St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。


テーマ:
千と千尋の神隠しを10年ぶりくらいに見た。
初めて見たときは幼かったので特に何も考えずに見た。印象に残っていたのは、カオナシがゲロゲロしちゃうことくらいかな。ひどく怯えていた。(ちなみに今でも映画・ドラマの嘔吐シーンが大の苦手。)

ということで見ました。
そしたら、こんなにメッセージ性のある映画だったとは!
何か…教訓的!教訓をこんなにバンバン全面に出している映画はチャーリーとチョコレート工場以来だ!

とはいえ、私は宮崎駿のインタビューとか評論家の話を聞いたりしてないので、
作者がどういう意図で千と千尋の神隠しを作ったのかは全然知りませんが、
私が思う、この映画の目的はこちら:

人間が誘惑と欲に負ける大変なことになる結果次世代の人間が修復しなきゃいけない、という不合理さ(Absurdity)を描くこと

簡単に説明すると
人間が誘惑と欲に負けるってのは、
千尋のお母さんとお父さんが、わけも分からないところに好奇心に惹かれて迷い込み、
そしてお腹がいっぱいになっても食べ続ける

大変なことになるってのは
お父さんお母さんが豚になる。

結果次世代の人間が修復しなきゃいけないってのは、
悪いのはお父さんとお母さんなのに、彼らを人間を戻す、そして千尋自身が生き残るためには、千尋っていう次世代の子が、苦労しなきゃいけない

てことね。

これって今もあることだと思うよ。例えば環境問題。

人間が誘惑と欲に負けるってのは、
もっともっと生活を豊かにしたい。テクノロジーを発達させよう!

大変なことになるってのは、
環境を気にせずどんどん工場を作りすぎた結果、川が汚染されたり、温暖化問題が発生したりする。

結果次世代の人間が修復しなきゃいけないってのは、
結局、ことの発端は先祖なのに、温暖化の被害を被り、状況の修復を担うのは、後の世代っていう。

で、これだけでも、私は千と千尋見て満足してたんですが、
そしたらなんとその数日後、学校のHumanitiesの授業でも、同じテーマが出てきたんすよ!
それが、宗教の授業で聖書を勉強していたとき!

聖書の初めに創世記があり、そのいっちばん始めの数ページは、
神様が光を作って、地球を作って、人間作って…って話です。
有名な「神様が、光あれ、とおっしゃいました」もこの部分に出てきます。


こちらが、聖書の初めの数ページ:

アダムとイブは神様によって作られました。とても幸せに暮らしていました。
ところが、誘惑に負けて、禁断の果実を食べてしまいました。
ここが、人間が誘惑と欲に負けるの部分。

いきなりアダムとイブは気づいてしまいました。私たちはなぜ裸なんだ!?と。今までそれが恥ずかしいと思ったことはなかったのに。気づいてしまうと、洋服は着なきゃいけないし、作らなきゃいけないし…何より、神様の掟を破ったんだから、アダムとイブ以降の世代は全員罪を持って生まれてきます。
ここが大変なことになるの部分

だから、それ以降は人間はもともと罪をもって生まれてくる。もともと聖なる存在からは遠い状態で生まれてくる。アダムとイブのように、神と近い存在にまで関係を修復するためには、個人の努力が必要。(悪いのは、先祖とアダムとイブなのにね。)
というのが、結果次世代の人間が修復しなきゃいけないの部分。


ということで、テーマが全くもって一緒で、びっくりしました。
あまりにぴったり!これってもしかして常識?気づいていなかったのは私だけ???

このテーマがこんなに世に溢れてるってことは、
人間の普遍的な部分だったりするのかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ポールの教え子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。