St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。


テーマ:
今さくらソングを2曲連続で聞いてます。

君はまたもう一度
あの頃に戻りたいのでしょうか


この歌詞が登場する曲が何なのか分かる人は、友達になりましょう。


先週金曜日から、空き時間がある度にジムに行って走ってます。
これは、Annaにしては、ものすごいことです。
今の寮になってからジムは死ぬほど遠いし(徒歩約5分)、
時間なんてないし(今学期は水曜と土日は基本何もない)、
運動なんてする意味が理解できない(運動不足すぎて最近階段を上るだけで息切れ)
ダイエットなんてする必要がないし(最近1週間で2.5キロ増えた)

…。

とまあ、ジムってのは、不思議なもので、
行く必要がない理由てのは∞に思いつくんです。

そんな中、私がジムに通っている。少なくとも4日くらい続いている。

奇跡だ!



まあいいや。今日言いたいのはそんなことじゃなくて。

今日寮生活ってこういうことか?みたいなことを考えた。

まず、今日ジムに行く時間を確保するために
中国語のテストを早めに切り上げた
のね。

セントポールズでは、テストで早く終わると、さっさと提出して
教室から出てっていいのね。
すると、余分に空き時間ができる、ってんで、
結構ラッキー!

でも、私は普段はよっぽどのことがない限り早めに出ることはしない。
時間いっぱい見直しをする。

ところが今日は、ジムに行くためだけに、
最大限の力を振り絞って
素早く問題を解き、
クラスで一番に解き終わって教室を出た。

教室からジムまで一人で歩いていたときのこと。
周りには誰もいない。ほんとだったら授業中の時間なので、ふらふら歩いている生徒に遭遇することもない。
誰もいない。
静か。

そんな道を一人で足早に歩いていて

私って何のために学校行ってるんだ?

と自問自答した。

中国語のテストよりジムに行くことが生活の主体になっている…

それって学生として、まずいんじゃないか?
何のためにわざわざアメリカにまで学校来てるんだ?



実はこの、
何のためにわざわざアメリカにまで学校来てるんだ?
アメリカに来ているからには、こうしなければいけない

みたいな制約を自分にかけることは普段からよくある。

でも今日は、
まっいっか!

と思った。

よく考えたら、
セントポールズってのは寮生活なんだから、

勉強や学校だけでなく、
普段の生活も全部ひっくるめてセントポールズ生活。

だから、セントポールズでは、学業以外のことだって、
やったっていいじゃん!


この開き直りが私にとっていいことなのかはよくわかりません。

まあ答えはそのうち出るでしょう。




そうだ、この前村上ラジオっていう村上春樹のエッセイを読んだ。
ゆるゆるした文章で、「開眼!!!」みたいな話は正直なかったんだけど、
でも読みやすくて、でも視点がちょっとおもしろくって。
私のブログもそういうのを目指したいなと思った。

読んでて一つ嬉しかったことがあって、

「~~だろうか、いや、そうではない(反語)」

で終わる一文がその村上春樹のエッセイにあって、
私もよく
「~~だろうか、赤い夕陽は(倒置)。」
みたいな感じで、文末に技法をかっこに書くのが好きなの。
だから、
ちょっと村上春樹とは気が合っちゃうかも?
って思っちゃったよね。


では。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ポールの教え子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。