷った挙句、
自分でも納得のいかない日本語を当てましたが、
今回のタイトルは
Choir

Extracurricular Activities

訳すのを諦めたという始末ですAnnaです。

Extracurricular Activitiesというのは
授業以外の活動のこと全般を指す。
芸術とかスポーツとか委員会とか部活とか。
SPSでは複数のExtracurricular Activitiesに取り組むのが一般的。
運動部だから音楽をやる時間はない。。
という状況は存在せず、
学校側も生徒がいろいろな分野に手を出したいのを前提に
考慮してくれてます。
例えば、運動部の練習は3:30-6:00、
Choirの練習は夜7:00から、というように被らないようにしてある。

私のExtracurricular Activitiesの中心はChoirかな
Choirとは合唱のことです
発音は
くわいあー
です。何とも変で、個人的に昔から納得いきません。まあいいや、

私は特に上手くないです。
でも、とにかく歌うのが好きで好きでしょうがない人です。
3度の飯より、カラオケ。
と本気で思うときもあります。(嘘です、ごめんなさい)
でも本当に本当に大好きです。
Choirは実は数あるExtracurricular Activitiesの中では、
スポーツの次くらいに練習が忙しい。
週4で練習がある。しかも、夜の宿題で忙しい時間帯に。
でも、私は、今年でChoir3年目ですが







Choirの練習に行くのが面倒だとか、
こんな時間があったら宿題やって、早く寝たほうがマシだとか
思ったことはありません。
それくらい歌うのが好きなんです。
歌うのはHymnといって讃美歌がほとんど。
それがまたいい曲ばっかなのよ(*´▽`*)

Extracurricular Activitiesをたくさんやっていると
大学受験のときに有利と言われているせいか、
周りのChoirのメンバーの中には、
練習の多さに嘆きながら
無理してChoirに留まる人もいますが
私は
こんなに楽しい娯楽?のようなことがSPSでできて本当に幸せです。
Choirがなかったら、
私はこのコンコードのカラオケのない土地で
こうして3年目を迎えることはなかったに違いない。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
さて前回いきなり
とある楽器、carillon の話をし始めましたが

その理由は
ワタクシ、この3月から
この楽器を演奏するサークル?的なものに入りました。

5人のグループで、規模はちっちゃいけど
でも演奏するとなると
全校に聞こえちゃいますから
結構責任重大。

私はまだ一曲しか弾けないけど。
でも楽しい!
グループに属して音楽をやるってのはずっと夢だったの!
私はちっちゃい頃からピアノばっか弾いてて、
でピアノってオーケストラとか吹奏楽とかに含まれないから
なんか孤独だなー別にいいけどよー
と、ふてくされてたわけよ。
で、
今回この団体の案内を見て、
これだ!!!と思った。
鍵盤だからピアノの経験活かせるし、
何より、
音楽を人と一緒にできる機会キターーーーーー♪───O(≧∇≦)O────♪

てなった。
これからどんどん曲覚えるだぞ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。