St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。


テーマ:
みなさま、こんにちは。
Aoiです。


日本では時差の関係でもう過ぎてしまったかもしれませんが、アメリカでは今日は4月1日です。エイプリルフール!さすがアメリカ、朝のチャペルでも色々な凝った演出がありました。

こちらでは本当に大人から子供、先生から生徒までイベントを楽しみます。今日は先生方でも嘘をつきます。私のクラスでも今朝、先生に予告されていなかったクイズをやる、という嘘をつかれました。いくら4月1日で覚悟をしているとはいえ、勉強が生徒の本分。やはり急なクイズというのはみんなを焦らせます。しかし、嘘だよーと言われたり、偽のクイズをもらったりすると、やっぱりそうかーと思えてきてとても面白いです。

アメリカでは他にも、イースターやハロウィン、サンクスギビング、バレンタインなどのイベントは基本全力で楽しみます。ハロウィンでは授業に仮装で来る子もいますし、学校のあとも、仮装してイベントに協力的な家(子供のいる家に多い)を回るとお菓子がもらえます。バレンタインは日本とは違い、男女両方から友達や恋人にプレゼントを送ったりします。

他にも、上記のような国をあげたイベント以外にも、ここSt. Paul’s ではtwin day, form day, pajama day, school spirit dayなどがあり、ペアになった二人でお揃いの格好をしたり、学年で決まった色の服を着たり、パジャマで登校したり、スポーツゲームがあるときは応援のためにスクールカラーの赤を着たりします。こういう、日常を楽しむ、という点ではとてもアメリカでの生活はユニークで、楽しいアイデアであふれています。勉強に支障をきたさないどころか、生徒達が楽しめる行事のようなものなので、日本の高校もこういうところに力をいれられるようになると変わってくるのかな、と思います。


今回はそこまで真面目な話じゃない! 


話は230度変わります。
先日友人に指摘されて気づいたのですが、私、Aoiは男性であり、女性ではありません。ネット上にさらすものであるから、と文面上では自分を指す言葉として私を用い、丁寧な言葉を使うように心がけていました。一緒にこのブログを書いているAnnaもMayも女性ですし、よく考えればAoiも女性の名前として通用するものです。もし、勘違いされていらっしゃる方がいましたら、訂正させて頂きます。(性別がこのブログで関係あるか、といえばあまりありません)




ではみなさま、よい新生活2日目、増税2日目、(こちらはまだ4月1日ですが) をお過ごしください。

本日の写真は雪がやっと溶けてきた学校。







ほいほいほい。みなさん!
だまされましたかー?
こちらはまだ4月1日であると十分に強調したつもりなのですが!
わたしどうどうと嘘をつきました!
私、Aoiは正真正銘の女の子であり、男の子ではありません。
まあ、よく考えてみれば、 今までの記事にいろいろなヒントがあるのでわかるとは思うのですが!
どうでしょう汗。
(え?嘘つくの下手だしつまらない?興味ない?すみません。)
他の内容は嘘ではまったくありません。ご安心を。

ではよい一日を!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久ぶりです、Aoiです。

私は冬学期が終わってから、訳があってイギリス10日間の旅を楽しんでから(いつか暇があればお話させて頂きます)、日本で春休みを満喫しておりました。


学校では春学期(こちらでは今年度最終学期)の1週目をちょうど終えたところです。いやあ、忙しい忙しい。


日本では税が8%になっている頃でしょうか?
3%から5%、そして8%と確実にあがっている消費税。
大きな買い物を3月までに済ませた方も多いと思います。
なんで上げるんだ、と思う方もいるかもしれません。

しかし、この数字、まだまだ他の先進国に比べ低い数値。
10%に引き上げたとしても、まだ平均ほどです。

今年はアベノミクス効果で、会社の利益が上がり、新卒の採用を増やす会社がほとんどだそうです。消費税の引き上げもその追い風を受けています。2020年のオリンピック開催に予算も必要になるでしょうから、勢いに乗って、日本の政治、経済力、そして国力が向上することを願います。


なんてまじめな話。

ここ、まだ雪が外に残っているNew Hampshire州では消費税がありません。レストランなどにご飯を食べに行く場合は税がかかりますが、スーパーで買い物をするだけでは税がかかりません。おどろき桃の木山椒の木! どこからお金を絞りとっているのでしょうか。




そういえば最近、こちらの4年制の色々な大学の生徒さんが記事を書いているブログをみつけました。大学での授業や、キャンパス風景など気になる方がいましたら、覗いてみることをおすすめします。(ブラウンの熊、さん達のブログはもうすでに有名ですが、一応載せておきます。)


参照:

米国大学生活のリアル: http://uscanj.net/blog/
ブラウンの熊たち: http://ameblo.jp/brownujapan/



では、みなさま、よい新生活のスタートを。



写真はWordでの今回のブログ記事の下書き。推敲で少し内容が違うのはお気づきになりましたか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま、こんにちは。
しばらくぶりになってしまいました。
Aoiです。


今週がっつり風邪っぴきです。
みなさまもお気をつけください。


ソチのオリンピックも終わりに近づいてきました。
浅田真央選手、本当にお疲れ様でした。
予想外のSP、そして日の丸を背負うというプレッシャーのなかの完璧なFP演技、王女の座に2回も輝いた浅田選手の本当の強さが見れた試合だったと思います。
こちらの友達も"真央の演技はすごかった!感動した!"といってくれて、日本人としてとても誇りに思いました。本当にありがとうございました。


さて、
遅くなってしまいましたがスポーツ話後半でございます。

Super Bowl。
スーパーボール。
壁に投げつけると返ってくるやつではありません。
アメリカでは国民全員がお茶の間に集うと言っても過言ではないくらいの人気があるAmerican Footballの試合です。年に一度、2月の頭に開催され、2014年の今年は2月3日にSeahawks(New York) vs. Brancos (New Jersey)が王座をかけて戦いました。
(興味のある方はこちらの日本語公式ページをどうぞ)
http://www.nfljapan.com/superbowl2014/


学校はこの日はLong Weekend中でしたが、Campus内に残った生徒達は大きいテレビのあるところでPizzaやらSodaやらを片手に観戦したようで、家に帰った生徒達は家族と一緒に観戦するのが通常の家庭では家族行事です。

一番の醍醐味はやはり試合ですが、前半と後半の間にあるハーフタイムショー、そして中継の合間に流れるCMもみどころです。

今年のハーフショーはブルーノ・マーズとレッド・ホット・チリペッパーズが共演し話題になっています。
http://www.youtube.com/watch?v=F2i0Bc3f7jk

約1億人が見ると言われているSuper Bowlの広告料は30秒で457万ドル(約4億6700万円)。どの会社も気合いを入れに入れてつくるCMは完成度が高く、YouTubeではその日にどのCMがよかったか、の投票も行われています。



アメリカには他にも国民から人気の高い、NBA (バスケットボール). MLB (野球)、NHL(アイスホッケー)などの試合があります。


少し話は変わりますが、なでしこJAPANの川澄選手がアメリカのシアトル・レインFCへ期限つきの移籍を決めたそうですね。

アメリカでは男子、そして女子とともにサッカーは集団でできる球技としてとても人気があります。しかし観戦するスポーツとしては、紹介した4つのスポーツがメジャーなようで、サッカー、とくに女子サッカーはあまり人気がない。という記事を目にしました。日本では次の日に会社があってもスポーツバーでテレビにかじりつく社会人の熱狂的ファンも多いサッカー。何故こちらでは人気がないのか。

その記事ではサッカーの人気がない理由として、点数が入りにくいことが挙げられていました。確かに、サッカーで3点以上ゴールが決まると、今日は結構点が入るなーという印象を受けます。一方でバスケットボール、野球、アイスホッケーは比較的点が入りやすく、最後の一発逆転がありうるスポーツです。

アメリカ人は点がガンガン入るexcitingな試合運びを好む、という記者の意見なわけです。


サッカーが好きな日本人と、バスケ、野球、ホッケーが好きなアメリカ人。チーム、点を入れる過程、そして一点一点を大事にする日本人選手。圧倒的な個人技を見せつけながら早い展開で観客を魅了するアメリカ人選手。

そんな国民性の違いを垣間見たような気がしました。


思いもよらず真面目に終わってしまいましたが、
これをとりあえずスポーツ編のくぎり、としたいと思います。
長文失礼しました。


本日の写真はこの前のWinter Formalでもらったバラ。
黄色でとてもかわいかったです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま、こんにちは。
少しごぶさたしておりました、Aoiです。

まず、日本人として。
羽生結弦選手金メダルおめでとうございます。
よっ! 日本金第一号!
ノルディック渡部暁斗選手(銀)、スノーボードハーフパイプの平野歩夢選手(銀)、平岡卓選手(銅)もおめでとうございます!
日本勢、好調な様でとても嬉しい限りです。
メダル獲得数としてはオーストリアに続く第13位。
1位は金7,銀2,銅1でドイツ、ちなみにアメリカは金4,銀3,銅6で現在4位、安定の上位キープです。

ここでアメリカのスポーツ小話。
以前も触れましたが、アメリカでは本当にスポーツが盛んです。日本とは違い、勉強との両立が求められ、有名大学受験の際は高校で学校のチームにスポーツに励みながらもいい成績をとって、初めてスタートラインに立つことができます。

しかし1年中同じスポーツに打ち込むわけではありません。
秋、冬、春と1学期ごとに変える必要があります。

St. Paul’s の場合
秋: Soccer, American Football, Field Hockey, Volley Ball, Cross Countryなど
冬: Ice Hockey, Squash, Nordic/ Alpine Ski, Basketball, Wrestlingなど
春: Tennis, Track& Field, Crew, Baseball, Lacrosseなど
こんな感じです。

冬は本当にAmericanなスポーツだらけで、1年目にスポーツを選ばなくてはいけなかったときにどれも経験が無いので大変な思いをしました。St. Paul’s がNew Hampshireという雪国地域に位置するということもあって、雪を漫喫するスポーツ、もしくは屋内でできるスポーツというラインナップです。


Cross Countryとは長距離走のことで、トラックではないところを走ります。(友達によれば陸上の長距離走との違いはrun in the woods=山道を走る、とのことです、経験者のAnnaさん、いかがでしょうか) 

Squashはずばりわかりやすく言ってしまえば室内テニスです。福山雅治さんが物理学者として出演している某ドラマでゴーグルをしながらやっていたスポーツと言えばわかる方がいらっしゃるでしょうか。テニスよりもコートは小さく、そして屋内でできるsquash。土地面積が少なく、梅雨がある日本では流行ってもいいようなスポーツですが、残念ながら競技人口は少ないと思われます。

Wrestling。そう。そのレスリングです。果たして高校でスポーツとしてやるものなのか、とても不思議です。男子スポーツとして盛んなようです。

Crew。クルーと読みます。イメージとしてはカヌーのような競技で、チームとしてレースをし、速さを競います。学校にある複数存在する湖で練習します。Club、というサークルのようなゆるいチームに入っても筋骨隆々になることで有名。


このように日本ではまったく聞かないスポーツもアメリカでは高校生が精力的に参加しています。

とまあ今日はここでまで。

しかしまだ書きたいことがありますので次回を後半とし、スポーツ小話の続編としたいと思います。

では。
Happy Valentines’ Day!

写真はChapelのバレンタインのかざり。イベント好きなアメリカン精神。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま、こんにちは。
Aoiです。
前回は長く真面目な話をしてしまったので、今回は短くいきたいと思います。


明日はMayも紹介していたFiske Cup(寮対抗の劇)です。
アメリカではFilmやTheaterの授業などが盛んで、Fiske Cupでは生徒達が自ら脚本を書き、照明/音響を担当し、さらに監督として劇を仕切ります。キャストに問題があった私達の寮ですが、調整し、今日はすべてのシーンの通しレリハーサルをしました。

劇は全体で30分。審査の先生方が寮ごとにきて、1週間ほどかけて参加した寮の劇をすべて見て、そして優勝の寮がChapelで発表されます。

毎年行われるこのFiske Cup。どの寮も完成度が高く、生徒も30分ほど前から寮に押し掛け、いい席をとろうと奮闘します。(もちろん審査の先生方には特等席が用意されています。)

私が感心するのは劇を0から作りだす生徒達の手腕です。人気の映画などをリメイクする場合も多いですが、その場合でも監督は2時間ほどの映画から話の筋の通るように30分に短縮しなければなりません。そして、彼らは衣装、小道具の配置、シーンの入れ替え、台詞、キャスト、音響/照明などをすべて考えなければならないのです。大変。絶対大変。高校の文化祭の劇のようでもありますが、それよりももっと制作する側の熱意が伝わるような気がします。


こちらの生徒は人の前で何かを発表する、ということに長けています。今回の劇もそう。人前でスピーチをするのもそう。自分の才能、自分の考え、自分の存在。彼らは自分を表現することがうまく、しかもそれを面白くやってのけます。人を引きつけ、退屈させず、そして尚かつ自分の伝えたいことを誰にでもわかりやすく伝えます。笑いのセンスも自分を主張する手段のひとつなのです。


日本人には人前で話をすることが苦手な人が多い気がします。人前で自分の意見を言うことが嫌な人もいますが、緊張して喋りづらくなる、という方も多いと思います。耳を傾けている人達を笑わせることは、相手をこちらのペースにのせられるだけではなく、自分が気持ちよく喋ることへの第一歩にもなります。


単一民族の日本人としては他とは違う意見を嫌う習慣がありますが、世界ではそうではありません。どんな場面でも自分を主張することが大切とされています。

話下手と言われる日本人はまず、人の前でも自分が気持ちよく喋ることを頭に置けば、他の意見を覆すことはできなくとも、自分たちの意見を伝えることができるのではないかなと思います。


あれれ。短くしようと思ったのにまた長いですね。
そしてまた真面目くさった話。
読んでくださったみなさま、ありがとうございました。
ではまた次の機会に。

写真はFiske Cupの衣装たち。マークを一枚一枚につける作業をしました。さて、何の映画のリメイクかおわかりになるでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。