St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。


テーマ:
インドのことを南アジアと呼ぶのって違和感感じますAnnaです。
インド人もアジア人なんだよね、アジアって広域だな

今Modern Indiaという授業を取ってるよーん
現代インド(※直訳)という、Humanities(歴史+国語)の授業だよーん
まだ始まったばかりだけど、
やっぱりインドおもしろいなー
あと現代史もおもしろいなー

なぜかわからないけど惹かれます。
ではAnnaが現代インドに興味をひかれる理由を徒然なく検証してみましょー

まずインドがおもしろい。
昔から歴史にインドが出てくると注目してた。
三角貿易、綿花…。自然に頭に入ってきた。

有色人種だから馴染みを感じるのか?
でも南アメリカとかアフリカの歴史はあまり興味ないですねー


あと、現代史も好き。
これはやっぱ現代の方が大昔より身近だからかな。
兵隊とか槍とかお城とかいっぱい出てきても
あんまり想像つかないじゃーん。

あと、ある歴史的出来事の結果、みたいなのが目に見えるのがおもしろいのかも。
むかーしの歴史だと、
この事件のあとに、この事件がありました、そのあとにこれが起こりました、
って全部過去形で、なんだか飽きてくる。
でも、現代史は、この事件の結果、今の情勢はこんな感じ。という風に
その結果が、現在進行形なのが
非常に興味深い。
そして、その後どうなるかは
未来のことだから誰にもわからない、
そっちのほうがおもしろい!


現代史が好きな理由書いてて思いついたけど、
インドのことは映画とか見たことあって
身近に感じられるから好きなのかも。
映画スラムドッグミリオネアとか
Waterとかを見たり、
去年授業で
God of Small Things
ていう小説を読んだりして、
何となくだけど、
こんな場所に住んで、こんな服着て
こんなもの食べて暮らしてるのかな~ていうのが想像がつく。
物価のことを習ったときは、
「ナン1枚が○○ルピーだったのかなぁ」とか想像した。(どうでもいいですね…)
ヨーロッパとかは全然想像つかないから、興味もわかない。

ただ、現代アメリカ史にもそんな魅力は感じないですねー
外国の中では、今住んでいるアメリカが一番身近なはずなんですが。
なぜでしょう??
たぶん、アメリカのことは、身近だと思えるほどまだあまり知らないんだと思う
アメリカには住んでるけど、アメリカのことを勉強したことがほとんどない。
日本で歴史習ってたときアメリカはほとんど登場しなかったし、
2年前セントポールで習ったときは英語がわかんなすぎて、
あまり学ばなかったな

だから、インドのことに比べて、アメリカ史の基礎知識が
全然ないんだと思う。
だから興味を持つほど知らないというか。。


読んだらクリック↓

アメリカ留学 ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ポールの教え子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。