St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。


テーマ:
私は本を読むのは大好きですが、ここ最近読書に費やす時間は、かなり短い。
『読書好きのうちで、読書に費やした時間コンテスト』に出場したら、
ほぼ最下位になる自信があります。

理由は、忙しいから、とか、本を買うお金がもったいない、とかじゃないです。

ずばり、本を読むと、すぐに寝ちゃうからです。

なぜでしょうね?読んでる間に退屈してるわけでもなんでもないんだけどなー。
読み始めると、一段落も読まないうちにうとうとするのは普通のこと。
こんなペースなので、一冊読み終えるのに何年かかることやら。。。

だから、逆に、本を読んでて眠りに落ちないときは、一気に読んじゃう。
最近読んだのは、石田衣良の『リバース』。
飛行機の中で、ノンストップで一冊読み切った。

この本を読んで、私は本を読む新たな楽しみというか興味深さを知った。
それは、他人の人生を垣間見れるということ!
今まで、私は
読書の楽しみってのは、話の展開を追うわくわく感や、
主人公と共感するしんみり感(?)を味わうことだとしか思ってなかったんですが、
今回発見した新た読書の目的は、ずばり人間ウォッチング

例えば今回読んだ石田衣良の『リバース』には二人の主人公が登場しますが、
一人は、ファッション業界でバリバリ働く女性、
もう一人は、毎日つまらなそうに仕事をするコンピュータプログラマー。
こんな人たちに実際に会ったことがないから、この人たちの人生が知れるのは興味深し。

最近、自分の将来のことをものすごく考えます。
今までは、大学に入ることが私の一種の将来の夢でした。
でも大学入学ももう間近。
私の次の目標は未定です。
今は、どんな仕事を選ぶと、どんな人生になるのか、
仕事より家庭を優先するとどんな人生になるのか、
どんな場所で働くと、どんな人生になるのか、
とても興味があります。
が、実際には、そんな仕事と私生活のバランスなんて話を聞ける大人って身近になかなかいない。
そんなとき、本の中のいろいろな登場人物に出会ううちに、
少しずつ、いろんな人生が見えてくる。

もちろん、現実味のある小説を選ばないとダメだけどね。
著名な作家の場合、ちゃんと下調べなど徹底してるはずなので、そこは信用できると思う。


そういえば去年、卒業生がスピーチでこんなことを言っていた。
「私は古代エジプトや、
 中世ヨーロッパの舞踏会、
 アメリカ建国時の議会を経験したことがあります。
 …それは本を通してですが。
 本は私に、普通経験できないことを経験させてくれます。」

そのときはいみふでしたが、今は共感できます。

もっともっといろんな小説を読みたくなった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ポールの教え子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。